上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                          扉の向こう側に・・・・・


      laboratory


           本日8時から11時までの3時間、ラボに監禁の身となっていたワタシ・ルナ・メイ

ラボとはなんぞや?という人にちと説明。
Laboratory(ラボラトリー)のことなのだが、こちらでは血液採取などをする時にお世話になる場所なのである。
ワタシが行っている産婦人科では同ビルディングにこのラボがあり、通常の検査は産婦人科内で、血液検査をする際にはこのラボに出向くのである。


25週の時に、糖の値を調べる為にグルコース入りのオレンジジュースを飲み、その1時間後に血液採取。
その結果、糖の値が高かかったので、再検査の運びとなりそれが今日に至ったというわけ。

ラボに予約を入れた際に受付の人に
「3時間、この待合室で待っていてもらいます」ということを言われた。
聞くと、3時間の間、1時間に1本ずつ血液を採取するらしい。
気になるのはコドモタチのこと。一緒にいても大丈夫なのであろうか?
それをスグに察してくれた受付の人。
コドモタチを連れてくるのは何の問題もない、とのこと。コドモタチが飽きないように、食べる物、お菓子、おもちゃ。。。。。。好きなものを持ち込んでもいいですよ、との嬉しいお言葉が。

パパには時間的に頼むのは絶対に不可能だと思っていたので、その言葉を聞いて一安心。

それでもどうなることやらと、昨晩はかなり不安を抱えていた。
3時間という長時間、同じ空間に果たしてコドモタチは耐えられるのであろうか?


もちろん飽きないように手を替え品を替えでいこうとは思っているけど、どうなることやら・・・・・

気が気でなくて、夜もきちんとは眠れなかった。



ルナには前日からしつこいくらいに言っていた。
「明日はママの病院で朝早く行かなくちゃいけないから、ヨロシクね」と。
「朝も早く起きてね」の言葉も付け加えて。

今朝、6時半にはルナ起床。彼女自身あまりにワタシにしつこく言われていたので、気が気でなかったのかもしれない。



          2
                       なんてことのない、受付の感じ



         1




         3





結果から言うと、とりあえずなんとかなってくれた。
塗り絵に絵本、ルナには宿題、そしてチョコレート山盛り(笑)
それらをとっかえひっかえ二人の前にちらつかせ、ギリッギリなんとかなった感じ。


ルナも今はひさしぶりのお昼寝をしている。よほど眠かった、疲れたのであろう。
メイはちょうどよいお昼寝時間に重なり、今は二人ともぐっすりなのだ。

ワタシはというと、とりあえず腹が減ったので(昨晩の8時から一切の食べ物禁止だった為)、帰宅後、即ランチをいただいた。




それにしても、30キロも太ったルナの妊娠の際には、30キロも太ったにもかかわらず、なんの問題も見られなかったのだ。
メイの時も然り。
3人目の余裕というのが、こんなところに表れてしまったのであろうか?
このワタシがまさぁ糖分でひっかかるとは・・・・・

もうこんな検査だけは勘弁。腕に4本もの注射の跡が妙に痛々しい。
再々検査がないだけを祈ろう・・・・・



残すところあと2ヶ月ちょいの妊娠生活。マジ勘弁してほしいと思うくらい体が重くなってきた。

ボコボコ動く腹の痛みにあわせ、「早く出てきても良いんだよ~」とそればっかりを願っているワタシなのだ。。。。


・・・・・・ってイヤ、まだ早い!まだなんの準備もしていないではないかぁ。
モノは充分にそろってはいるとはいっても、全てしまわれているベイビーグッズたち。
そろそろベイビーを迎えるにあたっての準備をしていかなくてはいけない。




それにしても、マジで眠い・・・・
たまに6時なんかに起きてしまうと、こんなにも眠いものなのかぁ?
とは言いつつ、「早起きはなんとかの得」という言葉もあるとおり、少しだけ得した感があることも否めない。

ハァァァ、たまった洗濯物でもたたもうかな





ブログランキング。ポチリと押しておくれ★


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/52-c765b029
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。