上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.15 2歳への 扉

IMG_8560[1]


特技:あっかんべぇ の三段活用

あっかんべぇ

あっかんべろべろべぇ

あっかんべろべろべ~ の べぇぇぇ
(どこまで続くのだろうか・・・・)




お風呂にから揚げを持って入るわ、
おむつを外した途端にウンチをその辺にポロリンッとしちゃうわ、
おそらく鼻炎?のせいで年がら年中昭和の子のように鼻水垂らし~だわ、
らくだの絵を見て「ルナ~~~!!!!」と言うわ、
ソファからカーペットへ大ジャンプを繰り出し、でんぐり返しで着地をするわ、
1日に最低1回はルナのこと、3回はメイのことを泣かすわ、


コアがいるおかげで、
毎日ため息、怒鳴り声、そして笑い声が響く我が家でありやす。


そんなコアも、来月2歳になります。





Picnik コラージュ[1]






ホント、放っておいても一人で育ってしまったかのようなコアの成長ブリ。

ウウン、そうではない。

コアは決して一人で育ったわけでもなく、私ひとりがあくせく子育てをしていたわけでもなく、そこには、ルナ、そしてメイという二人の姉がいてくれるからこそ、私はコアの暴れん坊っぷりも笑いながら、3人のコドモタチと楽しく暮らしていけるのだと思う。


IMG_8298[1]
!!!!!!!!!!




先日、私の次に起きてきたコア。


私の居るキッチンに来るなり、

「ママ~、おはよう~~~」
と言ったコア。
(それまでも、かなりの単語はしゃべれるようにはなっていたけど、ここまではっきり、しかも2単語を正確に言ったのはこれが初めてだ)


私が
「お腹が痛い~~~~」と言いながら、ソファで横になっていたとき、
私のお腹に温か~い手をそっと置いてくれたコア。


イタズラをしているところを私にばれた時の、バツが悪そうな顔をしてニヤッと笑うコア。

そして繰り出す、“あっかんべろべろべ~~~の~べぇぇえ”



IMG_8538[1]
photo by KOAH





3人目にして、私の子育てにも余裕 (手抜きとも言うが・・・) が生まれ、こういったコアの一挙手一投足が素直に嬉しく、愛おしく思える。





行動、しゃべり、そのどれをとっても上二人よりもペースが速いのも3番目ならではのことだろう。
ここ1ヶ月で、かなりの言葉をしゃべれるようにもなった。
2月の時よりも格段にレベルアップしたコアのしゃべり。
来月、2ヶ月ぶりに帰ってくるパパは、本当に驚くだろう。



最近コアのMommy & Meのクラスのママさんとよく話す機会があって。
私以外のママは、みんなお子さんがファーストベイビー。
彼女達からしたら、私なんて何から何までも先輩ママだったりする。
また、私も偉そうに彼女たちにどうだ、こうだと言ってあげたり。

2歳前後のお子さんを持つママがいだく、悩みやなんかは、私にしたらすでに一度となく二度も経験していること。
今となっては、そんな悩みをもつことすらないが、彼女達と話をしていると、一人懐かしいなぁと想う自分がいたりする。

そして思う。

彼女達が感じる子育てに対する不安、悩み、それって、本当に今、この瞬間だけしか感じない悩みである。
2歳前後っていったら、ちょうど自我も芽生えだし、自己主張も生まれ、ついこの前までバブバブ言っていた自分の子供が、気づけばお友達と物の取り合いや、順番が待てずにグズ~~~~ってなっちゃったり。
「ダメ!」と言っても素直に聞くわけもなく、一日中親が目を離せない、ホント大変な時期である。


もちろんコアだってそうなのだが、やはり気の持ちようが違う、というか、そんな時期だって、気づけばあっという間に子供は成長をし、気づけばペラペラ話すようになり、お友達ともきちんとシェアも出来るようにもなるし、私の言っていることもキチンと理解してくるまでにもなることを知っているから、逆に今のこの時期をもっと楽しむべきだ!なぁんて、彼女達からしたら「信じられない~~~~」ことを思ってしまったりもする。


だってね、ルナに対して思うことって、コアに対して思うこととはもちろんだけど全く違くって、やれ、明日の算数の宿題が~とか、漢字の勉強してないじゃ~~~ん、とかなんだけど(笑)
そして、何から何まで一人で出来てしまうルナ。
ほとんど私が手を貸す作業はない。
これも、小さい頃から一人で何でも出来るようにと、私は一つ一つのどんな小さなことも、崖から突き落とす親ライオンの如く、ドドーーーーンと突き放し、そして自分一人で出来るようにさせてきた賜物であるのだけれど、たまに、本当にたまに寂しく思う自分もいるのだ。



IMG_8519 2-28-10
つい先日行ったお友達のB-Partyで





親から手が離れることを喜ぶ一方で感じる寂寥感、今のコアにそれを感じることはもちろんなく、大変なんだけど「今だけ今だけ」と言い聞かせ、コアに靴下を履かせる私がいる。



Picnik コラージュ222[1]
メイのアートクラスの授業参観にて
きちんと描いてる風



コアの2歳への扉。
もうすぐ開こうとしている。



すでに、“あっかんべろべろべぇぇぇのべぇぇぇぇぇ”の次に口癖にもなっている
「イヤ~~~~~~!!!!!!」
この時期突入かぁぁぁとまたため息もでてしまいそうになる。



ついこの前ようやっと、メイのイヤイヤ期がなくなったと思った矢先のコアのイヤイヤ期。
コアの方がメイよりも断然大変なのは、一目瞭然だ。


彼女の場合、納得が出来ないことがあると、
“ギロ~~~~~ッ”と得意の出目金ばりの巨大マナコで私を睨んだりもする。
そして、
“ププンッ”
どこかに行ってしまう。

最少にして、最強の3番目、コア。



それでもやっぱり我が家で1番のアイドルちゃんだし、彼女の笑顔は私だけでなく、ルナ・メイ、もちろんパパのことも幸せにしてくれる。




早く大きくなって欲しいと思う反面、もうちょっとこのままで・・・・・・・
思わずにもいられない、そんな優柔な私だが、元気に、とにかく元気にだけいて欲しい。

怪我も病気もなく、ただただすこやかな姿をパパと私の前に見せて欲しい。




Picnik コラージュ3333[1]
髪の毛、とーーーーーーっても伸びました。
(切りたい・切りたい・切りたい・・・・・・・)







ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪




そんでもってこちらもポチリとな
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/642-9ce645d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。