上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ムスメ達、お母さんに買ってもらったお揃いの洋服を着て、どこに向かうのでしょうか・・・・・・?





IMG_1124[1]






A:公園~~~~~♬ฺ



IMG_1138_edited-1[1]





ルナ、日本でのPlay date。 (Play date(プレイデート)=放課後お友達と遊ぶこと、こういいます)


これね結構前の写真で、7月2日(金)の時のもの。
実に体験入学4日目のこと。
4日目にして放課後Play dateが出来るとは、すごい!!!
イヤイヤ、実は体験入学2日目にして初めてPlay dateをしていたので、↑は2回目のPlay dateの時の写真なのよ。




IMG_1149[1]




アメリカにいようが、日本にいようが、子供が行く所、親のワタシもどこにでも付いていくというのは自然なわけで。




IMG_1153[1]




そっかぁ、日本の子供って勝手に遊びに行ったりしてもいいんだよねぇぇぇ、なんてことを思ってみたり。


まぁ、ルナの場合(というかワタシも)ここら辺の土地勘がまるでないので、ルナを1人で出かけさせることも出来ないし、ワタシだけだって危うかったり.......


ともかく、アメリカにいる時と同じように、子供のPlay dateに付いていくワタシなのだった。



さて。

日本の子供達ってば、一体どんな遊びをするんだろ~~~~、なんてことも気になるところ。

でもね。ここら辺の子供ってば、ワタシの頃と変わらないような遊びをしてくれる。だからとってもウレシイ。


その日集まった子供達。
男子2人。女子3人(プラス メイとコア)

はじめはみーーーーんなで「鬼ごっこ」とか「氷オニ」なんかで遊んでいたり。


でも気づくと、男子と女子が別れちゃったり。←小学生って感じなんだよね、こういうところ。


男子は何をしているかというと・・・・・・・


IMG_1193[1]

とんぼ!!!!





IMG_1194[1]

チョウチョ ハンターのメイは、ガンミ

 






一方の女子は・・・・・・

ヒソヒソ話をしているかと思ったら・・・・・・・・・・


IMG_1172[1]
 




!!!!!!!!



すんごい所に上っていた。




IMG_1182[1]





もう少し引きで。


IMG_1183[1]




どういう理由でか、公園の隅に、謎のプレハブ小屋が立っているのだ。
そして裏には廃タイヤが山積みにされている。
まるで、登ってくださいと言っているかのごとく。


もちろんここで遊ぶ子供達は毎度のこと登っているのであろう。

この日もルナを誘って登った女の子は、いともカンタンにこのプレハブに登っていった。

(しっかし、この↑の写真だけを見ただけでは、決してここが公園だとは思わないよね)



ワタシに怒られるかも???と初めは友達を下から見上げるだけだったが、やっぱり登りたいルナ。
ワタシがメイとコアの所に行っている間、恐る恐る一つ一つタイヤを登っていき、とうとう頂上に到達してしまっていた。


登っちゃったらさ、怒れないよぉぉぉ。



そりゃぁ、「気をつけなさい」程度のことは言うけど、ワタシだってこのプレハブを見て、ちょこっとワクワクしちゃったもんね。
あの上から見る公園はどんな感じ?とか
どの位向こうまで見える????とか。
(ハイ、正直ワタシが登りたかったくらいです。)



彼女達がこの上で何をしていたのかは定かではない (ってか、たいしたことはしてないとは思うけど) が、アメリカではこんなことも絶対に経験できないこと。
(こんな不明な建物が公園にドドーーーンと建っているコトなんて、皆無だよね 苦笑)


登るときより、降りるときのほうが格段と怖いわけで、見ているこっちもハラハラでしたわ。






もしも子供達だけで遊んでいて何かあったらどうすんだろう????なんて疑問がずーーーーっとつきまとっていた、公園Play date。


ワタシの子供の頃だって、彼らのように子供の遊びに親が付き添うなんてコトはありえなかったし、もしも友達が怪我して~~~なんてことになっても、誰かが一番近い子の家に行き、そこの親に連絡して、なんてことを普通にやってきたわけなんだけどね。


自分がいざ親になり、しかもまったく違う土地で、その土地ならではの法律のもとに子育てなんかをしていると、この日本でのルールに正直びっくりすることはあったりするのだ。

「かぎっ子」なんかも普通だもんね。
みぃんなランドセルのわきっちょにブラーーーンと鍵をぶら下げていたよ。

ありえん!ありえん!



ルナと遊ぶ子達はさ、ルナがこの土地が不慣れだから、親であるワタシがどこに行くにも付いていくというのは承知の上だからいいけれど、それでもたまに学校に迎えに行く道中ですれ違う小学生には、「何しとるん?」って聞かれる。
そりゃぁネ、7月も終わるっちゅう頃に親が子供を迎えに行く、なんて光景は日本ではありえないもんね。




Play date一つとってみても、私自身が日本でどういう幼少時代を送っていたかなんてすっかり忘れていたことなんかもあり、色々と考えさせられることもあるが、ここは、何がいいとか悪い、とかではなく、郷に入ったら、ナントヤラ ではないが、素直にこの状況を受け入れ、単純に楽しもうかなと思っている。


日本の小学校に短期間だけど入ることが出来、そして友達とこうして放課後遊ぶコトが出来るのだ。
そばで見る私も、ルナと共に楽しみたい。ウンそれだけだ。




IMG_1118[1]







IMG_1116[1]


実家に咲いているお花。(名前はなんと言う????)

一つ一つの花はものすごく小さく、その小さな花が寄せ集まり、それでも決して大きくはない一つの花を形成している。
ものすごく小さいくせに、なんだろう。弱々しい印象を一切もたないのだ。
しっかり花をつけ、色も形もとても凛としている。

名前も分からないくせに、この花、とっても好き。




あれれっ?

最後に何を書きたいかが分からなくなってきた。
(最後に花の写真なんて入れるから 苦笑←だって、〆に合った写真がなかったんだも~~ん)


みんな、楽しんでますゥゥゥってことが分かっていただければ、それで十分♬ฺ




ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/693-84e20ee1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。