上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルナのクラスメート、D(♀)。

お肉を食べないらしい。

こう聞いて私たち欧米在住の者なら真っ先に思うのが
「なんかの宗教入ってるのかしら?」
ってね。

なんのお肉かにもよるとは思うけど、ルナ曰くお肉が嫌いなのではなく、食べないんだって聞いたら、大概宗教だね、って思うよね。

ルナに「Dは何かの宗教に入ってるんじゃないの?」
「宗教って何?」
「Religionって言葉聞いたことある?」
「うーーーーーーん。あ!○○がその言葉をDに言ってた気がする」
「ふーーん、じゃぁおそらくDは信じている宗教があるからお肉も食べないんだね」

ってところから、話題は必然と宗教の話になったわけで。




「宗教ってなに?」




8歳の子に説明するには私のボキャブラリーでは不足すぎる。
「Christian(クリスチャン)とかJewish(ジューイッシュ)って聞いたことある?」
「分かんない」



ここからは私なりの超簡単な宗教の説明。


「えっとね、宗教ってのは。
宗教ごとに信じている神様ってのがいるんだけど、その神様の言うことに従って生きる、ということ。」

「ママの宗教は何?」
「ママはないね~~~。」

「私もないでいいや。だって神様はいないと思うもん!」

「どうしていないと思うの?」

「だって、神様はお願い事を聞いてくれるんでしょ?私のお願いごとは一回も聞いてくれたことがないもの」





・・・・・・・・・・・・。



ちょ、ちょ、ちょい待ちや!


この年齢の子供の言う神様へのお願い事って、しいては親が叶えてあげられる範囲のお願いごとであって、
神様にお願いをしている=親にお願い事をしている
ってことになる。

それを神様は私のお願いを聞いてくれたことがないだと~~~~~~!!!!!

聞いとるがな!


もちろん待った!を入れたわたし(スイッチが入ったとも言う)

あっけなく宗教話に幕は下り、神様へのお願い事というお子ちゃま向けの話題にシフトした。


「なんのお願いごとを聞いてくれなかったの?」

「ママに怒られませんように、ってお願いしたりとか~~
お外に遊びに行けますように、とか~~~
メイとコアが私の邪魔をしませんように、とか~~~~~」

内容はまだまだお子ちゃまなルナのお願いごとなんだけどさ、聞き逃さなかったこれらの項目。


「あのさ~~~、ママに怒られませんようにって言うけれど、怒られるのは何かの原因があるわけでしょ?
ないのにママは怒らない。それを、怒られる原因はそっちのけで、怒られませんようにってことだけ神様にお願いして、んなもん叶うと思う?」

おもわない



「外に遊びに行けますようにだとぉ。行ってるじゃん!公園行ってんじゃん!
神様ネタがないからって無理やり言わないでくれる?」

はい




「メイとコアが邪魔するだと?するの!あの二人は。今さら何言っちゃってんわけ?てかこれも神様ネタがないから無理くり言ったでしょ」


言った




結局ルナがお願いしていたことってのがあまりにも残念な内容であったため、逆に私の逆鱗(というか説教だね、今回は)に触れたというオチ。


宗教の話はそっちのけになってしまい、まぁそれで良かったかしらとも思うんだけど。

今度説明する時は神様は決してお願いごとだけを叶えてくれるんじゃないってところからの説明なのね。
ふぅぅぅぅ。
それまた難しいことで。





で、何が言いたかったかと言うと。


子供が問う
宗教って何?
の答えが異常に難しいということ。


自分が無宗教無関心ってことももちろんだけど、おそらくルナのクラスメートの方が詳しく、自身も入信している子だってかなりいると思う。
そういう子たちに子供ながらの説明として聞いた方が、結構ルナもすんなり頭に入るんでは?とも思ったりする。



宗教の勉強っていつ頃するんだろ?
ってかするのかしらん?


子供にもっとも分かりやすい説明。
知ってる人はわたしにも教えてほしいよ。。。







ブログランキング。ポチリとね★
br_decobanner_20110616131434.gif



子育てスタイルに参加中♪



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/976-c01370b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。