上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からルナ、6回にわたってmini poloのクラスをとることに。

mini poloって何????って感じでしょ?



えっとね...........


IMG_6497[1]






water polo の mini バージョンがこのmini polo 
ハハハ、、、、、、water poloが分からない人も多いよね。
事実ワタシも「なんだぁ、それぇぇぇ?」の世界だったから。



えっとね、

water polo・・・・・・・水球のこと。

あの水の中でするハンドボールみたいなやつ?説明下手で申し訳ない(苦笑)
とにかく超ハードなスポーツだよね。
そうそう、それ!
お分かりになりましたか????



その水球のお子ちゃまクラスってのが、今回ルナがとっているmini poloのクラス。

友達の娘ちゃん(12歳)と息子ちゃん(9歳)がそのwater poloってのをしてるのね。
話は前々からその友達から聞いていて、だけど、所詮ルナってばまだ5歳だし。
ってか、まったく泳げないのに無理でしょ!と最初はこのクラスのことを聞いても全然興味すら覚えていなかった。

だけど、また違う友達の息子ちゃんズがそのクラスを取るよ~ってことになり、もう少し詳しく話を聞いたところ.......


普通の水泳のクラスと違って、このmini poloのクラスでは水の中で戯れましょ~的な要素が強いらしい。

「ルナ、全然泳げないよ。ってかプールだってほんの数回しか入ったことないし」
「大丈夫!大丈夫!!!!」

マンツーで指導してくれるらしいし、ビート板やらヌードルを使えるらしいので、泳げないルナでもまったく問題ない、と友達は言う。


夏休みというと、水泳クラスってのはどこも大人気で、なかなか思うようにこのクラスってのは取れない。
かくゆうウチも出だしが遅れたため、余裕でこのクラスは取れずじまいだった。


今年はあきらめかけていた時に聞いたこのmini poloのお誘い。
ガッチガチの水泳レッスンと違い、泳ぐことに重点を置くのではなく、あくまで「水の中で遊びましょ~」、
一応 water poloのクラスというので、「水の中でボールを持って、投げっこしたり~~~~」
「ゴールにシュートしてみたり~」そんなことをやると思うよと、友達。


所詮チビちゃんクラスなのだから、水球の“ス”の字のことも出来ないのは当たり前のこと。
水に慣れ親しむ、というのがこのクラスの目的というのならば、今のルナにはうってつけのクラスかもしれない。



ってことで昨日初参加をしてきたのだ。



場所はLos Alamitos high School
初めてこっちの高校ってのに行ったよ~~~~。
しかもOrange County。
時間は5時から。
ってことは、フリーウェイ渋滞じゃんねぇぇぇ。

そんな時間にフリーウェイに乗ることが全くといっていいほどないので、余裕を見て1時間ほど前には家を出たのだが、案の定ノロノロノロノロ・・・・・カープール(2人以上乗車の際の専用車線)も然り。

ギリギリに到着。


IMG_6475[1]



・・・・・・・・・・・・・・・・・暑い。



夕方からのクラスだったので、正直「寒くない?」とも思っていたのだが、さすがOrange County。
めっちゃ暑いでやんの。
これならプールの中も気持ちいいだろうねぇ。

IMG_6471[1]
あら?ちょっと不安げなのかしらね?
さぁさぁ、行っておいで!



IMG_6472[1]
妹ズはケンカしな~い!



クラススタート。
はじめはストレッチから。
このクラス、5歳から10歳までのクラスなので、ルナは一番チビっこ。


IMG_6473[1]





早速プールの中に。

ルナともう一人の女の子に対し、サポートの子が一人付く。



高校のプールだから、当たり前のようにルナは足届かず。
はじめはプールのふちにずっとへばりついていた。


IMG_6479[1]



ビート板ってのにも初めて触れるルナ。もちろんうまく使いこなせない。
ビート板を持っているにもかかわらず、はたから見れば立派に!?溺れてる感じ。



急いでサポートの子に説明をする。
今回正真正銘初めてプールで泳ぐ練習をしているのだ、と伝えると驚いた様子を見せながらも、とびきりのスマイルを見せてくれたサポートの子。

まっ、大丈夫でしょ。

ルナにも確認を取るが、アップアップしながらも「大丈夫!」と言ってくれたので、ひとまずワタシ達は日陰に避難。(日焼け止めも帽子もなんも用意してこなかったんだよね。アッチィィィィ)

ビート板での練習の次は少し離れたところにサポートの子が立ち、ルナはそこまで泳いでいく、という練習を。


IMG_6481[1]



なんとか形になっている感じ。
先日のプチバケのプールに行った甲斐があったというもの。水に対する恐怖はない様子。
行っておいて良かったよ~~~。

その後はプールヌードルを使って。


IMG_6480[1]


このプールヌードル。日本にはない代物なんだよね。
かくゆうワタシもこの物体がプールヌードル(みんな“ヌードル”って言うらしい)っていう物だということをこの日初めて知ったわけで(苦笑)

wacky_noodles.jpg
↑これが、そのブツですわぁ。
「発泡ポリエチレン」という素材で出来ていて(これ、家電を買ったときなんかに入っている緩衝材と同素材)無数の空気泡が入っているんだって。


こんな棒一本で浮くの~?と思うけど、浮いちゃうんだよね、簡単に。
この棒を股ではさみ、一方をしっかりと持つ。それだけでフワフワ~って。
バランスがなかなか取れないルナは、これでも途中からアップアップしだす。
もっと太いヌードルを借りて、ようやくバランスが、そして“こつ”もつかんできたらしい。

Picnik コラージュ



次、ボールを持っての練習。
パスの出し合いをする。

Picnik コラージュ3



なかなか上手にボールを取り、そして相手に投げる。

こんなのって水泳のレッスンでは体験できないもんねぇ。これは楽しいや!

クラスの最後の方にはゴールの練習もしちゃったり。



あっという間の45分間。

プールから出てきた時のルナの顔。

大満足の様子。


もうね、
「スッゲ~~~~~よ、ルナ!!!!」と言って頭をクチャクチャにしたい気持ちで一杯だった。


数年前は超ビビリちゃんだったルナ。
プールだって、以前は全然ダメだった。
「怖い~怖い~」と絶叫しながら、プールの中にたたき落とされたこともあったっけ。
←たたき落としたのはこのワタシ(笑)

プールだけではない。何をするにも、まずは「怖い」からはいってしまうルナ。
そこからなかなか“楽しむ”というところまでにはいかず、困ったもんだぁって何度思ったことか。



それが、この1年で彼女は大きく成長した。
去年の9月に初めての英語の環境に身を投じ、それまでまったく聞いたことのない言語を耳にし、初めは何度もとまどい、行きたくなくなった時だって何度かある。
それでも卒業する頃には友達と楽しく遊べるほどまでに成長していた。

今回のmini poloだって、サポートの子はもちろんこっちの子。(ルナの言うところの「英語人」)」
英語での会話もまだまだ出来ないに等しいルナであるが、それでも彼女なりにコミュニケートをとっていた。


ちょっと前ならそんなルナの様子を見るたび、ウルル~~~なんてしそうにもなったものだが、今は違う。

一つ一つ出来ることが増えるたびに、
「スッゲ~~~~~~」という言葉が飛び出してしまう。

IMG_6493[1]
クラスが終わり、ホッと一息



最近特にこの「スッゲ~~~~~~」が口から出ることが本当に多い。

英語での本が1冊だけだけど、自分で読めるようにもなった。
「大きな栗の木の下で」が両手で弾けるようになった。
難しい計算が出来るようになった。
寝る前の本読みだって今ではルナが本を読み、ワタシ達が寝る時もある。
そして今日のプールでの出来事。


IMG_6501[1]


まだまだ「泳げる」という段階までにはいかないものの、まったく足が届かないプールにもかかわらず、怖がらずに水の中にいられたこと。



ホント、たくましくなったなぁ………
ホント、スゲ~~~~~~よ。



残り5回のレッスンが終わる頃には、今以上に日焼けをし、そして一回りも二回りも大きくなったルナが見られることだろう。


彼女の日焼けした顔が今とてもまぶしい。


IMG_6496[1]




今回取っているクラスのInfo
United Water Polo Club



ブログランキング。ポチリとね★



「子育てスタイル」↓こちらにもポチッと♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/545-ab3e6a2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。