上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに。




本当に、



ついに。




IMG_6862[1]





一歩を踏み出せました。


え~~~~~っと、昨日から私、あるところのコースを取ることになりまして。

Aromatherapy Advisor coarse (アロマテラピーアドバイザコース)
っちゅうやつなんだけどね。


毎週月曜日、10時から2時までの4時間。
計6回の授業 プラス テストの計7回のコース。





このクラスを取りたいなぁと思い始めて、実現するまでちょうど1年かかったなぁ。


1年前に「いいかも、これ」って思ったときは、コアがまだ2歳前の1歳代であった。
たしかおっぱいが終わった直後あたりだったかなぁ。




「やりたい!」って思ったことがすぐに出来るほど、もはや身軽ではないので、そこからはずっと足踏み状態であった。
(ってか単純に考えて、3人子供がいて、パパもいなくって、そんな状況でできる?ってとこからの足踏み状態)


何が一番のネックかって、とにかく曜日と時間が当時の私にはまったくもって合わなかったのだ。
プラス、当時はまだ「やりたい!」気持ちはあったものの、あくまで気持ち止まりで、そこまでの現実感もなかったんだよね。



そんな状況から約1年後の年明け。




行こうとしているクラスの情報を調べてみると、おりょりょ?
今までとは違う曜日でクラスを開講するというではないの!

この曜日なら・………





行ける!

行けるよ、私!!






とはいってもね。
悩むところはあった。



ルナはいい。
10時から2時といったらちょうど学校に行っている時間。
なんの問題もない。

じゃぁ、メイは?コアは?
メイは通常8時半から12時までプリスクールに通っている。
プリに行かせてしまっては、迎えに行けない。
ダメだ。
その日は学校には行かせられない。



ウーーーーーーーン。

ウーーーーーーーーーーーン。



よしっ!




メイは毎週月曜日だけプリスクールを休ませ、コアと共にデイケアで預かってもらおう!


メイも一人だけでは心細く、コアも一人だけでは寂しい思いをするかもしれない。
だが、二人一緒ならば、慣れない場所でもなんとかなるだろう、姉妹力を合わせることもできるだろう、との希望も持ちつつ……





これならいける!
ウン、私行けるよ!

意気揚々と、申し込みを済ませる。



申し込み手続きの書類には、クラス初日に持ってきてくださいとの宿題の提示も求められていた。


このコース、アロマテラピーアドバイザーコースを取った後の『夢』について。





あっ、ちなみにアロマについての私の予備知識。
ほとんどゼロ。
本だけは去年の帰国の際、数冊買ってきたかなってくらい。
その本から得た知識といったら、ディフューザーを焚いてみたり、掃除の際に殺菌作用のあると言われている精油を使っている、というくらい。



そんな私がこのコースを取り、取った暁後の夢。

考えてもいなかったが、考えれば考えるほど、頭の中が膨らんでくる。
夢でいっぱいになる。

無謀とも思えるほどの構想があふれんばかりにあふれてくる。


無我夢中で書いたレポートも、あっという間に書き終わった。
ウン!自分的には完璧な仕上がりだ。





そして当日。コース初日。



デイケアにメイとコアをおろし、(コアがねぇぇぇ、泣いたんだよねぇぇぇ)
急いでクラスのある場所へと向かう。


クラスメート8人。

円卓に各々が座り、先生の講義を聞く。
先生の言葉を一語一句漏らさないようにメモをとる。



4時間は、あっという間に終わった。



とにかく手の動きを止めることなく、先生の言う内容を頭に詰め込んでいく。
それだけの作業を延々としていた気がする。



授業が終わった後の爽快感ったら!


「あ~~~~~~~ぁ。」
って腕を上に伸ばした時の気持ちよさったら!
(この気持ち、分かってくれたらホントうれしいかも)




授業の内容はね、ものすごく楽しかった。
全くの無知な所からはじまったわけなんだけど、だからこそ、予備知識も何もないからこそ、頭の中がスポンジのように先生の話を全部吸収してくれる。
すべてが丸ごと入っていく感じ。


 

何年振りだろう。
こうやって机に向かって先生の話に耳を傾けノートを取る、という勉強をしたのって。

約15年ぶりってところかぁぁぁ。
(そう考えるとすごいなぁ。 ハハハ)

あの時は嫌いな授業を鼻くそホジホジしながら聞いていたり!
今度どこにデート行こうかなぁ!!!
とか まぁ、そんな不埒な学生生活しか送っていなかったわけだけれど。
(とはいっても、大学の頃の勉強って今思い返してもクソつまらなかった記憶しかないからなぁ)




30歳すぎて、子供ももうけた後の自分が、まさか再び勉強を始めるとは思ってもみなかったけれど、一歩踏み出すことができて、そんな状況にとっても感謝!






本当なら、もう少し後に、という選択肢もあったんだ。
今年の9月に入ればメイが現地校のKindergartener(幼稚園生)になる。
そうなれば、再び時間の調整をしなくてはならないけれど、コアの予定だけを考えればいいだけで、おそらくそちらの方がいいのではないか、という考え。

プラス。
実際この時期、3月から5月という時期は実は1年の中でも一、二を争うほど忙しい時期であるのだ。

特に4月。
4月はメイ、コア、パパと、家族の3人が誕生日という。
(プラス…… 忘れてないよ、あなたのことは❤)

しかも今年はメイとパパの合同誕生会、一回。
そしてコアの誕生会、一回と、メイとコアの誕生会は別々に行おうと思っているので、それはそれでなかなか大変であろうとの予想。


そして5月にはピアノの発表会。(ルナと私の)
毎年5月に開かれる発表会は、きちんとしたステージの上で弾くので、かなりの準備をしなくては、決して上がることはできない。
練習をしなくてはいけないのだ。
(しかも今回は自分の曲 プラス 先生との連弾という大役も引き受けてしまったために……←しかもかなり難しかったり。アハッ)

そんな中、自分の勉強をいったいきちんとできる時間が取れるかという、不安。

そんな不安がないわけではもちろんなかった。



…………。



でもね。

「今」
行きたかったの。
どうしても、この「今」という時期に。

子供たちに迷惑をかけるかもしれないね。
自分がアップアップしちゃうかもしれない。

今後のことなんかどうなるかは全く予想できないけれど、どうしても「今」行きたかった。



思い立ったが吉日。
って言葉もあったっけ?


後悔はないね。


1日目のコースを終えた今、胸を張ってそう言える。


悩んで悩んで、本当に悩んだけれど、「今」行ってみてよかったよ。


楽しかったもの。
勉強の内容はもちろんだけど、日常の喧騒を一切遮断し、先生の声と、テキストとノートにだけ集中している、というこの状況がたまらなく新鮮で。


今回踏み出した一歩が、クラスを終わった時には、また一歩。
少ない歩幅であろうとも、一歩一歩前進することを願って。
いや、前進できるように頑張るのだ。


頑張るのだ!!!




IMG_6863[1]



+++
クラスを終え、子供たちのお迎えにひた走り!そしてまた習い事の場所までの送り迎え…
何一つ変わらぬ生活に戻ったのだけれど。
だけれど。。。

一つだけ違ったこと。
それは、クラスで嗅いだ何十種類のエッセンシャルオイル(精油)の香りがいまだ私自身の体を包んでいたため、自分の周りにはいつまでたってもアロマのとーーーってもいい香りが充満していたのだ。


ウーーーーーーーーーン、シアワセ❤







ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/796-1b6dbef1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。