上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.20 町内夏祭り

日本滞在記、続きます。
だいぶ前のお話。



7月24日(土)パパ金沢到着後3日目のことである。


この日は実家の町内夏祭りの日だった。


パパの幼馴染が町内の副会長を務め、そして子供会の副会長までパパの後輩がしている、ということで、私たちももちろんのこと参加。

夕方5時から始まる夏祭り。

実家の真裏にある町民会館が会場だ。


超、超ローカルな夏祭り。

規模こそ小さいけれど、イヤイヤ、かなり楽しめたお祭りだった。




IMG_1951[1]









IMG_1927[1]
まだまだ始まったばかりの会場風景



IMG_1912[1]

逆光、まぶすぃぃぃぃ




IMG_1917[1]

何 撮ってんの??? って言ってる風






IMG_1921[1]

ルナの顔、ひどい 笑





混む前に夕飯確保!とばかりに、パパとおかあさんがご飯を買いに走り、私は飲み物担当。(ってか、ビール♪)


焼きそば
カキ氷
焼き鳥
ウィンナー
豚汁
子供用ジュース
大人用ビール

などなど。

そういえば、アルコールフリーなビールも売っていたね。
えっ?私?
アルコールが入っていないビールなど、話のネタになろうとも、一切の興味なし!
ということで、普通にASAHIをいただいていました。


ステージ上で催し物が始まる。

何?何?


IMG_1932[1]

バルーンアート♪


富山県からわざわざいらした、何チャラという団体さん(名前忘れた!ゴメンナサイ) が数々の多彩なバルーンアートを披露してくれた。

バルーンアート、といえば、ウチのパパ!!!!
メイとコアのB-Partyには、それこそ前夜がんばって30個以上のバルーンアートを作ってくれたよねぇぇぇ。


でも、この方が作るバルーンアートはレベルが違う。

(お見せしたかったのだが、撮り忘れ 涙  ア~~~~残念)


プーちゃんやら、バナナの木に登るサルやら、数個のバルーンでたくさんの品を作ってくれていた。



IMG_1936[1]

「何を作っているでしょうか?」
「ハイ、ハイ、ハイ」
と手を伸ばすルナ・メイ
正解した子にはその品をもらえるのだ。
・・・・・・・・・もらえなかったけどねぇぇぇ。




最後は、子供たち一人一人がポンプを借り、各自で作ってみることに。


IMG_1950[1]

何を作っているでしょうか?



IMG_1946[1]

ハート 
トップ画像のコアの持っているやつね。



その後は町内のクラブ活動のバンド演奏などで盛り上がり。


気づけば夜のとばりが降りる中


IMG_1988[1]

たいこの演舞



先にも書いたが、ここの町内はパパが育った場所であり、幼馴染やら顔なじみがゴロゴロいる場所である。

「おぉぉぉ、帰ってきたかぁ」
と どこぞのオヤジに声をかけられたり、
「奥さんは日本人け?」
と 余計なことを言うオヤジがいたり。←要は全部声をかけてくるのはオヤジなのだ 苦笑

と思えば
「○○先輩じゃないですかぁぁぁ」
などといきなり声をかけられ、でも全然その人が誰かが分からないパパがあたふたしている光景があったり。


パパの後輩で、子供会の副会長さんからは、特別に町民でなければもらえないゲーム券やらご飯券などをもらい、子供たちはゲームで遊んだり。

「食べてって!」と豚汁を無料でいただいたり。


私なんか完璧アウェイであるにもかかわらず、地元の方たちに見事染まり!楽しむ夏祭り。



最後は婦人会の方たちの盆踊りを見て。。。。。。。



お開き~~~が9時だった。



9時ってことは、この方なんかは


IMG_2009[1]

もちろん眠い!



とっても、とっても楽しかったよ。


かってる、あっちゃん、Yクン、アキちゃん、誘ってくれて、本当にありがとう。

こんな素敵な場所で育ったパパはとても幸せものだと思う。
パパはもう人生の半分以上をアメリカで暮らしているにもかかわらず、帰ってくればこうやってみんなに良くしてもらって、みんな普通に受け入れてくれる。

地域の密着度もかなり強い。

とてもとても温かい町。

天変地異がこない限り、日本に戻るってことはないけれど、もしも、ほんとーーーーにもしも帰るってなったら、お世話になろうね 笑




IMG_2017[1]





金沢市、本当にいいところです。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/697-7350ecbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。