上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コア、気づけば生後5ヶ月になっていた。



    2

5ヶ月検診はなかったので、1ヶ月でどのくらい成長しているのかは分からないが、確実に横にも縦にも成長しているのは間違いなし。


すでに6ヶ月用の服では気持ちパツパツ。
腕を通すのがやっとなので、そろそろ9ヶ月用の洋服を用意しなければ。

          4



お座りも8割がた出来るように。まだ体が前のめりになってしまうので、一人で座れる時間はものの数分。

だが、先週よりはだいぶしっかりもしてきたので、来週末パパが帰ってくる頃にはもしかしたら一人お座りが完成しているかも。


          1



相変わらず我が家のアイドル、コア。

ルナもメイも存分に可愛がってくれている。特にルナの可愛がり方は、お姉ちゃんのそれ、というよりはもはや母の可愛がり方に近いかも。


下にはメイという強力な妹がいるので(ルナもメイの取り扱いには四苦八苦中)ベイビーのコアは思う存分可愛がることも出来るみたい。


           5
       メイのぶれようが笑える。どんだけ動いたらこんなにぶれてしまうのか(笑)




二人の姉に可愛がられて、ホント コアは幸せ者だと思う。






さてさて、今日の本題。


ここ1ヶ月ほどの間に、コアの様子に変化が出始めた。
顔に見慣れたボツボツが出来始めてきたのだ。



生後2ヶ月頃に出来た乳幼児発疹とはわけが違う。ボツボツというよりは、真っ赤な、いかにも「あれ」というような症状。


・・・・・・・・・・・・・。
「あれ」とは、メイの時にもあった、アレルギーの症状である。



コアもメイ同様よだれがとても多いベイビーである。
すでに1日に平均5枚はビブ(よだれかけ)を替える毎日。

パパなんかは「よだれかぶれではないか?」と言うのだが、ワタシは「いや、それだけが原因ではない」と踏んでいる。

まったくメイの時と同じかぶれ具合なのだから。

    koah
  これはまだすごく軽い方。だが、うっすらとほっぺが赤くなっているのがお分かりになるであろう。




メイのアレルギーは100%食物に対してのアレルギーであった。

生後10ヶ月で行ったアレルギー検査の結果は、卵・チキン・乳製品・小麦粉であった。


小麦粉はそんなに強く反応するわけではなかったので、麺類は気にせず食べさせていたが、卵に限ってはいまだに無理。
お菓子とかに入っている程度ならば大丈夫なのだが、先日生卵を触ったスプーンを誤ってメイに使わせたら、突然顔中真っ赤っかになってしまった。


自分でもこやつを食べると体に変化が生じる、と分かっているのであろうか、決して自分から卵料理に手を出すことはない。あの食いしん坊のメイがだ!乳製品も同様、あまり食べることはない。



1歳になるまでは見るに見かねるほど汚かったメイの顔も、1歳を過ぎたあたりからきれいになり、今では普通の子供と同じくらい、ツルツルピカピカである。


食物アレルギーに関してだけ言えば、体に耐性が出来ると同時に、成長と共に徐々にやわらぐ、と書かれている通り、今ではあのときの苦労はなんだったのか?というほどにほぼ何もなく食生活を送っている。




そして、コアの顔。

ちょうど2年前にこの真っ赤っかの顔をイヤというほど見てきたのだ。
ほぼ間違いなくアレルギー、そして今回もおそらく「卵」によるアレルギーが濃厚だな、と。


メイのアレルギーの結果が分かったと同時に、ワタシの食生活もがらりと変わった。おっぱいからメイの体に吸収してしまうのであるならば、ワタシも卵、乳製品をクチにすることは出来ない。


大好きな卵を断乳する1歳半まで絶ったのだ。




ということで、試しに卵を絶ってみた。




ホラね、やっぱり!



2,3日後にきれいになってきたコアの顔。




確信。




念のため、その後卵を食べてみる。




やっぱり出てきた!!!




今回の犯人も「卵」だ。



それからはまた大好きな「卵」を絶つ日々が続いている。







メイの時に苦労した分、今度は心構えもあるし、知識もある(つもり)。


離乳食の時期も大幅に遅らせることに決定。
(早めに離乳食を与えることで、余計な刺激を与えたくない、という理由から)



アレルギーの直接的な原因というのは、分からないらしい。

お腹にいるときのワタシの食生活が原因とか、それ以降の食生活が原因とか、いろいろと説はあるらしいが、どれも信憑性に欠ける。


どんな原因でも今となってはどうでもいい。大事なのは「コアがアレルギー持ち」だという事実だ。


メイとコアに共通するもの、どうしてルナだけが何もないのかってこと。これには多大な感心があるが、上記で書いたとおり、これ!といった原因を特定できることはできない。



これから冬に向かい乾燥が激しくなるので、これにも気をつけてあげねば。
メイは今でもそうだがかなりの乾燥肌だ。要は肌が弱いのだ。

おそらくコアも同様であろう。

今まであまり肌トラブルに見舞われたことがないワタシからすれば、肌が弱い、というのはなんともかわいそうなことだと思う。
やはり女の子であるから、キレイな肌の方が断然いいはず。


コアの場合、これから先どのくらいこのアレルギーと付き合っていかねばならないのかは定かではない。


だが、最後まできちんと付き合ってやろうじゃないか。


どうか、キレイな肌になりますように・・・・・・。




    3
       こんな可愛い寝顔を見せられちゃぁ、家族全員メロメロになるはず。










ブログランキング。ポチリとね★





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/411-8f38b784
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。