上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.07 願いよ 届け



 IMG_1297[1]
本日、七夕さま。
皆さんは 何を お願いしましたか?






IMG_1305[1]




IMG_1298[1] 
@ ホテル日航金沢










IMG_1316[1]
まずは ワタシ から


まっ、いたって普通なお願いゴト。 

でもこの 普通が 一番の シアワセ なんです





IMG_1317[1]
ルナ

おばあちゃま=ワタシのママ

何かおねだりしたいんだよぉぉぉぉ、きっと。






IMG_1309[1]
メイ

「おりまめこさま」

なんて書いたのかも どういう意味かも 
もはや メイには そんなことは 無意味 なのです

「おりまめこさま」
そう書きたかったのです、ハイ。





IMG_1308[1]
コア


・・・・・・・・・・・・・。


よく書けました。





IMG_1321[1]
おばあちゃん (代筆 ルナ)

“かぜく”→“かぞく”
このくらいはご愛嬌ってことで。

決して“かぜくか”みんなげんきに なりませんように...





IMG_1322[1]
メイ

「おじいちゃんの顔」


おじいちゃん、めっちゃ喜んでいると思う。







これらの短冊を書いた場所。

6日から7日にかけて泊まりに行った“かんぽの宿 白山尾口”というホテルで。
ここで7日まで行われていた「蛍を見に行こう」ツアーに参加するため、平日にもかかわらず、子供達を休ませ向かったのだ。


蛍、見れたよぉぉぉぉ。

夜8時過ぎ、ボランティアの人がホテルに迎えに来て、バスで15分走った所で、蛍が見れるということだった。


もちろんカメラも用意し、写真に収める気満々だったんだけど・・・



驚いた。


真っ暗すぎて。


あまりにも闇すぎて、すぐ前を歩く人の背中を見るのがやっとのこと。
街灯もなし。
懐中電灯もなし。

一体ここがどこなのか。
川岸なのか。(蛍がいるというくらいだから、川が近くにあるんだよねぇと予想をしていた)
はたまた、山の中なのか。
ボランティアの方の説明がまったく聞き取れず、なんの情報もないまま挑んだ蛍鑑賞。

どこをどう歩いているかも分からず、左にコア、右にメイの手をギュッと握りしめ、おそるおそる歩いていく。


ほどなくして、誰かの声が。

えっ?どこどこ?????

いた~~~~!!!!!!



あっちでピカーーーー
こっちでピカーーーー

光を点し、ゆっくり飛ぶ蛍の姿。

ゆっくり飛んでいるかと思いきや、急降下をするモノもいたり。

とにかく、その数がすごい。

キラッキラ の ピッカピカ
同じ場所をずっと照らしているわけではないので、チカッチカ あたり一面点滅しているのだ。


もののけ姫に出てくる“こだま”を思い出した。
豊かな森に宿る樹木の精“こだま”
アシタカに好意を持つ“こだま”は、アシタカが森に入ると、カラカラカラ--と音を出しながら現れては消える。

その様子が、目の前をチカチカする蛍とかぶったんだよねぇぇぇ。


3ムスメも もちろんきちんと見ることが出来た。

8時半の蛍鑑賞は、正直メイとコアには時間的にかなり厳しく(半ば寝ぼけまなこでの参加)
足元もおぼつかないものだったのだが、それでも目の前をピカーーー、ピカーーーと光る蛍にきちんと感動してくれていた。


今回見た蛍は「源氏ボタル」
日本では「蛍」といったらこの「源氏ボタル」を指すらしい。
(ちなみに英名「Japanese firefly」 Fireflyって言うんだねぇぇぇ。ヘェェェ)


メスに出会うためお尻の光を点しながら飛ぶオスの蛍。
幻想的な光景とはうって変わって現実的なその行動理由。
子供達に説明するのはもう少し先のことになりそうだ・・・・・・。



と、まぁ写真はまったく撮れなかったので、どんな感じだったのかは、想像もできないかもだけど、初めて見る生の蛍。幻想的で、うっとりした光景だったよ、ということだけはお伝えしよう...




蛍の点す光のように、子供達の願い、私の願い、そしてオカアサンの願いもピカピカと光り輝き、お星様まで届くといいね。




ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/687-4609e80b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。