上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




                    ナンバー3の名前が決まった。




                   



                         《 KOA   コア 》 である




ようやく、ホントようやく決まった彼女の名前。

だが依然漢字の方は決まっておらず。
こちらの方は残りの時間を使い、焦らず考えていきたいと思っている。



今回の命名。

本当に本当に本当に・・・・・・・・・・・・・・・・・大変だった。


ルナやメイの命名の方が全然すんなりと決まった。

3回目の妊娠ということで、妊娠中の生活や、出産についてなど、なんの不安を抱えていないのは事実である。
「不安を抱えていない」ということが逆にもっといたわってあげても良かったかな、とすら思うほどである。

とはいえ“名前”ともなるとまたそれは別のハナシで。
妊娠生活が適当だからといって、命名を適当にすることは決して許されない。

それにしても3人の女の子の名前を決める、というのはホント大変なことであった。。。。

「カワイイ名前を・・・・」と思うとどうしたってどこぞの店のお姉ちゃんの名前になってしまうし。
(しかも自分が以前働いていた、ということも手伝い、「この名前はあの子とかぶるよなぁぁぁ」とかそんなことまで頭に浮かぶ始末)


ただ命名以前からこれだけは!と決めていたことがあり、それだけは忠実に守った。

それは『五行説』という考え方を命名に取り入れた、ということだ。


五行思想(ごぎょうしそう)とは、古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の 5 種類の元素から成るという説である。
                                   ~~wikipedeiより引用~~


5種類の元素は、互いに影響を与え合い、ゆえに木・火・土・金・水 の5つの要素のバランスが取れていれば大きなプラスの力を生み、反対にバランスが悪ければマイナスの力を生むと考えられている。



『陰陽五行説』という言い方をされ、自然界の一切の事物がこの『陰陽五行説』で説明がつく、とされている。

占い、漢方、東洋医学、風水、そして姓名判断にもこの『陰陽五行説』は使われているのだ。

                   ↓の図を見ると分かりやすいかと

                 五行説


木・火・土・金・水派それぞれが違う性格を持っており、またその関係にも良い、悪いものがある。
良い関係を「相生(そうじょう)の関係」といい、悪い関係を「相克(そうこく)の関係」という。

『五行説』ではすべてのもの、事象がこの5つの要素に分けられる、と先に書いたが、当然五十音やアルファベットもこの木・火・土・金・水に分類することが出来るのだ。


                         ↓の図
                     五行説2


呼び名の最初の音で判断するのだが、それらの要素を各々見ることで、名前の相性のよしあしを判断することが出来るという。

実際に我が家を例でみてみると。。。。



パパ・・・・・サ行《金》
ママ(アサミ)・・・・・ア行《土》
ルナ・・・・・ラ行《火》
メイ・・・・・マ行《水》


となる。

ウチの場合ルナの命名の時からこの五行説を取り入れていたので、一応バランスの取れた配置になっている。
そして残る空席があるのだが、それが カ行《木》 なのだ。


というわけで、また長~~~い前置きとなったが、そんな理由からナンバー3は絶対にカ行から始まる名前にしようと決めていた。




初めに挙がった候補は、 『カコ』『キコ』である。
このご時世で名前の最後に“子”をつけるのもいいよなぁ、、、って。
だがあまりにもロイヤルネームすぎるかなぁ、って思っていた。

次の候補が『キキ』
『キキ』といえば、「魔女の宅急便」
『メイ』が「となりのトトロ」の“メイちゃん”からまんまきているので、3番目もジブリから取ってもいいのかな、と。
そうなると気になるのが、「ルナだけジブリとは関係ないのでは?」とお思いになる方もいるかもしれないのだが、実はルナのファーストネームはジル。

ここで分かった人はかなりのジブリ通かも!?

ジルといえば、「風の谷のナウシカ」の主人公ナウシカの父の名が『ジル』なのだ。
ということで、3番目が『キキ』というのはかなり筋も通っている。


3番目の候補が『キラ』
これは何気にワタシの最終候補であった。特に理由もなく、響き的に『キラ』という響きがいいなぁって思っていた。


そして最後の候補が『コア』である。
実は、この名前はパパの中での一押しネームであったのだ。

今回の命名、今まで違った点、といえばパパが名づけにとても積極的であった点である。
ルナの命名は100%ワタシ。そしてメイの命名は100%ルナだった。
そのどちらもパパの関与はなく(多少の横槍はあったものの)内心
「この人はこういうことに全く興味がない人なんだなぁ」って思っていたのだ。

それが今回はなぜか初めからやる気が感じられた。
「カ行に決めるよ!」とだけをパパに伝え、あとはワタシがいろいろと候補を挙げる。
それに対し、パパが良い、悪いの判断を下していった。

そして最後までパパが良いって言っていたのが『コア』なのである。

パパが良いというのならばワタシも喜んで!
というわけで「コア」に決定した次第。

ちなみに「コア」という単語。英語でcore という単語がある。



《core ・・・・・ 芯、中心、核心、中核》 などという意味。
3番目にして我が家の中心的存在になり得るかもしれない!?そんな期待もしつつ。


ただスペルはcoreではなく、Koaにすることに。


ルナはこの名前をすんなりと受け入れてくれた。お腹に向かって「コアちゃん」「コアちゃん」と呼びかけてくれる。
時折「コアラちゃん~~~」と言っては大笑いしているが。








というわけで、『コア』誕生まで通常ならば29日なのだが、もう少し早く生みたいので、おそらく1週間ほど前倒し、残すところ(何もなければ)3週間となったわけだ。

3週間かぁぁぁ。。。。。

そう考えるとあっという間だ。

もう、ワタシの望みといえば、ただただ、ただただ普通に生まれて欲しい、ということだけ。
それ以外の何も望みはしない。


最近になって、またメイの右側に異変がみられるようになり、つくづく五体満足に産んであげることへの難しさを肌で感じているのだ。


元気でさえいてくれればいいのだ。

ホント、それだけなのだ。。。。。。






ブログランキング。ポチリとね★



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/63-e45856f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。