上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルナの補習校。

7月の1学期をもって、辞めることにした。

苦渋の決断?


うーーーーーん、そんなこともなかったかな。

辞める!って決めたその日からの私の気持ちのなんと晴れやかだったことか。

理由はいろいろあるんだけど、一番の理由は、この勉強じゃ日本語を学ぶにあたって意味がない(上達の目途が立たない)って思ってしまったため。

永住組の私たち家族にとって、文科省選定の教科書ってのに縛られる必要もまったくないかなって。



8時40分から3時半という、一日の大半を(しかも土曜日という貴重なお休みの日に!)この日本語の補習校に行かせていたが、ある日の授業参観で、あまりの授業の内容のお粗末さを目の当たりにしてしまってから、こんな授業を一日中させられている子供達を非常に不憫に思っちゃったんだよねぇ。
そして、このままじゃぁルナの日本語上達度はたかだかしれてるよね、って思っちゃったんだぁ。






日本語をしゃべり続けること、学び続けること、覚え続けること。

海外永住組の私たち家族が、日本語の習得を我が子に課す場合、私たち親が日本人だからという理由だけで、子供たちが今後も日本語をキープすることが簡単なことだとは、一切思っていない。

いずれは子供が日本語<英語となってしまう日が来てしまうと思っている。


例えそうなったとしても、継続して日本語を学び続けることを我が子たちが不満に思わないためにも、きちんとした授業をしてもらえる所に子供達をお任せしたいと思ったのだ。



お世話になっている算数の塾に併設して国語の授業がある。

そちらの先生にご相談させていただいたところ、私が求める国語=日本語というのを先生も非常に理解していただき、この方にお任せしようと思った。



日本語を勉強するにあたり私が求めるもの。


まず読解力。作文力。そして漢字力。

この3本柱をとにかくきちんとやってもらいたい。


週末の補習校がなくなる代わりに、平日のアフタースクールが、今以上に忙しくなることは避けられない。
それでも、こちらにお任せすれば、週に2回日本語の授業をやってもらえる。

週1回<週2回 の方がいいのはもちろんのことだろう。


一クラス3人までという少人数クラスというのも魅力的だ。


というわけで、1学期をもってルナの補習校人生も幕を閉じた。

1年と3か月通った補習校。

別になーーんの未練があるわけでもなく笑、ともかく辞めるその日までルナ、よくやった!
ホント、よくやったね!


そして、おわったーーーーーーーーーーーー!!!!!!


1学期最後の日、お迎えに行った帰りの車中で、ルナと二人おもいっきりでっかいガッツポーズをしたよ。

今回の辞めるという決断は100%私の決断であったものの、当のルナも
「うん、いいよ」
あっさりOKをくれた。

ルナはルナで、金曜日まで思いっきり頑張って学校に行って、たくさん遊んで、塾にも行って、やーーーっと土曜日。


になっても、まだ勉強・・・・・というのが、やはり苦痛と感じていたから。

眠いよぉぉぉぉぉんって泣きがはいったことも数知れず。




平日にまた塾が増え大変にはなってしまうものの、それでも週休二日になるというのは嬉しくてしょうがない。
(とはいえ、土曜日は朝からメイとコアのバレエがあるし、補習校がなくなった分土曜日午前中に空手も行けるので、実質全休みというわけではないのだけれど)



2日後から現地の学校が始まる。

ついにメイはキンダー生。
ルナは2年生だ。

コアも週2日のお教室を週3日に増やし、また新たな1年の始まりとなる。

今までのスケジュールがいっせいに変わるので、頭の切り替え(子供たちのマネージャーとして、このスケジュール管理というのがなによりも大事なのだ)がもっとも必要となる。

ってことで。。。。。。



これから1年間、また一緒に頑張っていこうね~~~~~~!







ブログランキング。ポチリとね★
br_decobanner_20110616131434.gif



子育てスタイルに参加中♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/863-c43a8c91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。