上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あんなに清く、美しい涙を見たのは初めてだ。


2歳児が流す“別れ”の涙。







一生忘れないでおこうと思った瞬間。

なぁんっちって(笑)そう思った時には自然と手はカメラを持ち、思わずパチリ。







            1


ルナからは
「ママ~~~、今写真撮ったでしょ~~~」って言われちまった。←まるで「不謹慎よ!」と言わんばかりの口調で。



前日あたりから「まいくんと一緒にニューヨークに行く!」声を高らかに言っていたメイ。


前回の来訪の際にも同じことを言っていたが、直前になって「行かない!」と豪語したこともあって、今回も同じだろうとタカをくくっていた。



ワタシ達二人は彼女をなめていたのだ。




今回は違う。

「ママとバイバイだよ~」と言っても、「お教室に行けなくなるんだよ~」
何を言っても「行く~」の一点張り。



そして別れの時。


路肩に止めたため、コドモタチを車から降ろすわけにもいかず、車の中での別れとなった。

ニューヨークに自分も行くために、自分用のキャリーバッグまで車に乗せていたメイ。

「さっ、みんなまいくんにバイバイして!」

その一言で全てを悟った。

号泣だ。


「やだ~~、やだ~~」連呼する。

そんな時の彼女に何を言ったところで、彼女の耳には何も届きはしない。


傍らでおとなしく「バイバイ」を言うルナ。
何も分かっていないコア。
そして............



絶叫をあげ続けるメイ。


結局ハグすら出来ないままそのままバイバイとなってしまった。



               2



帰りの車中でも号泣。
怒り、悲しみ、その全てを完全に体の外に出し、そして疲れて寝た。



悪夢から目が覚めるように絶叫しながら目を覚ます。
説得し、ようやく、ようやくいろんな事を悟ってくれた。



「一緒にまいくんと行きたい」という願いが叶わず涙したメイを見、彼女は心底まいくんを好きで、本心から「まいくんとニューヨークに行く!」と思ったのだろう。
その先のことなどは考えない。
「行きたい」から「行く」タダそれだけのこと。それが2歳児なのだ。


ルナなんかは、「一緒に行く」という事がどういうことかを理解しているため(家族と離れなくてはいけない、ことなど......)そんな言葉は一切口からは出ない。
「本当に行くの?」それだけをメイに確認していた。


2歳児がこんなに別れを惜しみ涙を流すなんて、予想だにしていなかった。(イヤ、彼女の場合、“一緒に行けなかった”と言う方が強いのかしら?)

それもこれも私たちの住む環境のせいだろうか。

現在ワタシ達の周りに住む友達以外の人間は、全て飛行機に乗らないと会えない。
そして、楽しい時間には必ずリミットがあるのだ。

ダイスキになった人とずーーっと一緒にいられない。いつかその人は自分の家に帰ってしまう。その家はとても遠くにあり......



そこまでを理解するのは無理だろうが、リミットがあるからこそ、一緒の時間は最高の時間にしていきたい、“出会い”というものはそんなに数多く存在するのではなく、だからこそ一つ一つの出会いを大切にしていきたい、つまりは“人”を大事にしていきたい、いつかそんなことを思ってくれたらなぁぁと、メイの涙を見て思った。
イヤ、メイはそうなるだろう。



あの時のメイの声、涙、顔、彼女は人を大事にしてあげられる子になるだろうと確信した。



そして、ワタシ自身もっともっと人に愛情を注げるようになりたいなぁと思ったりなんかして.....(なにぶん3人のコドモタチに注ぐ愛情だけで精一杯。逆に枯渇しちゃってるくらいだからネッ)
・・・・・・・・・・・・・・エッ?パパは?)



「家に着いたよ~」の電話をもらい、あまりに普通に電話をしていたメイ。エッ、あの時の涙は???って思っちゃうくらい。


いつか行けるといいね、New York Cityに。

みんなで・・・・・・・・・・


みんなで・・・・・・・・・・


                       3
                            唯一今回の二人だけの写真。
            二人ともコドモタチの写真を撮るのに精一杯で、まったくワタシ達の写真を撮ることを忘れていたヨ。
                           10年後もこんな笑顔で写真に残っていたいね





ブログランキング。ポチリとね★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/493-6ea5c3d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。