上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.03 ウスウス



          Delthon park

                       先週は 木曜日・金曜日と公園へ





お教室のない木曜日。
調子よく午前中にすべての家事が終わったので(なんと夕飯の準備まで8割完了!)
それじゃぁ、公園に行きましょ!ということになった。



気持ちの良い 昼下がり。ここら辺ではイチバン気に入っているDELTHON PARKへ。

            
              2





                   
                           コア、公園デビュー

          3

人もまばらで、風も気持ちよく吹き、公園デビューのコアにとってはかなりヨシ!



          1





             4
                休憩にはせんべいをバリボリと。どこまでも日本人(笑)

             5



時間も1時前。
「お腹減ったー」と騒ぎ出したルナとメイ。

それならばと、いつものPLAY PLACEがあるマックへ。
HAPPY MEALを頬張りつつ、目の前のジムで遊ぶルナ・メイ。

   mac
                日本にはあるの?こんなプレイジムがあるマックって?



途中まではかなり調子よかったのだ。

公園ではコアは始終ご機嫌。
普段は起きていれば抱っこをしてあげない限り泣き続ける、いわゆる“抱っこちゃん”のコア。
それが風に吹かれながら、まるで風とたわむれるかのように、外の空気と触れ合っていたコア。


マックに着いた頃は、ぐっすりとお休み中。
それがメイの一言でガラッと一変。

メイがいきなり「トイレに行きたい~」と言い出したのだ。





・・・・・・・・・ってか、オマエまだオムツじゃーーーん!



・・・・・・・・・ってか、“トイレ”って言いたいだけじゃーーーーん!




面倒くさっ・・・・・・


何度説き伏せても納得しないメイ。
勝手にトイレに行きだそうとするメイをなんとか待たせ、ルナ・コアも連れてゾロゾロとトイレに向かう。
(まさかカーシートに入ったコア、そしてジムで遊ぶルナを置いて、はたまた荷物を置いてメイと二人でトイレに向かえるわけもなく・・・)

トイレに着くそうそう泣き出したコア。そして当のメイはもちろんトイレですることもなく。
メイのオムツを替えながら号泣するコアをなだめつつ、
「もっとポテトが食べたい~~」などと言うルナを一喝!


てんやわんやのトイレ劇であった。



やはり面倒くさかった・・・・・





たかだか数分のトイレではあったが、ワタシはすでにヘトヘト。
「もう帰ろ」と言ったのは言うまでもなかった。



3人の子供を連れる、というのはこういうことなんだぁ・・・・・と改めて実感。


3人の子供を連れてのトイレ。←出かける際にイチバン大変なことの一つにあげられる。

キレイなトイレだったら、はたまたデパートの中にあるようなファミリールームのようなトイレがあるならばまだしも、そんなトイレだけとは限らない。
今回は大丈夫だったが、公園内のトイレなどは惨憺(さんたん)たるものだ。

きったないトイレに新生児を入れることにも抵抗。
その上オムツ替えにも前のようにchanging tableでしたがらなくなったメイ。
地べたに紙をめっちゃ敷き、靴を脱がせその上にメイを乗せ、パンツオムツを履かせる。
立ったままなので拭くのも一苦労。これがウンチだった日には、大変そのものである。


ゾロゾロ・・・・と4人一斉に一つのトイレに入り、出てくる。
その光景が毎回のように繰り広げられるかと思うと、ワタシたちだけで出かけることにもさぶいぼが走る。


まぁそんな愚痴ってても始まらないのは承知のうえなのだが。




さて、翌日金曜日。
お教室が終了後、みんなで公園に。



ここの公園。実はワタシたちには初めての公園だった。


丘の上にあるから、眺望は最高の最高。

                4
                             y、画像のっけっちゃったーーーー 





   7
                       奥に見えるのが海だよ~~~





                     
この日、下界(笑)はかなり風も強く、肌寒い感もあったのだが、ここはなぜか風もなくとても気持ち良い。
お金持ちエリアにある公園だからだろうか?遊具の全てのクオリティーも高いなぁと思ってしまう。


           ryan park

     2

           3




ここで充分コドモタチ、はたまたワタシたち大人も楽しんだ。

             5


そして思う。
もしこの場でルナなりメイなりが「トイレーー」と言おうが、何かがあろうが、その場でコアを見ていなければいけないワタシではあるが、他に誰かがいれば、その子に頼むなり出来るというもの。

実際先日の公園でも危険なことにチャレンジしようとするメイにハラハラのワタシ。
だがコアを置いてメイだけに付っきりも出来ず。

結局メイにはその遊具で遊ぶことをなんとかやめさせ、目の前で遊んでくれるように頼んでみたり。だがそんなワタシの願いをすんなり受け入れるわけもない2歳児。


         koah1

スリングにコアを入れて、という案もあるが、スリングに入れると確かにワタシもメイなりルナなり共にいることは可能。
だが、もしもの時にメイを抱っこすることも出来なくなってしまう。
抱っこヒモはまだコアの首が座らないのでい使用不可能。
スリングなり抱っこ紐をしてしまうと、その他の行動にかなりの制限がでてきてしまう、という難点がある。

         koah2
                           大丈夫か!?直射日光



出来れば外にいる時はカーシートの中、ストローラーの中、というのがベストなのだが、メイとは違い外出の際にそんなに寝ないコア。なかなかどうして、大変なのである。


 8
                         カイト(凧)で遊ぶコドモタチ




4人で外出する、ということを極力避けていたのだ。
大変だよなぁというのはウスウス感じていたので。

だが、そんなこともいっていられないし、なんとか打開策を、と思ってはいてもこればっかりは慣れなくては仕方がない。
出かけたくないからといってずっと家に居ては息が詰まるし、それだけでストレスが溜まってしまう。


  9


まぁね、結局何事も「慣れ」だよね。
まだまだ3ムスメのこの状況に馴染んでいない母なのである。



それにしてもこの公園、まじで気持ちよかったぁ。


            6




ブログランキング。ポチリとね★


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/89-1bd34a3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。