上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMG_1093[1]

ワタシのブログにお花の写真、珍しいねぇぇ。
オカアサンが育てている「時計草」
初めて見た「時計草」 花弁の部分が時計の針に似ていることから、こう呼ばれているんだって。
英名「Passion Flower」





さて。先日ルナの体験入学初日の話をしたので、本日は、メイとコアの初登園の話を。

どうなっただろうね?





IMG_1071[1]
 


保育園に行くために用意した、バック。帽子。制服が上:白、下:紺 ということで、そんな感じの洋服。
(コアは制服ナシ)



登園初日(木曜日)そして翌日(金曜日)は、午前中で帰る、という慣らし保育。
8時半に送っていって、11時にはお迎え。


諸々の買い物を前日までにしていた時などは、メイは保育園に行くことをものすごく喜んでいた。

コアもメイにつられ、よくは分かってはいないのだが、楽しんでいる様子。


ウンウン、これならきっと大丈夫だね!

IMG_1088[1]コアのバッグ。from ダイソー(630円)



IMG_1078[1]
帽子も1000円台、靴もしかり。バーゲン様様



IMG_1072[1]
コアの首もとにくっついている布。
あれって、首もとの日焼け防止のために帽子にくっ付いているんだって。
ほとんどの幼児用の帽子にはあの布が付いているらしく、ヘェェェ ワタシ関心しきり。




子供の足でも5分で着くくらい本当に近い保育園。
あっという間に到着。



IMG_1082[1]
きちんとコアの下駄箱も用意されていた
このスニーカー、1000円台とは思えないほどしっかりしているし、何よりワタシのだーーーーい好きな色。
ホント可愛い♥




まずはメイの部屋から。


IMG_1086[1]
ひまわり組



初めてのことでワタシも勝手が分からないので、先生に聞きながら、メイの持ち物をロッカーの中にしまう。
長居は無用。
コアのクラスにも行かねば、だったので、メイとは早々にバイバイ。

とりあえずきちんと手は振ってくれた。

多分、大丈夫だとは思うんだけど・・・




コアのクラスは“つくし組”
こちらは1歳からの子供がいるクラス。
ということは、コアはこの中ではかなり大きい方の部類。
確かに、もっともっとバブバブしている子が目立つ。

コアの時も、さっさとロッカーに荷物を入れ、先生にご挨拶をし、早々とバイバイ。

コアも元気に手を振ってくれた。


ホーーーーーッ。

意外にも二人ともあっさりバイバイをしてくれたので、気が抜けた。

結構大丈夫なもんだね。
メイは幼稚園経験者だし、コアもメイと同じ建物内にいるだけで、安心もするのだろう。


ヨシヨシ。




10時半の頃だろうか。
外から子供達の声が聞こえてきた。

なんだか聞いたことのある声も・・・・・・・?


急いで玄関先から覗いてみると。


IMG_1087[1]
メイーーーーーーーー


お散歩通路が実家の前なんだね。

ちょうどお姉ちゃんが遊びに来ていて、その車を見たメイが先生に話しかけている声が聞こえた。
「おばあちゃんのおウチ!」なんて言っていたのだろう。



11時。
お迎えだ。

まずはコア。

「あれからずーーーーーーーーーっと、泣いてました」

エーーーーーーーッ!!!!

先生からの意外なお言葉。

バイバイをした時は、彼女自身イマイチ分かっていなかったのであろう、と先生。
数分後、事態を飲み込んだコアは、そこから大泣き。
ホント、ずーーーーーーーーーーーーーーっと泣いていたらしい。



初めてなので、泣くのは当たり前ですよ、と先生に言われ、そうですよね、と小声で返す私。

お迎えに行ったときのコア。私の顔を見るなり、顔がクシャッと崩れ、すぐさま駆け寄ってきて
「抱っこぉぉぉ」

そっかぁそっかぁ、やっぱり泣いちゃったんだね。
異常なくらいに甘えるコアを抱っこしつつ、メイの部屋に。(コアは普段抱っこはもちろん、手さえ繋いではくれない子だから、自分から抱っこを要求するのって本当に珍しいこと)


メイの先生からも同じ言葉をいただく。

「バイバイの後、泣いていましたよ。」
 
ショボーーーーーーーーーン。


出されたスナックもほとんど手をつけず、最後のお散歩のときだけ少し元気になって歩いたらしい。




明らかに泣きすぎで疲れた様子のメイとコア。



初日は惨敗だったね。






2日目。そして本日3日目を終えたが、やはりまだまだ泣いている。


とりあえず元気に「イッテキマーーーーーース」はする。
元気に保育園の道のりは歩く。

保育園が見える最後の曲がり角を曲がると様子が一変するコア。

「やだ~~~~~(泣)」
私にすがってくる。

メイも私の手をこれでもかっ!ってくらい握ってくる。


バイバイの時のコアは、初めての日だけ「バイバイ」をしてくれたものの、2日目、3日目は、半ば先生に引きずられるように私から離される始末だ。
ギャンギャン泣いている声が聞こえる。

胸が痛い。


メイは2日目はギュッと唇をかみ締め、仕方なく私とバイバイをしていた。
3日目はコアがギャンギャン泣いている姿を見て、自分も感情が動いてしまったらしく、目にたくさんの涙を浮かべていた。

2日目に撮った朝の写真。



IMG_1084[1]


IMG_1083[1]



見て、このなんとも不安そうな様子でたたずむメイの姿。

メイ子ーーーーーーーーーーー(泣)


こんな姿を見ちゃうと、一体私は何をしているんだろう?という気になってくる。


1ヶ月だよね、たかだか1ヶ月。
いつかは慣れる、とは言ったものの、こんな悲しい顔をさせてまで、保育園に行かせる意味はあるのか、と自問自答。


イヤね、LAで通っていた日系幼稚園でも何度かメイは泣いたことがあるのね。
でも、その時は私とバイバイした後は、いつものメイだったらしいし、ちょっとのタイミングの違いで、メイは私と離れたくないーーーーってなっちゃうらしいの。
それで、その日は自分でも「今日、メイちゃん泣いちゃった」ってルナに言うくらいで、次の日からは全然OKだし、何よりその幼稚園が楽しいことは百も承知だったから、ちょこっとくらい泣こうが全然気にも留めてはいなかった。



でもさ。日本に遊びに来て、ようやくおばあちゃんの家にも慣れ、楽しい楽しいと思っていた矢先、知らない保育園にぶち込まれ、知らない先生、知らない友達に囲まれ、メイとコアのストレスったら計り知れないのではないかという気にもなる。

もちろん今後、ここにずーーーーーーっとお世話になるなら今は我慢してもらうよ。
いつかは泣かなくなるとは思うし、幼稚園・保育園って所は絶対的に楽しい所だと思うから。

でもねぇぇぇ。
結局LAには戻るわけだし、何も今ストレスを感じるような体験を敢えてさせる必要もないのかなぁとも思うんだよねぇ。


だって、今なんか、「保育園」って言葉を聞いただけで、コアなんか震えたように泣き叫び、メイはスイッチが入ったかのごとく涙がジワワーーーーンと出てくる。

「○○を作ったよぉぉぉ」とか言う時は、楽しいって気持ちも分かるんだけど、それでも不安は隠せないらしい。



悩むなぁぁぁ。


別に保育園は辞めさせて、一緒にいればいいだけの話なんだけど、なにぶん私1人の独断で決められないのが辛いところかしら。


みなさんにはこの日の為にお世話になったしねぇぇぇ。


でもメイとコアの楽しい顔が見れないのは、もっと辛い。


とりあえず、今週いっぱいで結論を出そうかと思うております。


なんだか分かんないけど、「ごめんなさい」と言いたい気分。





ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/686-70fcb3db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。