上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月12日の2件目のリサイタル。


ようやくupします。



IMG_5838[1]





メイのバレエリサイタル。

4時開演。
演者は2時半楽屋に集合。


12時前にピアノのリサイタル終了

1時前にうどん屋さんで昼ご飯を頂き、

そのまま家には帰らず会場へ。


会場に隣接しているパーキングにて、メイのメイクを施すこととなった。



すでに一度このメイクはしているので、“やっこさんメイク”(まるで“鬼奴”ばりのメイクだから)もお手のもの。
前回の教訓から、とにかく派手にこれでもかっ!!!!ってくらいの濃いメイクをしないと、観客からは分かりずらいということ。


それを念頭に置きつつ、メイク、メイク、メイク……


髪の毛もきれいにお団子を作ってあげ、ハイ完成!






IMG_5848.jpg









メイのバレエリサイタル。

感慨深いものがある。


もともとメイにバレエを習わせた理由。
彼女自身がやりたい!という気持ちがあったのはもちろんだけれど、それに加え足のリハビリ、という要素が私の中では大きかった。


去年の11月に2階の窓から転落したメイ。
命にも、頭にも、脳にも、どこにも異常がなかったのだが、唯一、足と首へのダメージが残った。
両ひざ(特に右ひざ)の靭帯損傷と、首のむち打ち。


12月から毎週通ったカイロも、今では2か月、3か月に一回の施術でよくなったわけだが、ここまでくるのは決して簡単な道のりではなかった。

原因不明の足の痛みに、どうしていいかわからなかった私。
Pasadenaという場所に有名な小児カイロ医がいると教えてくれたお友達。
藁をもすがる気持ちで足を運び、イタイイタイと泣くメイを羽交い締めにしながらの施術。


子供の怪我は治りが早いと言われているが、それでもメイの場合時間がかかっているケースだと言われた。


ちょっとよくなったと思うと、気温が下がり、また後退。
ひざの怪我に気温の差、気候の移り変わりが大きく関わるとはよく言ったものだが、メイの場合もしかりであった。

雨が降ると痛いといい、多少長時間歩くと痛いと言う。
実質年齢4歳にして、おばあちゃん並みのメイの体 苦笑


痛いと言って夜中に起きたこと、20回以上。
そのたびに、関節炎に効くと言われている“Motrin(モトリン)…Ibuprofen(イブプロフェン)配合の薬)”を飲ませ、湿布を張り、再び寝かせる。


良くなっているのかどうなのか分からない4か月間あたりを過ごしたあたりで、ようやくうれしい兆しも見え始める。

その頃ちょうど友達から聞いたバレエの話。


カイロの先生に問うと、「いいと思います」とのお返事。


習い始めたのが5月のことだ。






それから7か月。

毎週土曜日の9時半から10時。
ルナの補習校をドロップオフしてから、メイのバレエに向かう土曜日。


まぁまぁ、4歳児のバレエなんてね・・・・・

お遊戯に毛の生えたものだと思うけどさっ。


それでも先生の指示に頑張ってついていこうとするメイの姿。
バレエ用語なんてものは、一切わからないけれど、それでも先生が言う
「アラベスク~~」「シャッセ~~~~」「パッセ~~~~」なんかを次第に覚えていったメイ。






メイは3人姉妹の中でも一番おとなしい子。
ルナ・コアとは違い、決して オキャン な方では決してない。
オキャン…死後らしいんだけど、かわいい言葉だから使っちゃる!)
場所見知りも、人見知りもするし、人前に立つことなんて考えられません!!!!って感じ。

私の友達にも、メイの声を聴いたのが、実に3歳すぎとか4歳になってから!とかびっくりエピソードもある程に、彼女はまったくもっておとなしい(と言われている。)
本当は3人の中で一番頑固で、気が強くって、めんどくさいってことは私、パパ、まいくん、そして数人の仲の良い友達しか知りえない事実。





そんなメイが舞台の上でバレエを発表する。

去年、2階から落ちて何事もなかった奇跡の子、メイが。
生まれてきた時から鎖骨が折れてでてきたメイが。
何もない所で必ずこけるメイが。

………。
この位でやめておこうね。





感動しないわけはなかった。


登場してから、メイの一挙手一投足に釘付け。
あふれ出てくる涙が、うざくてうざくて。
何度拭っても出てくるもんだから。
あ~~~~~~~~、メイが見れない!!!!!怒
涙、ひっこめ!!!!怒



直前まで練習していた「アラベスク」も、とっても上手にできたね。

初めてのリハーサルの時、通常の場所と違って、巨大鏡に巨大練習場にびっくりしてしまい、顔が思いっきりひきつってしまったメイ。
舞台に上がるときは、スマイルだよ、メイ。
スマイルでアラベスク~~~~するんだよ!!!
何度も何度も言った。


緊張する気持ちも大いに分かる。
いくらお友達と一緒の舞台に立つといったところで、4歳であがる舞台にしては、たしかに大きく、緊張もたくさんしたことだろう。




1時間半のステージで、メイたちが出た時間。
実に10分ないくらい?

登場回数2回。


素晴らしく感動したよ。
かわいい~~~~~という気持ちももちろんあったけど、それよりも何よりも、「あの」メイがこんな大きな舞台に立てるようになるとは。


大きく感動した。



初めてきちんと鑑賞したNutcrackerもよかった!!!

こんな機会、バレエを鑑賞する機会を得られた、ということも、メイがバレエを習っていたからこそのこと。

数時間前のルナと自分の発表会の余韻はトンと消え、今はメイの舞台、そしてお姉ちゃんたちの素晴らしい踊りに感動、感激した1日であった。


** 文章だけガガーーーーッと書いていたら、どこに画像を挟めればいいのかわからなくなってしまったので、ここから下に一気に画像を載せますね。



IMG_5812[1]
先生からの紹介


IMG_5813[1]
お姉ちゃんバレリーナたち


IMG_5815[1]
のっけから、メイたちのLittle Ballerinaの出番



IMG_5817[1]
ちょーーーーっと分かりづらいけどねっ


次の出番。




IMG_5820[1]
おねえちゃんとペアになって踊るの



IMG_5827[1]
クルクル~~~もお手のもの!



IMG_5829[1]
ハイ!アラベスク~~~~




IMG_5830[1]
逆の アラベスク~~~~


今までの中で一番のアラベスクを見せてくれたよ。
とっても大きくて、きれいなアラベスク。

IMG_5835[1]
第一幕終了
全員集合でアラベスク~~~~



IMG_5841[1]
礼!




第一幕終了→Intermission(小休憩)があるので、ここでメイたちを引き取ることになっていた。
(第二幕にはメイたちはでないから)



控室にメイを迎えに行くと……


なんと。。。。。。



IMG_5843[1]
鼻血を出していた・・・・・
顔の周りに「血」らしきモノがついているの分かる?



エーーーーーーッ?
どうしたのーーーーーーー?

いつ、どこで鼻血を出したのか聞いたのだが、的を得ておらず、全然分からない。
誰か、そこら辺にいた大人に聞こうとも思ったが、みんな他人の言葉に耳を傾けられるほど落ち着いてはいられない状況。
あと20分やそこらで第二幕の幕が開くのだから、それはそうだ。

メイの様子を見ても、全然ケロッとしているので、単に興奮して鼻血が出たのだろうとの判断を。
(彼女、本当によく鼻血を出す子で、彼女も鼻血を出したらどうしたらいいかを心得ているから、そんなに心配することもなかったみたい)


とにもかくにも、


お疲れーーーーーーーーー!!!!!
ハグーーーーーーーーーーーッ!!!!!!


ありったけの賞賛の言葉をメイにかけてあげた。



第二幕が始まり、感動のままフィナーレ。
素晴らしいパフォーマンスに、ありがとう!!!の一言。




IMG_5851[1]

遊びに来てくれたメイの大親友ちゃんと





これをもって、12月12日に行われた二つのリサイタルも、無事に終了。
2010年で一番忙しく大変だった日も、これにて。

それにしても。


さすがに同日に二つのリサイタルは、二度と勘弁かな。
体力だけは自信のある私でも、さすがにつらかった。


そして。


この日からコアが体調を崩し、それから残りの子供、私まで体調を崩すという、さんざんな冬休みに突入。



明後日のクリスマス、女4人元気に迎えられるのかしら????
(パパは・・・・・・・・?寂しいクリスマスだね)





ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/755-57b4793c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。