上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



                         我が家のぽぽ、初公開~
            ぽぽ
                         極悪同盟←古ッ!のような顔のインク
                        全然落ちましぇーーーん Σ( ̄ε ̄;|||・・・



“ぽぽちゃん”を知らない方のために、まずは“ぽぽちゃん”の説明から・・・・・


製品概要を見ると
「ぽぽちゃんはお子様の幼い母性“プロラクチンホルモン”を促すよう、表情もやわらかさも本物そっくりにこだわってつくられたお人形です」
とある。

身長30センチほどのお世話用人形、それが“ぽぽちゃん”である。




ウチのぽぽちゃんはルナが2歳4ヶ月のころ、我が家にやってきた。
ルナが2歳4ヶ月の時といえば、そう、メイが生まれた時である。
メイが生まれ、ルナもついにお姉ちゃんになる。ぽぽちゃんを相手にすることで彼女に少しでも小さいモノをいたわる気持ち、みたいなものが生まれてくれることを期待して、メイを見にアメリカにやって来る母に頼んで持ってきてもらったモノだ。


それから時が経つこと2年後の今現在。ぽぽの母親は、ルナからメイへと完璧なほどにまで移行していった。
ぽぽを抱っこしながら部屋中闊歩する姿は、なんとも言えずキュート♥ でワタシのつぼにドハマリなのである。

まだ自分だけでお着替えをさせてあげられないので、必ずと言っていいほどワタシが呼ばれるのはなんとも言えず面倒くさいのだが(苦笑)それでも一生懸命オムツを替えてあげようとする姿は、ぽぽちゃんで遊ぶにあたり「幼い母性」と呼ばれる“プロラクチンホルモン”というモノがビッシビシ出ているのであろう。


さて、一方のルナ。ぽぽへの愛情はどうかというと・・・・・・

全くといって感心ゼロである。愛情度ゼロ以下と言ってもいいくらいなもんだ。
ルナに言わせてみれば、「全然かわいくないからイヤ ( ̄■ ̄;)!」なんだそうだ。



というか、ルナは全くといっていいほどおもちゃで遊ばない子供である。
最近その傾向は特にひどくなりつつある。家にあるおもちゃというおもちゃは、今ではそのほとんどをメイが遊ぶに至っている。

ルナに「何して遊ぶ~?」と聞いても、「・・・・・・・・」返事が返ってこないことがしばしばある。
こんなに我が家にはおもちゃがあるというのに、遊びたいものがないというのだから、ホントびっくりだ。
4歳のお誕生日に友達からいただいた、キッチンセットだって、今ではメイの物。

ルナは擬似体験みたいなことが出来ない。
だから、キッチンセットでうそんこのお料理をするよりは、ワタシの隣で本物のお料理をしたいし、ぽぽちゃんを本物の赤ちゃんのようにあやしたりオムツを替えたり、よりは本物の赤ちゃんで遊びたい!お世話したい!という願望の方が断然強い。

それよりはパズルであったり、ドリルであったり、塗り絵であったり、絵本だったり、といった机に向かったモノの方が断然得意。
もしくは全く逆にソファに飛び乗ってジャンプジャンプしたり、メイ相手にちゃんばらごっこなるものをしてみたり、キャッチボールしたり、というガンガン動くことも好きだったりするのだが。



一方メイの方は、ホント家にあるおもちゃというおもちゃ手当たり次第、なんでも遊んでくれる。この子はおもちゃを買ってあげる甲斐のある子だなぁとつくづく。。。

            遊ぶ
                キッチンに椅子を運び入れ、周りを汚くだけさせて遊ぶ、
                       というのがメイの遊びのスタイル






その代わり、お片づけというものが全くといっていいほど出来ない為、1日何回もメイが出してはしまわなかったおもちゃたちが散乱し、足の踏み場もないほどまでになり、ワタシの逆鱗に触れ、泣きながら片づけをするメイの姿。
その傍ら火の粉をかぶりとばっちりを受けたルナが仕方なく片付けの手伝いをする、という絵が何度も見られるのだ。
(実は片づけをするのがイヤでおもちゃを出して遊ばないのか!とも思ったり。←そりゃぁないか)


そして、遊んでくれるのはとてもありがたいし、嬉しいことなのだが、落書きやら食べかすやらで、まぁぁぁぁぁぁおもちゃたちの汚くなることといったらこの上ない。
メイがこっそりと鉛筆を持ち出したら要注意。いつどこで何に落書きをしたかを見ていないと、あとからため息の連続にもなりかねない。
そのせいで家中消しゴムのカスだらけの我が家であるのだ。



たまにイラッとすることがあるのだが、それはルナは自分では自らおもちゃで遊ばないくせに、メイが静かにそれこそ一人でルンルンしながら遊んでいる所に割って入り、そのおもちゃを横取り、みたいなことは平気でする。
自分で遊ぶ想像力はないくせに、他人の土俵にはズカズカ入っていくずうずうしさ、みたいなものは備わっているのだ。

先日もぽぽがあまりにも汚くなってしまったので、本当はお風呂用ではないのだが「まっいいべ!」と思いお風呂にいれさせた。
本来ならばぽぽを洗ってあげるのは日常ぽぽと遊んでいるメイのお役目なのだが、こういうものめずらしいこと、新しいことはルナもやりたがる。
メイが「貸して~」と言っても意地悪く貸さなかったり。そして案の定ワタシからガッチ~~~ンと怒られる。


      ぽぽ2
                                その時の写真
                               主導権は確実にルナが握っている



ルナはたまに珍しくおもちゃで遊んでいるなぁと思っても、数分後にはワタシを呼んでくる。要は一人では遊べないのだ。
まだルナにとってメイは対等に遊ぶまでには至っていないので、メイではやはり役不足。まだまだ邪魔もしてくるし、コミュニケーションも取れなかったりなので、ワタシが呼ばれることとなるのだ。

メイといえば全くの逆で、ワタシが呼ばれることといったら、ぽぽのオムツ替えの時くらい?あとは一人黙々と遊んでいる。
たまにこっちから声を掛けると、「イヤッ!」といって(まるで「見るな!」とでも言っているかのように) 恥ずかしそうな顔をする。そして一人どこかに行ってしまったり。


ここまで違うか、我が家の姉妹。さすがAB型、というところか(笑)


まぁ、こればっかりは個性?性格?ってヤツなのであろうか。ムリにキッチンセットで遊ばせてみても本人が楽しくないのならば仕方がないし。(そのくせおもちゃ屋なり、友達の家では普通に遊んでいたりはするんだよなぁ。。。。)


まぁ、ウチにはまだあと一人待機しているので、家にあるおもちゃたちの活躍の場がない、ということはありえないわけで(本音早くどうにかしてこのおもちゃたちを処分したいくらいなのだが・・・・)



こんなに違うルナとメイ。そして3人目はどんな風なのか。楽しみでしょうがない。
パパとも最近ではそんな話ばっかりしている。
ルナ・メイの今現在の性格、というのは私たち双方それなりに把握していて、二人の意見が異なることはない。
これで3番目が生まれてきて、二人が今後どうなっていくか、3番目の性格もさることながら、この二人の変化、というのもワタシとパパにとっては面白いことこのうえない。


気づけば予定日まで50日となった。だが、それはあくまで予定日の16日、という計算のもと。
実は今回も計画出産を予定している。ちなみに日にちはメイと同じ誕生日である4月5日。となると、もっと早まり、あと残すところ39日となるのだ。



あと1ヶ月。



昼間の3人での生活も残すところあと1ヶ月。1ヵ月後には・・・・・・・・・・・・・だ。

名前もなかなか決まらず、夜は常にパパと名前会議。
あぁでもない、こぅでもないと議論をしている。

ここで公表する日も近いとは思うのだが、はて、どうなることやら・・・・・




ブログランキング。ポチリと押しておくれ★


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/57-8e488342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。