上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.23 大丈夫です
本日2度目の投稿

カリフォルニア州南部各地で多発した大規模な山火事。
このニュースがアメリカ国内のみならず、日本でも多数報道されているらしい。

たった今お義母さんから電話があり、心配しているとのことだったので、全然問題はない、とだけ伝えた。

ハイ、まったくもって私たちが住んでいるサウスベイ付近は問題ありません。
唯一つだけ除いては。


それは『灰』による被害。



今回の山火事。大きなところで2箇所の地域で発生している。

1箇所目はマリブ、という地域。セレブがたくさん住んでいることからも有名なこの地域。1500人ほどが避難をしているらしい。
2箇所目はサンディエゴ付近。過去最大規模の約25万人に避難勧告が出ているというからその被害の大きさは容易に想像できる。

山火事自体、先週末に各地で多発。記録的に乾燥した天候と、Santa Ana Windと呼ばれる強い南風にあおられ、一気に延焼したとみられている。
鎮火の見通しは立っていないらしい。

事実、先週金曜日から猛暑が到来。今日も30度近くあるのではないだろうか?風もなく、ムンムンムンムンと。。。

それに加え、前述した『灰』の被害。おそらくウチの場所からいうと、サンディエゴ付近の火災から飛んできた『灰』であると思うのだが、車から窓際から、どこからどこまでも『灰』っぽい。


本当は今日、友達数組とPumpkin Putchに行く予定であった。
だが、各幼稚園などでは、『灰』の被害、それと有害物質が焼けた民家などから発生しているので、「外では遊ばせません」という方針を唱えた学校が少なくないらしい。学校閉鎖しているところも。
実際友達の子供なんかも、外にいるだけでゲホゲホッとなっているらしい。
空は赤く、というか黄色いというか、気持ちの悪い空色に包まれていて、なにか異様な雰囲気である。
こんな時に屋外に子供をやるのはいただけない、というわけでPumpkin Putchは延期とった。。
(まぁ、ウチの場合ルナとメイが風邪でダウンなので、もともと今日はキャンセルしようと思っていたのだが)



そんなわけで、家でゆっくりとしているわけである。


被害の拡大の方が心配だが、明後日くらいからは気温も下がり湿度も上昇すると言われているので鎮火の見通しもたつであろうが、さて毎年起こる山火事被害、何か対策はないのだろうか?

ただ見逃すしかないのであろうか?



ともあれ、私たちは大丈夫です。ご心配なく。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/6-50a93a64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。