上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いなぁ・・・・・

コア、誕生してからもう11ヶ月も経つなんて。
来月には1歳の誕生日。


            せつこ




・・・・・・・誕生日だ。
4月は我が家には誕生人が3人もいる。

なんて密の濃い4月なんだろう。


・・・・・・誕生会。

メイとコアの誕生会。

どこで何をしようかしら????


まだ何も決まっていない。

  せつこ2
                     ドアップすぎなんですけど・・・・



さてさて、誕生会への想いは今日は置いといて。



今日はコアの話をちょこっとだけ。
(少し溜まってしまったコアの写真を載っけるのがメインなんだけどね。)


11ヶ月を明日に迎える彼女の様子を。


ひとり立ちを完璧にマスターし、その上歩きだすようにもなった。
数日前までは2,3歩だけだったのが、数日前にはいきなり5歩以上、10歩近くも歩くように。
かなりバランスもとれてきたらしく、フラフラ~っとなり結果しりもちをついてしまうことも多々あるが、それでも確実に長く、歩けるようになってきた。


早いねぇ・・・・・・シミジミ。
↑歩く、という動作を見た瞬間に「赤ちゃん」というカテゴリーから脱してしまった気が急にしてしまう。


1歳前にはすんなりヒョコヒョコ歩くようになってしまうのだろうか?
これだけは、もう少しゆっくりでもいいよぉと願ってしまうのだが。

  歯
                         下2本


  歯2
                     上4本(写真では全部見えてはいないのだが)
                       計6本の歯が生えている


**離乳食**
こればっかは“きちんとしている!”と大きく言えないところ。
アレルギーのためこの位の月齢の赤ちゃんが食べられるような物を食べさせられないため、コアに与えるものといったら90%は野菜。
ご飯もね、まだジュルジュルな感じがいいのかなぁと思い、ドロドロ状態にしてあげるのだけれど、あまりお気に召さないようで。
かといって粒を少し残すと、これもイヤらしい。というわけで、もっぱら野菜を柔らか~く茹でてそれをつぶしたり、時には小さくキューブにしてあげたり。
あとはね、自分で持って食べるのが好きらしく、食パンをそのままハイッとか。
(食パンが食べられるってことは、おそらく小麦には反応していないみたい)

そうそう。この前恐ろしいことにルナとメイが食べていたチキンナゲットを食べてしまって!

ゲゲ~~~ッ。

まだ1歳にもなっていないのに、しかもこの子アレルギー持ちなのに。。。。。
もちろんすぐさま手から離そうと思ったのだが、力の強いこと強いこと。
ギュッと握りつぶしたまま全くもって手をこじ開けられなかったので、しょうがなくそのまま食べさせた。
「知らないよぉぉぉ、あとからブチブチになってしまっても←半ばヤケ


でもね、一個丸々完食したのにアララッ?ブチブチにはまったくならず。
結局全然大丈夫だったんだよね。
どうしだろう?あんな冷凍のチキンナゲットを食べて大丈夫だなんて。

かといってそれ以来チキンナゲットをあげることはもちろんないのだが、今でもそれだけは不思議。



  車中
                 超寝起き。目を開きすぎて、こぼれちゃいそう(笑)



**オッパイ**
まだまだ全然あげている。
あげる間隔だって3時間おき。それだって産まれてからまったくもって変わらない間隔。
離乳食が限られている、というのもあるし、何よりやはりとても便利なのだ。オッパイというのは。
洋服をぺロ~ンとめくれば食にありつけるコア。
最近では蛇口の栓を開け閉めするかのように、自らの口?舌?でオッパイの加減を調節する彼女。
ちょっと前までは給水車といわれていたワタシのオッパイは今ではもはやポンプ車のごとく彼女に食?水分?を供給している。
どんなに泣いていようが、ぐずっていようが、オッパイを目の前にすればおとなしくなる。

数週間前、家族全員が風邪の被害に遭った時も、オッパイだけがコアの頼みの綱であった。
鼻水ジュルジュルで上手くオッパイが吸えないのだけれど、それでも懸命にオッパイにすがりつく姿は、ワタシだけが味わえる充実感。
ウィルスと闘う小さな体に与えられた唯一の生命線。


何から何までおっぱいサマサマである。

予定では後半年くらいはオッパイをあげ続けようかなぁと思っている。
1歳半で断乳。メイの時もそうだった。
その頃になり、かなり食べ物への耐性も出来てくれるようになり、水分も他のもので補うことが出来るようになってくれれば、自然とオッパイバイバ~イとなるのかなぁって。

ともあれ、「後半年、ワタシのオッパイ、よろしくお願いしま~~~ス。」


  車中2
             平日の午後は、家の中にいるよりも車の中にいる方が多いんじゃない?
    っていうくらい、色々な所に連れて行かれるので、必然的に車中の写真が多いんだよね(苦笑)




**性格**
三女という境遇のせいだろうか?
とても甘えん坊の気がする。
そして片やすごく怒りん坊。
こんな月齢でこんなに怒っちゃうわけ???と思うくらい、気に入らないことがあるとキューキュー言いながら怒っている。←そんな所がまた可愛いと思ってしまうイタイ親。

あまり私たち親からベタベタされないコアの現状からすれば、主張なくしては我が家では生きてはいけない、ということを肌で感じているのであろうか。
自己主張の強さはメイのはるか上をいく。
気の強さも3人のうち一番かなぁって。だけど人一番甘えん坊だったりで。
そしてまた“甘え方”も上手いんだ、これが。

ついこの前はポポチャンをめぐり、メイと二人でマジ喧嘩をしていた。
11ヶ月と2歳11ヶ月のマジ喧嘩、オモロかった~(笑)
ルナも加勢し、てんやわんやになってしまっていたのだが、あまりにもコアの怒り方、そしてメイの嫌がり方(メイはその時点で大泣きしてたし)が半端なかったので二人の喧嘩を止めることもなく、ジーッとパパと二人で観察。
(結局、ルナが違うぬいぐるみをコアに持ってきてあげる、というオチで事態は収拾)


         車中3
               眉毛の上のシワ?が最高にカワユイ♥


**ルナとコア**メイとコア**
それぞれに関わる方法は違うけれど、ルナと接している時、メイと戯れている時、どちらの時もコアは本当に楽しそう。
ルナは確実に自分がお姉ちゃんであると認識した上でコアと接するため、どうしても面倒を見る、お世話をする、という立場に立つことが多い。
かたやメイは、“共に遊ぶ”という立場でコアと接する。

立ち位置が違う二人の姉の真ん中を行ったり来たりするコア。
時にはワタシに怒られる前に姉に注意をされ、時には姉二人にもみくちゃにされながらも最高に幸せそうな声でキャッキャと笑い、姉達の食べるお菓子が食べたくて食べたくて、カス一つでも下に落とそうものなら高速ハイハイで近寄り、一人で立ち上がるのを見れば喜び、歩いた日には、狂喜乱舞する姉達。


この子はホントシアワセ者だなぁと思ってしまう。




           zzzz
                       ↑↓同じ日の寝姿
           zzzzzz


ぶっちゃけ、コアの場合は予想外の妊娠で、発覚時は“戸惑わなかった”といったら嘘になる。
(3人は欲しかったの。でも、メイが4歳5歳くらいになったら、もう一度一から赤ちゃんに触れたいなぁと思っていたので)


でも、今にして思うことは、この子はこの時期を選んで“私たち”の元に降りてくれたんだと。
来年でもなければ、それ以降でもなく、2008年4月に生まれる、ということを彼女自身が選んで“私たちのもと”に生まれてきたのだと。


大変なことも多い。イヤ、確実に大変になりつつある。
ルナの生活。メイの生活。そしてコアの生活。
3人が同じようにハッピーに過ごせるべく毎日を奮闘しているつもりだが、それでも「大丈夫?」「みんな不満とかない?」と思う日もあったり。
ただ元来後悔・反省という辞書がワタシには備わっていないため、同じことの繰り返しもものすごく多いのだが(苦笑)

だけど、日々忙しくする中で、見過ごしてしまいそうなひとかけらの想いでもこうして文章にすることで、ワタシの育児に対しての姿勢が間違っていないんだ(←イヤ、育児に正しいも間違いもないのだろうけど)これが今のワタシらしい方法なのだと再確認できる場があるだけでもヨシ!なのであろう。


あと33日で1歳を迎えるコア。
365日間、無事に生き抜いてくれた感謝の気持ち、そしてこれからもヨロシクね、という気持ち、様々な気持ちが交錯する中で、こんな素晴らしいコドモタチに囲まれたワタシは本当に幸せだなぁと思う日々。


出来は良くないが、こんなママを頼むね!

そんな感じである。



        車中4




ブログランキング。ポチリとね★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/480-ea7561cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。