上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.16 piano recital 2008




        gingerbread house
    学校で作ってきたGingerbread House 全部が全部一人で作ったんだって!









14日、日曜日。
ルナの初めてのピアノリサイタルがありました♪



リサイタルといっても、プチ発表会て感じかしら?
年に2回、ルナのピアノの先生主催のリサイタルが行われるらしく、もう一方の方はきちんとしたホールでお客様も招待したりの大きなものらしいのだが、今回のリサイタルは、子供とその親だけが観覧する小さい規模のもの。




8月から習い始めたピアノも、早4ヶ月。比べる人がいないのでなんとも言えないが、なかなかいい感じに上達していると思う。
まだドレミファソしか使わないような楽曲しか弾いていないが、器用に5本の指を使って弾いている。
併用してフォルテやピアノなどや、手首の曲げ方や、指の置き場所なども細かく教わっているらしく、毎週覚えることは多々ある。


確実に毎日練習させることは出来ていないのだが、それでもルナなりに練習しているかな?




さてさて、今回のリサイタルの楽曲は約3週間前頃に決まった曲だ。
なかなか調子良く弾くことが出来るようになったある日、ふと先生に訪ねる。



「楽譜は見て弾けるんですか?」

答えはNOであった。




暗譜かぁぁぁ。。。。。


先生は「大丈夫ですよ、ルナちゃんならば」と言ってくれたが、これがどうして、ワタシ的には不安材料であった。

まずどうやって暗譜までもっていくか、というところから始まった。

とりあえずドレミで歌えるようにするところからのスタート。つまずいてしまったとしてもドレミが分かっていればリカバーできるであろうと思ったので。
それと併用して、少しずつ音符を隠してみる。



何度か練習していくと、必ず同じところでつまずくのだ。
指がそう覚えてしまったのであろう。
これを直すってのがまた大変な作業になる。
どんなに分かっていても指が勝手に覚えてしまっているから、なかなかどうして、ってなる。


ルナは基本調子が良いとアゲアゲになってくれて、どこまで登るの~ってくらいテンションがあがってくれる。
そうなればあとは楽勝!こっちも褒めるだけ褒めちぎれば万事がOKになるのだが、逆はまぁぁぁひどい!
テンションが下がってしまったが最後。地面に潜ってしまうんでは?????と思うくらいにドド~~~~ンと下がってしまう。
それはそれは笑っちゃうくらいに←失礼な!



なので、暗譜の練習の際、このルナの性格が元で何度も何度もつまずいた。
出来ないことが許せない。だけど出来ない。何度も何度も弾いているのに・・・・・・
ちょこっとワタシが注意してしまうと、もっと大変なことになる。
まぁ、そんな時は練習中断。リフレッシュをしてからの再スタートとなるのだが、やはりこれが大変で......



ラスト1週間でようやく形にもなり、暗譜にも抵抗がなく弾けるようにまでこぎつけられた。



あとは本番を待つのみ。



*******
当日。
諸事情からトップバッターを切ることとなったルナ。

          piano ricital


「頑張ってくれ~~~~~」
心の中で叫び続けた。



緊張のあまり始めの礼の顔があまりにもひきつっており、ワタシまでも緊張が伝染する。


1曲目。肩がガクーーンと下がり、うつむいて弾いている様子に、哀愁漂いまくり。
実は前述していた何度もつまずいてしまうのがこの1曲目で、ルナ自身あまり好きな曲ではなかったのだ。


ドキドキしながらその部分に耳を傾ける。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


間違わずに出来た~!!!!!


ほんの一瞬考える時間があったようだが、なんとか、というかワタシ的にはほぼ完璧に弾くことが出来た。



2曲目。
こちらの曲はルナの大好きな曲だったので、なんなくクリア。
相変わらず哀愁たっぷりの背中を皆に見せながらも、きれいに弾き終わった。



ものの2分弱くらいで終わったルナの初舞台。

ウルウルものだったなぁぁぁ・・・・・・。


正直マジで感動しすぎて泣いてしまうかと思ったよ(苦笑)







お疲れ~~~~~。




いやぁ、こんなに自分が緊張するとは思わなかったよね。
中学の頃に卒業式の送辞を全校生徒の前で言ったことがあるが、その時よりも数倍緊張した気分。



当の本人に終わった後緊張したかどうかを聞いたところ・・・

「ぜ~~~~んぜん!」
だって(笑)



そっかぁ、子供ってそんなもんだよね(笑)


それにしても、ルナは結構本番に強いとみた。
イヤね、8割方間違えてつまずく、と予想していたんだよね。
それが、蓋を開けてみれば見事間違うこともなく、リズムもきちんと取ることが出来、パーフェクトに弾くことが出来ていた。



なかなかやるじゃ~~~~ん、である。





というわけで・・・・・

ワタシが四の五の言っても始まらない。




是非是非ルナの初舞台を皆さんに見ていただきたい。




ということで、どうぞ~~~~~




piano recital 2008

曲:Ode to Joy
Eensie Weesie Spider




ブログランキング。ポチリとね★


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/448-5ee54813
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。