上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.08 ご報告です。


昨日の記事で書いた通り、本日「Stand Up For Japan」さんのところへ、計83着の新生児服を届けにあがりました。



そしてね。

私にはもう一つ大事な大事な使命がありまして。


今回の私たちの一大プロジェクトでもある、
MILK FOR JAPAN  **アメリカから液体ミルクを被災地のママさんに届けよう**」というプロジェクト。

この計画に、「Stand Up For Japan」さんの協力をいただけないか、との交渉をしに伺ったのです。





………と、そのお話をする前に。

皆様が署名をしてくれた、あの署名がどうなったかって話、きちんとしていなかったよね。

5000名の署名が集まった時点で、パンパカパ~~~~~~~ンって私の脳内クラッカーが鳴り響き、気づけば8500名の署名が一気に集まった。
私はといえば、「ありがとう」「ありがとう」「みーーーーーんな、ありがとう」
って一人感動しているところで記事は終わっていたよね。
(今あの時の記事を読み返すとちびっと恥ずかしいくらい私興奮してたもんね。)



その後の展開を気にしていた方も多いことでしょう。


やきもきされていた方ももちろん多かったことでしょう。
変な詐欺に引っかかった?的な問い合わせも実際にはあったそうです。

署名しろ、しろと言うだけ言って、してもらったら、あとはポイッではあまりにもな話。



発足人の方。
昨日(だったかしら?)mixi内のコミュニティ、そしてFace Book内のコミュニティ、そして今回のプロジェクトでもある「MILK FOR JAPAN」の公式ブログ、「世界のミルクを日本へ☆USA発☆」で、署名後の経緯をつづっておられました。






早い話がダメでした。
交渉は失敗しました。
というもの。




みんながどう思っていたかは分からないんだけど、発足人の方は、あくまで「無償」で液体ミルクを「いただく」という姿勢で、8500人の署名をもって、メーカー側に訴えていたのね。
(まぁ、私もそう思っていたんだけど。ってか、全然「無償」でくれる、って思ってた。
今思えば私もずいぶんお気楽で笑 なーーーんも考えていなかったってところかな。)




当のメーカーさん、実は今回の震災に関して、すでに300万ドルの義援金を送ってくれていたの。
そんで、そのあとの話なのよ、今回の嘆願って。

だから断ったということも理由の一つにある?

んまぁ、あとの理由はさ、今思えばいろいろと見つかるかしらね。
(そもそも無償なんて無理だろ!って思った人も多いでしょう。
あとは、その後の輸送ルート、輸送費、もろもろのプランがまったく練られていなかった、だからメーカーにもうまい交渉ができなかった、的なね)


でっかい企業相手に交渉するのだから、それ相応のいろんな意味での力は必要だよね。



でね。
これらの内容が、発足人の方自らの口で発せられたのが、昨日。

でもね、ちょーーーーっとだけ実情ってのを知っていた私からすると、もっと前の段階で実は無理なんじゃぁないの?ていうのは分かっていたの。

お前らしゃべんのおせ~~~~よ!ってのが本音。


署名してくれた8500人の方一人一人にお前のメッセージをきちんと届けろや!ってのが本音です。
(ってか、お前ら、このままばっくれようとしてただろ?って気にもなったしね)





メッセージの中身もさ、私たちはこれだけ頑張りました~~~~って自分の主張だけで、まったくこっちに対しての誠意ってのが伝わらなかった。





その後、本気で立ち上がってくれたのが、mixiのコミュを立ち上げてくれた管理人の方なの。
彼女はさ、mixi、 Face Book、 Twitter、これら3つのSNSを使いわけながら、今回の活動に関しては裏方として働いてくれていたのね。
(ほらっ、表舞台は発足人の方がいたからさっ)

その後、公式ブログまで立ち上げてくれた。

「世界のミルクを日本へ☆USA発☆」




メーカー一本に照準を絞って8500人の署名を片手に動いていた発足人。
いや、それじゃぁ駄目だよ、ほかのプランも考えておかないと、と奮闘していたのがその方。


署名後、発足人の人たちが何をしているかってことがこちら側(一般ピーポーである私たち)に全くもって見えなくなってしまった数日間ってのが存在するんだけど、か~~な~~り、その方宛てへのクレームはあったみたい。どうなってんだ?ってね。

そのクレーム処理にお友達と二人で奮闘していたその方。

発足人たちは、さっさと自らが作ったFace Bookのグループ発言を閉じちゃったからね!笑 
つわものって言えば、つわものだよ。
(ってか、どこかの政治家みたい、やってることが!フンッ)





そして結果はNo。メーカー側はNoの答えを出した。




………。

これが、署名後の一部始終の大まかな顛末。





ダラダラ書いてないで、じゃぁ今はどうなってんだよ!って気にもなってきた方が多くなってきた?


今はね、mixiの管理人をしている方が先導して、動いています。進んでいます。
そして私もその方に賛同して、共に動いています。






それが、冒頭にあった「Stand Up For Japan」さんのもとへ伺った、って話に戻るんだけど。





本当はね、今日はこの「Stand Up For Japan」さんとのお話の内容を公開しようと思っていたの。超ルンルン♫な気持ちでね。


でもね、いざ書こうと思ったとき、ふとよぎった。


そういえばさっ、あの署名の後の言葉って、あの発足人の方のあんな言葉でおしまい?って。
自分の中ですごい疑問が残った。

8500人だよ、8500人。
たった3日で8500人もの人の心を動かしたんだよ。
あの時、確かに8500人の人間が「いっせ~~の、せ!」って言って手をつないだんだよ。




それを、あの言葉だけで終わらすの?
いいの?いいの?
って、頭の中が堂々巡り……


私はさ、Twitter上でこのプロジェクトの話を聞き、結構早い段階で署名もして、ブログにも書いていったのね。

発足人とか、関係者ではもちろんないんだけど、自分も頑張って広めたよ!!!!的な自負があるせいか、(実際私のブログから署名してくださった方もたくさんいたし)私も少なからずやそのいったんは担っていたって(余計な笑)気持ちもあったから、申し訳ありませんでした、みなさんの希望にそう結果にはなりませんでした、っていう真摯な気持ちが微塵も感じられなかったあの文章に納得がいかなかったんだと思う。






実際、さっきふとつぶやいたら、「えっ?そうだったの?署名は失敗だったの?」ってツブヤキをごろごろもらっちゃったりして、あ~~~~~ぁ、やっぱ知らなかったんだね、って気にも大いになって。




ってことで、今日の記事は急遽変更しまして、署名の後の話をさせてもらいました。


えっと、本当ならばあの署名の際に、私のブログのリンクを貼ってくれた方や、お友達から紹介されて私のブログに来てくれた方や、もちろんコメントをくれた方や、すべての人のブログに今回のいきさつをきちんと説明しに伺いたいのですが、ごめんなさい。今は時間がどうしてもありません。



なので、今日のこのブログを見てくれた方は、
ご自身のブログ等で、以下の文をペーストしていただければ、幸いです。



今回、みなさまにご尽力していただいた署名活動の件ですが、結果は私たちの希望に添う答えではありませんでした。本当に申し訳ありません。

ただ、みなさまの気持ちが、8500人一人一人の気持ちが、一瞬でも一つになったこと、手と手をつないで大きな輪になったあの瞬間があったことを私たちは決して忘れてはいません。
そしてその瞬間があったからこそ、次なるステップへと歩ませてくれたことも事実です。

現在私たちは次なるステップへと歩みを進めております。

そして、その歩みはかなりいい方向へと進んでおります。

私たちの希望が現実になる日もそう遠くはないと思っております。

今後、皆様方には再び協力をお願いする時が来るかもしれません。
その際には、またきちんとお話をさせていただきたいと思っていますので、どうかよろしくお願いします。

「MILK FOR JAPAN」代表 愛・ネスタ―




稚拙な文章ではありますが、↑この文章をまんまペーストしてご自身のブログに貼ってはいただけないでしょうか?

あっ、私のブログをリンクしてくれてももちろん構わないんだけど、ほらっ、私のブログってとにかく文章が長いでしょ?飽きちゃう人も出てくるかなって思うんだよね、核心に着くまでに。

もちろん、みなさま次第なんだけどね。(そんなこと私が言うことでもないんだけど…)



とにかくね、きちんとみんなには理解してもらいたいの。
今回のこの署名活動の結果がどうなったかってことを。

それが今の私の最大の願いなんです。

みんな、もう一度協力して!!!!




どうか、よろしくお願いします。





公式ブログもよろしくねん♪

「世界のミルクを日本へ☆USA発☆」
 




ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/810-7a41254e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。