上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年もまたあの季節がやってきた・・・・・・・・


interdistrict” 学区“”越境手続きである。





えっとね、すんごく大変な事態になっておりまふ。


LAUSD(Los Angeles Unified School District ロサンゼルス統一学区)から外部の学校区への越境を考えている方は、是非一読してください。


ホント、何がなんやらって感じ.........



の前に、興味のある方は去年の記事も参照してみてください。

interdistrict**  越境入学  part 1 
interdistrict**  越境入学  part 2  
interdistrict**  越境入学  part 3 
interdistrict**  越境入学  まとめ 


本当ならさっ、去年の手続きと同じようにやればよかったはずなのに。
ア~~~ァ、それなのに、それなのに…









3月に入り、私の周りの越境者たちは、自分のホームスクールに出向いて、アプリケーションフォームをもらいに行く人がポロポロ現れはじめ、私もそろそろもらいに行ってくるかぁなんて思っていた本日。


ルナと同じ学校のお母さん(彼女のムスメちゃんも同じく越境者)から、衝撃的なことを聞く。


「今までのアプリケーションフォームが新しく変わるから、今LAUSDに出してもしょうがないんだって」と。


ウン???

どういうこと????


先日、彼女の友達が、アプリケーションフォームをもらいに行ったところ、↑のようなことをホームスクールのオフィスの人間に言われたんだって。
最初それを聞いたときは、その学校のオフィスの人間の意地悪で、そういうことを言っているんだ、くらいのことしか思わなかったの。


実際、彼女達のホームスクールってのは日本人になぜか厳しく、フォームに全部記入し、校長のサインをもらいに行くと、やれ、○○の書類が足りないだとか。これじゃぁサインはあげられないだとか、いちいち難くせをつけ、サインを断る、というのが去年から頻繁にあった学校なのね。
(本当は、書類なんかももって行く必要は何もないの。事実ルナのホームスクールのオフィスの人なんて、ものの2分で校長のサインをだしてくれたもんね)

しかも、他のホームスクールの子は、今年もきちんと校長のサインをもらい、もうLAUSDに郵送したという話も聞いていたから、なおさら、彼女達のホームスクールのオフィスの人間の嫌がらせ!と思うのは当然のことだった。




だけど、そうではなかったみたい。


友達がホームスクールを訪問し、いろいろと話を聞くところによると、

5月1日以降に、新しいアプリケーションフォームが出来上がる。プラス、手続きの仕方なども変更される。
だから、今までのアプリケーションフォームでLAUSDに出された書類は全て無効だと。
友達は、
「そんなはずはない!ウェブサイトにもどこにもそんなことは載ってなかったから!」
と食い下がったところ、そのオフィスの人はその場でLAUSDのウェブサイトを見、
「あら、ホント。何もその事については書かれていないわね」
と、このオフィスの人もビックリしていたらしい。



そう。
ここからが問題なんだけど、そんなことはLAUSDのウェブサイトには一切書かれていないのよ。
私もつい数日前にLAUSDのウェブサイト見たけど、なにも書かれていなかったし。


その友達は、そうは言われても、学校側の話だけでは信用できず、直接LAUSDに電話して、はっきり“そうだ”と言われたから、この情報は間違いではないの。


でも、この情報はその友達が直接電話をして聞いたから、分かっただけで、ウェブサイトにも、そしてこれがもっと問題なんだけど、学校側も全く把握していないのよ。


その友達が訪問したホームスクールの人間は、意地悪でもなんでもなく、彼女はただ単にこの情報を知っていたから、友達に教えてくれたの。
でも、知らない学校の人間は、アプリケーションフォームをいとも簡単に出してくれるだろう。(たぶんルナのホームスクールは知らなさそう・・・・)
そして何も知らな越境希望者は、昔のアプリケーションフォームに記入し、書類をLAUSDに郵送してしまうのだろう。

実際、すでに郵送してしまった人もいるということだから、学校側も把握しておらず、当たり前のようにフォームを渡してしまったと考えるのが普通。




今年の越境手続きの期限は、4月19日らしいんだけど、5月1日以降(しかも正式な日にちはまだ分からないんだって(怒)にその新しいアプリケーションフォームが出来上がるってことは、


エッ?どうなっちゃうの???

間に合うの????


ってことなんだけど・・・・


大丈夫、みたいなことをそのLAUSDの人間は言っていたらしい。



だけど、LAUSD側も詳しいこと(正確な日にち等々)は分かりません、って感じなんだって。




ってかさ、ウェブサイトにもそういった告知はなく、LAUSD内の学校すらそうなるという事情を知らない。

大問題でしょぉぉぉぉ。


ルナの行っている今の学校は、それこそ越境者が8割を超える学校なので、この時期この越境に関してはいろいろな情報が飛び交う。

飛び交ってくれてありがたい。


何も知らずに、一連の手続きを終え、LAUSDに郵送したはいいが、
「あなたの出したアプリケーションフォームでは無効です。もう一度手続きを踏んで、再度郵送してください」
なんてことはホント、勘弁していただきたいよね........


この情報は確かなことだと思うの、本当に。


でもさ、やっぱり不安ではあるよね。


だって、期限は4月19日なんでしょぉぉぉ。
5月以降の手続きって、ものすごく遅くない?とも思うし。


ダメもとで送ってみようかなぁとも思ったり。
(多分その時は、LAUSDから何かしらのレターは届くはずだとは思うんだよね。それから再度送りなおしてもいいかなぁとも思ったり)


ちなみに、、アプリケーションフォームは、今までホームスクールに取に行く、もしくはウェブサイトからダウンロードだったのだが、5月以降ダウンロードだけで入手、という形になったらしい。
そして、ホームスクールの校長のサインも必要なくなる、とLAUSDの人間は言っていたそうな。
(一応簡略化を狙っているのかしら?)


何度も書くけど、直接LAUSDに電話した友達から直接今聞いた情報だから、これは確かなことだとは思うよ。


毎年手順を踏まなくてはいけない、この越境なのだが、ルナの場合、一応去年審査はとおり、晴れて越境は成功している、そして越境した学校区には、ルナはすでに在籍していることになっているので、たぶん大丈夫だとは思うのだが、今年から越境を始めたい、と思う人たちは、すごく不安だよねぇぇぇ。



去年書いた私の越境情報だって、今回の修正で、アップデートをしなくてはならなくなった。



ってか、このやきもき感。5月まで続くの~~~~?


それがイチバン嫌なんですけどぉぉぉぉ。





というわけで、今聞いた情報をそのまま書いた今回の記事。
これからもこの越境情報は、目が離せないので、分かった時点でその都度アップデートしていきます。


LAUSDからTUSD(Torrance Unified School District)に越境したいと思っている周りの人には、この情報を是非教えてあげてくださいね。




分かりづらい表現等、あるかもね。
なんせ、私もとにかく今日のうちに書いておこう!って気持ちがあったから、特に見直しとかもしてない~~。
分かってもらえるといいのだけれどなぁぁぁ(懇願)









ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪




そんでもってこちらもポチリとな
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/640-54d6e45d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。