上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.03 Academic Chess


また一つ、楽しみが増えたルナ。




IMG_0724[1]




今度は「チェス」だって。







3週間ほど前に↓のプリントがルナのファイルに入っていた。


IMG_0621[1]


ふぅぅぅぅん、チェスねぇ。

すぐさまゴミ箱行きになったこのプリント。

曜日が合わない。
この時間はルナの算数塾ともろかぶり。

でもルナが興味があることは知っていたので、ルナには内緒でポイッとな。





そんなこともすっかり忘れていたある日のこと。

ルナがその日学校であった出来事を興奮気味に私に話す。

「今日ね、チェストゥメーーーーーーン が来てねぇ、ブラブラブラ………」



なんじゃぁ?その“チェストゥメーーーーーーン”っちゅうのは?

頭がハテナマークでいっぱいの私にはお構いナシに矢継ぎ早に話すルナ。



ちょちょちょ、待ってよぉぉぉぉ。
話の腰を折ると、ママ知らないのぉぉぉ?と言いたげなルナが、きっぱり言った。


「だーかーらーっ、チェスを教えてくれる人が来たの!」

はよ 言え!!!!

ってか、それは“チェストゥメーーーーーーン”ではなく、
チェスメーーーーーーン”でしょ?
Chess Men"って言いたかったんだよね。


トゥが余計じゃ!トゥが!!!!


あっそ、そうなんだぁ。
それでね、ブラブラブラ……
(こういう、人の話をまったく聞かないところ、自分の言いたいことしか言わないところ、近親者に数名いるのだけれど...苦笑)


要はね。
クラスに“Chess Men”ならぬ、“チェスおじさん”っちゅう人がやってきて、みんなにチェスのほんの障りを教えてくれたんだって。
なんでも、歌付きで、振りつきで。

またこの“チェスおじさん”がとっても愉快な人らしく。

ルナはこの“チェスおじさん”の虜になったんだそうだ。


最後に、ルナが
「そういえば、プリントがあるから、おウチの人に見てもらって、だって」
と言う。

そして見せてくれたプリントは、以前私が容赦なくポイッしたプリントと同じ物だった。

さすがに今度ばかりは捨てるわけもいかず、ルナに説明をする。

「木曜日、学校が終わってからの1時間に、そのおじさんがチェスを教えてくれるらしいよぉぉぉ」

「ワタシ、行きたい~~~~~~~!!!!!!」


イヤね、でもこの時間は算数があるでしょ?無理だよぉぉぉ。

エ~~~~~ッ!!!!!!行きたい~~~~~~~!!!!!!!

一点張りのルナ。



期間は6週間。学校が終わる6月22日(この日だけは火曜日)まで。


重い腰を上げて、算数塾の先生に電話。

かくかくしかじか……

それなら、この期間だけ水曜日の3時から、ということにしますか。
先生からの提案に「よろしくお願いします!!!!!」






………と、いうわけで。

ルナは期間限定で、この“Acadenmic Chess”というアフタースクールプログラムに参加することとなった。





プリントにはこんな言葉も。

IMG_0622[1]


まぁぁぁ、良いことばっかり書いてあるじゃぁございませんこと。




**********


待ちに待ったチェスクラブの初日。

ってかさ、チェスなんてやりたい!っていう子供って、他にいるのぉぉぉ?
結構ルナだけだったりするんじゃないのぉぉぉ?

そんなことが頭をよぎりつつも、学校にお迎え。

すんごーーーーーーーーーーい、居た!


ルナのクラスの子、3分の1くらいいるし!
特に、日本人の参加率、めっちゃ多い!

ワタシだけでなく、どのママもこの参加率にはびっくりしていたみたい。

隣のママと話をして解決。

“チェスおじさん”がよっぽど子供の心を鷲づかみにしたらしく、どの子供もこの“チェスおじさん”の元でチェスを教えてもらいたい!ってなったらしい。


“チェスおじさん”の営業力の勝利!!!ってことだね(笑)


今日で3回目のチェスクラブ。
カメラを持っていくのを忘れていたので、本日ようやくパチリとな。


IMG_0718[1]


今日は、男子と女子で別れてやっていたみたい。
女子12人の中で、ルナのクラスの女子、実に半数以上の7人。
参加率、高いねぇぇぇ。(ちなみに男子もルナのクラスの子が大多数)

はじめの頃は、駒の名前、動かし方などを歌で教えてもらい、子供達はチェスの遊び方を覚えたらしい。
そして実践。


ルナはチェスはまったくもって初めてなんだけど、“チェッカー”という日本語で言うと“西洋囲碁”なるものを算数塾で教えてもらっていたので、この盤の上でやるゲームの類に興味が前からあった。
(実際ウチにもチェスがあるんだけど、いかんせん、私もパパもやり方知らず。前からやってみたい、とは言っていたんだけど、遊んであげることが出来なかったのだ)


終了間際のところでお邪魔したわけだが、女子達。
ものすごーーーーーーく真剣にチェスに取り組んでいた。


あまりにも真剣になりすぎて。


IMG_0722[1]

Nooooooooooooo!!!!!!!!!!



こんな子もいた(笑)





ルナは今日はなかなか調子よく勝ったらしい。

Picnik コラージュ[1]

エッ?何、この顔?
こういうオトボケ顔(っていうの?)をする年頃になったってこと?




いいねぇぇぇ、ルナ。
楽しい!って思えることがドンドン増えてって。

もともと好奇心の塊ッ子だから、なんでもやりたいし、経験してみたい。

その気持ちはこれからも大きく成長させてもらいたい、って思う。

ワタシも頑張ってチェスの遊び方を覚えたいところだけど、いざルナと勝負!!!ってなってもねぇぇぇ。
お邪魔虫が2匹いるからねぇぇぇ。
最後は結局ルナが「もーーーーーーーーぅ、メイもコアも嫌!!!!(怒)」
ってなっちゃうのが目に見えて分かるから、どうしても積極的に「チェス、やろうぜぇぇ」とはルナに言えない。

だから、こうやって外でルナの好奇心を満たしてくれる場があるのなら、ドンドンこれからも参加してもらいたい。



それにしても、子供がチェスする、ってなんだかワタシには未知の世界だったなぁ。
そしてアメリカだなぁぁぁって、再確認もした次第。
日本だったら、これが“将棋”とか“囲碁”とかになるのかなぁ?って。


満点の青空の下、チェスに興じる子供達。

ウンウン、みんな満点だぁ!!!!!



IMG_0731[1]
集合場所に戻る図
これが、男子達だったら、あっちにウロウロ~、こっちではふざけ合って~
みたいな光景が写るんだろうなぁ









ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪




そんでもってこちらもポチリとな
blogram投票ボタン









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/671-bbd0942b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。