上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.11 level up チュウ
何が level upチュウなのかと申しますと........


ルナの「なに?」「なに?」度がレベルアップしているのですよ。

日に日に高度になっていくルナの質問に聞かれるワタシとしては、

ヒジョーーーーーーにツライ。






ルナの「なに?」「なに?」攻撃は2歳半ごろから始まったような気がする。

とんでもないほどの好奇心の塊のルナ。
目に見えるモノ、手に触れるモノ、耳に聞くモノ、鼻で感じるモノ、五感で感じるモノすべてにおいて、それらのモノはルナの興味の対象であった。
(.....って、唯一口で味わうモノだけには興味を抱かず。なぜならルナは食に対してまったく欲求のない子だから)


2歳児、3歳児の子が聞いてくる「なに?なに?」は答えるのは“まだ”簡単な方だった。
とはいえ、答えは簡単でも、ルナに分かるように説明するのは結構至難の業だったり。
答えに納得がいかないと、露骨に不思議な「そんな答えじゃぁ分からない」っという顔をするので、もっともっと噛み砕いた言い方で説明したり......


それが、ここ最近彼女の「なに?なに?」には、思わず「ウッ・・・・・・」と声を詰まらせてしまう時もあるのだ。




なんの前触れもなくこんなことを聞かれた。

「ママ~。内臓ってなに?」

「エッ?ナイゾウですか・・・・・・・?」

体の中にある胃や肝臓等の総称。←こうは答えられない(この答えだって正確かどうかは不明だし)。だって、ルナは胃や肝臓という名前を知らないから。

ちょこっと調べてみた。

動物の胸腔や腹腔にある器官の総称。消化呼吸系・泌尿生殖系・内分泌系の器官をいう。  goo辞書 ↑って、この説明じゃぁワタシにも分からんよ!(怒)


動物の内腔にある器官の総称。消化器・呼吸器・泌尿生殖器・内分泌器をいう。  ヤフー辞書

↑内腔ってナンデスカ????


動物の胸腔や腹腔にある器官の総称。消化呼吸系・泌尿生殖系・内分泌系の器官をいう。
普通は腹腔内にある胃・腸・肝・腎・膵などをいう。          エキサイト辞書

↑フムフム・・・なんとなく分かってきたが、まだイマイチ。


胸や腹の中にある諸器官の総称.    三省堂辞書 
↑このくらい簡単な説明でいいよね!

でもさ、こんな辞書で使われているような言葉を並べたところで、ルナにとっては英語を聞くより難しいこと。


結局その時はなんて答えたっけ?

「体の中にはね、ルナの目には見えないブラブラブラ・・・・・・・」
自分でも何を説明しているのか、分からなくなってしまった気がする。



その日に彼女が投げかけた「なに?なに?」は非常に高度なものだった。

「骨の中には何が入っているの?」
「骨髄っていう液体が入ってるんだよ←当たってる?

「ふーーーーーーん、液体って何?」
「え・・・・・・・・・・・・・っとね。水とか~、ジュースとか~、川の水や池の水なんかも液体っていうの。
あっ、血も液体なんだよねぇ」
結局これ!という風にきちんと液体の定義を説明してあげることは出来なかった。



特に理科チックな質問は苦手中の苦手。唯一5教科の中で理科が本当に苦手だったのだ。

子供に物事の説明をする際、分かりやすい言葉で、しかも正確に定義して上げられるような言葉を使わなければ、子供は決して納得はしないであろう。


ルナの場合、これらの質問をなんの脈絡もない時に使ってくることも多い。
たとえばテレビを見ていて、分からない単語が出てきてそれを質問する、というのであれば、それ前後の内容を検討しつつ、答えてあげられることも出来るかもしれない。

だが、上の質問はどれも、いきなりご飯中、車の中、そして絵本を読んでいる時(もちろん読んでいた絵本に“液体”なんて単語は出てはこない)に聞いてきたこと。


どこからそれらの単語を仕入れてきたのかは全くの謎。
その時は答えることに集中してしまい「どこでその言葉を聞いたの?」とは聞けなかった。



まったく口をつぐんでしまった質問が↓

「ママ~、渡世の仁義って何?」
「しのぎって何?」

「トセイノジンギ・・・・・・・・?」
「シノギ・・・・・・・・・???????」


ハハハ(苦笑)
これは、ルナと一緒に今クールにやっている「任侠ヘルパー」を見ていた時の質問だ。

ワタシなら当たり前のようにスルーする言葉の数々も、ルナからすれば「なに?なに?」を言わずにはいられない。


でも、これだってきちんとは答えてあげられなかった。←そりゃぁそうだ。ワタシだってこんな言葉知らんよ!



もう、いろんな意味でレベルが高すぎて、ワタクシお手上げですわ(苦笑)




さて、3歳児メイも最近ではこの「なに?なに?」が増えてきた。(ルナの真似っこをしたい、というのもあるのだろうが)
そして、今のところ、このメイの「なに?なに?」に関してはほぼルナが答えている。
それが結構的を得ていたりするんだよね。
しかもルナの使う言葉は当たり前だが、とても簡単である。簡単がゆえに、まわりくどかったりもするのだが、それでもきちんと分かって説明している、という意図はみられる。
メイもまぁまぁそれで納得してみせたり。
ワタシの出る幕ナシ!といったところだろうか。




ところで、この文を書きながら、
「それならば、ルナに辞書を与えたらいいのではないか」と思い始め、文を書く傍らネットでちょこちょこと調べてみた。
“子供向けの辞書”ってヤツを。


いやぁ、出てくるわ出てくるわ・・・・・・・・

オススメも含めて一気に紹介。
(画像をクリックしていただければ、アマゾンのページに別窓で表示されます)

1.jpg





3.jpg





2.jpg


一番上の、「下村式小学国語学習辞典」というのが、比較的高評価であった。



ザザーーーーッと見た感じでは、やはり絵が入っていた方が、ルナの年齢からするとすんなり理解につながるように思う。
レビューもなかなか好評だった、こちら。

5.jpg



これを今度購入してみようかなって。(こっちの本屋さんにあるかしら?やっぱりレビュー云々とはいっても、実際手にとって見てみたいよね、こういうのって)


こんなのも併せて買うのもいいかも。

6.jpg
言葉の“使い方”を学ぶ辞書



あっ、あとね、こんなサイトもあった。
ALL ABOUTより




だけどさっ、買おうと思っているこの辞書。
日本円で3570円って、こっちで買ったらおいくら万ドルですか?????
もしかして、もしかして、60ドルくらいしちゃうんじゃないの!?


ヒェーーーーーーじゃない?????

それもこれも、ルナの「なに?なに?」が解決するのであれば、買わない手はないのかしらね・・・・。




ブログランキング。ポチリとね★



「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪




そんでもってこちらもポチリとな
blogram投票ボタン


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/559-8a3e3915
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。