上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.02 Halloween 2009 no1
今年のハロウィン、皆さんはどうお過ごしになられましたか?

我が家は、毎年恒例となった ←勝手に恒例にしたとも言えるが(苦笑) 友達宅でのハロウィンパーティを。
Trick-or-Treatも、友達宅周辺の民家を訪ねる、という去年と同じ感じで。


去年はパンプキンパッチにも数回出向き、去年の今頃のワタシのブログは、それはそれはパンプキン色のオレンジ一色だった。
今年は結局パンプキンパッチも1回のみ。
(しかも今年はにっくきアレルギーのため、楽しさも半分以下)
ハロウィン前日の30日にルナ・メイ共に学校でハロウィンパレードが行われた写真なんかも、いまだアップしておらず。

というわけで、2回に分けて、今年のハロウィンの模様をお届けしたいと思っております。


まずは、こちらから・・・・・・




IMG_7805[1]
メイ作のパンプキン


このパンプキンの作品も、実に5作品目になる。(ルナ、3作品。メイ、2作品)
年々グレードアップしている気配も感じられる、この作品たち。
いやぁぁぁ、何がすごい!って、こういった作品たちをコドモタチに作らせる先生がすごい!と、毎度のことながら思う。
コドモタチの個性も重視しながら、きちんとここまで仕上げさせるアートクラスのM先生。
素晴らしい、の一言でありやす。




さて、ハロウィン記事は、本番の日からさかのぼってお届けしようと思っていますので、今日の記事は、当日のもの。



楽しいハロウィンを送れたのかしら・・・・・・?






当日は2時前後にその友達宅へ集合。
コドモタチは思い思いに遊び、ワタシ達親はその日の夕飯の仕込み、そして毎日のように会っているにもかかわらず、話にパパーーーーッと華が咲く。(ホント、オンナの人ってすごいよね)

6時ごろに着替えをし、それからTrick-or-Treatに行こうという段取りだった。


6時前。友達のご主人様が会社から帰宅。
前もって、彼は仮装して帰ってくる、という話を聞いていたので、どんな仮装になっているのかワタシ達もワクワクだった。


ドアを開けて、まずは挨拶。
ワタシ達絶句。
静ーーーかにコドモタチに歩み寄るDaddy。

!!!!!!!!!
ギャーーーーーーーーー!!!!!!!!

絶叫がリビングから聞こえる。
そしてあちらこちらで泣き声も。

泣き声の主は、メイとコア、そして友達の娘(ってことは、Daddyの実の娘ね)
3人の泣き声と、ボーイズたちの笑い声(その中にはルナの笑い声も含まれるのだが)

いやぁぁぁ、数十分はメイもコアもおびえていたよね。
特にメイはひどかったよ。2階に上がり、子供部屋のカーテンに身を隠して、震えていたってハナシだから。
コアはずーーーーっとワタシにしがみついたまま、決して身を離そうとはせず。


ハハハ(笑)
今思い出しても、あの現場は笑える。


さて、こんな文面だけでも伝わらないだろうから、早速Daddyには登場してもらいましょう。


ハイ。

IMG_7728[1]
Daddy曰く、ドラキュラなんだって。


正直、ワタシ達からすれば、それほど恐い仮装でもないんだけど、子供にとってはそりゃぁ恐いよね。
メイのこの引きつった顔・・・・・・・。
Daddy帰宅後30分くらい経った後かなぁぁぁ。
周りの親達に「大丈夫だよ」の声を何度もかけてもらい、(「K・KのDaddyなんだよ」って何回も)ようやくおびえもおさまったらしい。(でもDaddyのようにピースサインは作れず)


とりあえず、一余興が終わったところで、コドモタチお着替えの時間に。



まずは、我が3ムスメの写真から。

IMG_7738[1]
キャーーーーー、可愛い☆


特にメイ~~~~~(笑)なんてかわいいのかしら!
California Adventureで行われたハロウィンパーティの際にはてんとう虫を着ていった彼女だが、実はこれルナのお古。
十分に着れるし、これでいいや!今年はルナの衣装だけ買おう(ワタシも)って思っていたのだったが、ウェブでいろいろと見ていたら、なんとこのダルメシアンの衣装が、10ドルくらいで売られていたの。
即買いですわ。

中身を見た瞬間からメイも気に入ってくれ、当日はこれにしようね、と言っていた。
3歳児とは思えないこのエロさ(笑)たまらないでしょ~~~~爆
どこかのキャバクラのイベントですか?なぁんて言って大笑いしていましたとさ。

ルナのこの衣装も、すんごくルナに合っているし、コアの牛さんもキュートざんす。(コアの年齢ってば、何着ても可愛いよね)


さて、そして全体写真。

IMG_7739[1]


左から、悟空・バナナ(笑)・ピーターパン・牛・ロボット・kimono Girl・ダルメシアン。
そしてDaddyのドラキュラ。

素敵素敵♪可愛い可愛い♪



辺りもだいぶ暗くなってきたので、さぁて出陣。

エリアがエリアなだけに、ワタシ達親からしたら、お家鑑賞という特典つき。

IMG_7763 10-31-2009



もうそりゃぁ、元気一杯
「Trick-or-Treat!!!!!!」
って言いながら、ピンポンピンポーーーン。ドンドンドン。

右に行ったら、今度は左。ジグザグジグザグを繰り返しながら、先を進む。

IMG_7757[1]


IMG_7768[1]
コンデジの限界。夜間撮影、苦手なんだよねぇぇぇ(泣)
本当はフラッシュ撮影嫌いなんだけど、しょうがなく・・・・・・・



IMG_7774[1]
注意: 右・人形。
      左・人間(笑)




IMG_7779 10-31-2009



IMG_7778[1]
手前から、右・人形。真ん中・人間。左奥・人形
分かっていてもDaddy不気味だ~




IMG_7781[1]
自宅のパティオで、お酒を飲みながらコドモタチにお菓子を配る、粋なおばちゃん
うらやましいよねぇぇぇ、と口々に言ったのは言うまでもない




そんなにド派手~~~~という飾り付けをするのではなく、お上品に、だけど存在感はありまっせぇというお宅が多かったかな。
お年寄りが住むお宅も多く、そういったお宅だと飾りつけもいたってシンプル。
一瞬「いない?」「Trick-or-Treat 不参加?」
(当日このTrick-or-Treatをしないお宅ってのは、一切飾りつけもせず、電気も消し、どこかに出かけてしまう、というのが暗黙のルールなのだ)
なぁんてことも思って躊躇もしてしまうのだが、そんな親の心配をよそに、ずかずかと庭を横切るコドモタチ。
ドンドンドン。「Trick-or-Treat!!!!!」大騒ぎのコドモタチの前で、ドアがゆっくり開く。
中からは嬉しそうにお菓子を持つおじいちゃん・おばあちゃん。
「なんだぁぁ、居たんだね」
チョコチョコッと会話も楽しみつつ、ドアが閉まる。
そしてまた次のコドモタチが延々と・・・・・・・・・・

1年に1度(とまでは言わないが)この日を楽しみにしているお年よりは多いのではないだろうか。
他人の子供が自分の家のドアをノックする、お菓子を配り嬉しそうな笑顔のコドモタチを見る。
素晴らしい習慣だと思う瞬間だ。



1時間くらいかなぁ、とりあえず一通りお宅を回り、帰宅。
そしてワタシ達はまた話に華を咲かせ、コドモタチはゲームをしたり、DVDを観たり。


そんなハロウィンであった。

去年も同じ家で行ったこのハロウィンパーティ。
当たり前のように来年もさ来年もこの家でやるのであろう。←めちゃめちゃ勝手に決めてますけど。

同じ面子でCalifornia Adventureのイベントにも参加をし、ハロウィン当日も。

子供もワタシ達大人も、ものすごく仲の良いこの面子。

さて!今度は何のパーティと題して集まろうかね。
そんなことを言いつつ、当日ハロウィンは終わりを迎えたのだった・・・・・・・。



何気に気にしていた、メイの夜泣き。(Daddyの仮装にあれだけビビっていたから、絶対に今日は悪夢を見るよねぇと言っていたのだった)
あまりの興奮、そして嬉しさから、夜泣きをする暇もないほど、グッスリ寝てくれて、ホーーーーッ。


家にあるお菓子の束。今はなんでも興味津々のコア嬢がパクパクと食べておりやす。
ハーーーーーー、普通1番目の子供にはこんなお菓子絶対にあげないよね。
(だってありえないような色とかしてるんだよぉ)
3番目ともなると、こういうところがどうでもいいかっ!ってなってしまうイケナイ母なのでした......








ブログランキング。ポチリとね★


「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪




そんでもってこちらもポチリとな
blogram投票ボタン




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/594-dd09f354
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。