上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカで妊娠、出産をなさった人ならご存知かと思うが。


こちらには、水の必要ない、液体ミルク、というのが売られている。
確か赤ちゃんミルク大手の会社。
EnfamilとかSimilacとかから。



1週間くらい前だったかしら。
フィンランドにお住いのある方が液体ミルクを大量に日本に配送した、というツブヤキを見かけた。
そのツブヤキを見た時ね。
「フーーーーーーーン。フィンランドには液体ミルクっちゅうのが売られているんだぁ。こんな便利なものアメリカにはないのかしらね?」
なぁんて、まったくの他人事、自分とは関係ないかのごとく、そんなことを思っていた私だった。


そして本日。
ある方から、とあるウェブサイトがあるので、協力をしてほしいとのツブヤキをいただいた。


その、とあるウェブサイトに飛んでみると。


Petition for Formula Companies to Donate to Japan's Babies

のタイトルが。


大本のサイト名は、care2 というウェブサイトだ。

正直、何がなんやら分からんサイトだったので、いったんは無視。
(出先&携帯からの閲覧だったので、なおのこと無視)

帰宅後、そのある方が送ってくれたもう一つのサイト。
これはFace Bookのアドレス。

ここにアクセスしてみると、
このcare2というウェブに
Petition for Formula Companies to Donate to Japan's Babies
というタイトルで文章を載せた方が作られたグループがあることが分かる。

じっくり読んでいく。


なんとなく納得しだす。
まず何が分からなかったかって、Petitionという言葉の正しい意味。
(使わんもん~~~~、そんな言葉)


調べると、

請願,嘆願,陳情

とあった。





要するに。

このcare2というウェブサイトは、嘆願サイトって言えばいいかしら?
企業、団体に向けて我々一般ピーポーの嘆願を募り、目標人数に達するとその内容が企業、団体に向けて要請されるというモノ。

一人の力は小さいけれど、一人一人が手を結んでいけば、大きな力になり、皆の願い、希望、想いの丈をぶつければやってやれないことはなし!って感じでしょうか。(稚拙な表現、スイマソ)

ともあれ、ここまで自分が意味を納得したのであれば、あとの行動は署名するのみ。


(いやさ、詳しい説明がなかったもんだから、そりゃぁ私だって怪しんだのよ、最初はね。
サインした瞬間にあ~なって、とか こ~なってとか、新手の詐欺には遭いたくないもの私だって。)

勝手にお金を請求されるようなこともないみたいだし、私の中では安心した上で署名させてもらった。



と、ここで。

私もさ、気が付かないもんかね。
アメリカで子供3人産んでおいて。
この液体ミルクがアメリカでは普通に売られている、ということが。

完全完母で3人を育てた私だが、それでも出産直後は、「もしも母乳が出なかった」時のことを考えて、
缶ミルクと、この水なしミルクは買っておいたんだよね。
まぁ、結局のところどちらも10mlもあげてはいないかも?
そして期限内に友達に上げてしまったわけだが。



ス………ッカリ、液体ミルクの存在を忘れておりました。




話を戻しますね。

目標人数は5000人となっています。
ターゲットは、Similacという会社。

えっと、まずはね。
http://www.thepetitionsite.com/2/Feed-hungry-Japanese-Babies/

↑こちらのウェブサイトに飛びます。

すると、↓こんな画面が。

Petition for formula to babies in japan



このブログを書いている時点で、437人の署名がされていることが、左下のSignatureってところから分かるでしょ?

本当はこの画面の右側に氏名・E-mail アドレス・住所・そしてコメントを書く欄があり、そこに記入してからSign Nowを押す。
(私はすでに署名をしてしまったので、上記のような欄はもう出ないの。それを示す右上の表記があるでしょ?
「ASAMI, You signed on March 28, 2011.」っていう表記が)


クリックをすると、確認画面がでて、もう一度クリック。

ハイ、完了!

というわけだ。



このSimilacという会社から出ている液体ミルク。
使い捨ての乳首が付いていて、一回きりの使用で、衛生面にも非常に長けている、(と記憶しております)

イヤイヤ、記憶しているだけじゃぁダメだよね。
きちんと画像を見せないと。

ってことで、お借りしました、本元のサイトから


Similac-advance-nipple-ready-bottles.jpg

小さくって見ずらいだろうけど、
「Nipple-ready-bottle」って書いてあるでしょ?
使い捨ての乳首がもともとくっついてますよぉぉぉ、って意味。

こんな感じの液体ミルクでつ。






このブログを見た方で、賛同される方がいらっしゃるならば、ぜひぜひこのウェブサイトに飛んでほしいと思います。
あっ、特に米国在住が条件とかではないの。日本在住の方ももちろん。世界中から署名ができます。

賛同されるならば、という前提のもとで、どうかお願いいたします。



人数を見ていただいてお分かりかと思うが、まだまだ目標人数には達していないから。
目指せ5000人、ってことで。

一日でも早く、アメリカからのこの液体ミルクが被災地のベビちゃんの元へ運ばれる日を楽しみにするのであります。

そうだ、そうだ、書くの忘れそうになったよ。
冒頭で書いたフィンランドから送られた液体ミルクがね、本日届いたとのツブヤキを発見したの。
石巻市に届けられたらしい。
ちょうどトラックからそのミルクを下ろすところの写真を見たので、興奮もひとしおだった。
(って、私なんもしていないけれど…)


この写真を見たことが、私が今回の署名に賛同しようと思ったきっかけだったかもしれない。
(ちょうど、何々、Petitionってのは?なぁんて調べていたときだったんだよね)

日本にいない私たちでも、今回の震災で苦しんでいる方のために(しかも未来を担うベビちゃんのため!)出来ることがあるって分かったことも、署名をしよう!!!のモチベーションにつながったよね。



Milk for Japan's Babies

↑ こちら。
今回の発起人さんが作られたFace Book内のグループ(って言えばいいのかしら?)


そのほかに↓
被災地の赤ちゃんに液体ミルクを贈るプロジェクトに協力しよう!
こちらの方は、さきほど載せた画面の英語の部分が分からんわぁぁぁって人の為に、詳しくどうしたらいいのかを教えてくれています。



アメリカの液体ミルクを日本へ!!
こちらの方も、今回の署名に賛同なされた方だね。

Please sign!!
お友達のcandyちゃんも賛同してくれて、しかも早々にブログにまで載せてくれました。
あんがとぉぉぉぉぉ♫


最後にもう一度、リンクを残しておきますね。
http://www.thepetitionsite.com/2/Feed-hungry-Japanese-Babies/
こちらでの署名をお願いいたします。



ブログをお持ちの方で、賛同なされる方は、どうかどうかこの流れが広まることを願って、ぜひぜひご自身のブログにこの一連の流れを書いてみてください。

ともかくたくさんの方の目に留まるように、ブログでもツブヤキでも、ミクシでも、FBでも、なんでもいいです。



みなさんの一人一人の気持ちが、被災地でお腹をすかせている赤ちゃんの為になるのであれば…


今はその想いだけで、胸がいっぱいです。

グビグビ・グビグビミルクを飲んでいる姿を想像するだけで……

胸がキュンとなるのです。






ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/803-a1de5c90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。