上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

       最近、たま~にだがメイがパパとワタシを独占できる時間、というものが出来る。



    1
          カチューシャがずれちゃって、微妙にボヘミアンみたいになってるし(笑)



大抵はルナの昼寝の時間、もしくは夜ルナの方が早く寝てしまった時などだ。

ルナがいない時間のメイの過ごし方。
面白いほどにウザくなるメイがたまらなくかわいい(笑)
普段あまり「かまってかまって」を言わないメイ。ルナの方がいまだに一人で遊ぶのが苦手で、常に「ママ~一緒にあそぼ~」と言ってくるのだが、ルナのいない時間はまさにメイの天下。

ここぞとばかりに「ママ~、パパ~」と言っては私たちに擦り寄ってくる。
特にパパを独占できる、というのはメイにとっては至福の喜びであるらしい。
パパの体にピタッとひっつき、手を変え品を変えで遊んでもらっている。


昨晩もこのシチュエーションになり、編み物をする私の傍ら、テレビを見るパパの傍らにおもちゃをしこたま持ってきては遊んでいるメイがいた。


ふとそこでパパが口を開いた。
「メイもあと3ヶ月もしたらポジションがひとつ格下げだもんな~(笑)」と。
「それまでどのくらい成長するのかなあ?」だって。



そっかぁ!4月にはナンバー3が生まれ、メイは2歳0ヶ月にして妹が出来る身分となるのだ、ということを今更ながらに思った。
生後半年ほどは寝たきり状態であろうと思うので、メイのポジションが変わることはないだろうが、確実に自分よりも小さいベイビーに対し、彼女はどう対応するのであろうか?

                           baloon



ただ今生後1歳9ヶ月。ボキャブラリーも格段と増え、自我もそうだし、確実に成長しているメイ。
何をするにもルナと一緒ではないと気がすまない。ルナが持っている物は自分ももちろんのように欲しい。
ワタシなんかからすれば、ルナに①をあげたらメイには違う②をあげ、それを二人交換で使ったりなんなりすれば良いではないか、と思ってしまうのだけれど、そうにはならないのが1歳9ヶ月。
ルナに①なら自分にも①なのだ。色違いですら彼女にとっては渋々承知なのである。


          3




アンパ~ンチ←アンパンマン”と“キキー←キティ”が大好き。
それよりも好きなのが“食べ物”だ。
一日中口を動かしていたいらしく、口が動いていないとこちらが逆に心配になるほどである。

食事をしているメイを見るのがワタシは大好きである。
「オイチイ、オイチイ」と言っては目を細め、食べ物を口に運ぶメイ。
最近では一人で食べてくれるようにもなったので、食事時間はだいぶ楽になった。
ワタシはというと片手にタオルを持ち、メイの汚くなった口元やら手を拭くのが専らの仕事である。

だが、その食べ物のおかげでここ数日お尻のトラブルに見舞われている。
「オムツかぶれ」でお尻がグッチャグチャなのだ。
原因は『うんちのしすぎ』これに尽きる。1日に5回も6回もウンチをしていれば、そりゃぁどんなお尻だろうがかぶれるよ・・・・・。
ワイプで拭かれるのが相当痛いらしく(血も出ているくらいだから相当なのであろう)悲鳴をあげるが、薬をぬればその痛みもウソのように
消えるらしく、ケロッと復活。
そしてその数十分にはまたウンチをしてみたり(笑)



   2


言葉の理解力などはルナの同月齢に比べてかなり上である。
それほどまでにルナからの影響を受けている、ということではないだろうか。
2番目が1番目から受ける影響というのは、ワタシの予想をはるかに超えている。同姓同士だからであろうか?性格も同じとは思えないし、気が合うとは到底思えないルナとメイの二人だが、ルナが一時期ワタシの形態模写ごとく、口調までもがワタシになった時のように、メイが今ではルナの形態模写であるのだ。

このままいくと、ルナの早口でしかも滑舌の悪さまでそっくりそのまま受け継いでしまうのではないか?と少し不安なくらい。





一人っ子のワタシにはまるで予想もつかないことをするメイ。
ルナとはまた全然違うかわいさを見せてくれるメイ。
おもちゃを散らかすことにかけては誰にも負けないメイ。
泣いてアテンションプリーズすることが半ば特技とまでになっているメイ。だが私たちのほうが二枚も三枚も上手。その手には乗らんよ~(笑)
髪の毛が伸びたな~と思うと、ばっさり前髪カットされてしまうメイ。まん丸お顔がたまらなく似合ってるのよ。
ルナの真似して「オッパッピー」をする時のなんともいえない表情を見せるメイ。
「ごちそうさま~」をした後、茶碗を持ってキッチンに運ぶ途中で息絶えて眠ってしまうメイ。






メイの何から何までが大好きなママとパパである。

あと数ヶ月でもう一つの命が生まれ、アナタも複雑ながらおねえちゃんになるのです。
どんなおねえちゃんになるのでしょうか?
今までのように「わが道を行く」でナンバー3に惑わされることなく、自分の道を歩んでいくのでしょうか?
それともお決まりの「赤ちゃん返り」という道を歩むのでしょうか?

別にどちらでも構いません。どちらに向かおうが、それはアナタが選んだ道。どんな道を選ぼうが、ワタシは喜んでその道をアナタと共に歩んでいくでしょう。


好きなように歩んでください。2番目だからと言って、よく言われる「2番目の窮屈さ」みたいなのを感じずに、伸び伸びと生きてください。
ワタシもそういう環境を常に保てるよう、努力します。それくらいしかワタシがアナタにしてあげられることはないのですから。


まだ早いかもしれませんが、これらの言葉が3ヵ月後にちょこっとだけおねえちゃんになってしまうアナタへのメッセージです。


ルナがいない間の唯一の時間。
ワタシだけのパパとママ、とアナタはそう思っているかもしれませんが、ママやパパにとってもメイは唯一のメイとの時間なのです。


             ルナでもない。
        ましてやお腹のベイビーとも違う。



いつまでも私たちだけのかわいいメイでいてください。






ブログランキング。ポチリと押しておくれ★


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/46-7afffe59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。