上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MAY
                今日の出番はありませ~~~ん




ハナシは遡ること、24日の夜。


・・・・・・・・・・とその前に、前置きのハナシをしておかねばいけない。
* これがまた長文なのだが、お付き合いくださいませ。
    そして、写真と本文も一切関係ございません! 


      TEPPAN-YAKI
                        昨晩の夕食。
                      我が家では初めての「鉄板焼き」
                        いやぁぁぁ、興奮したなぁぁぁ




<前置きのハナシ>
ルナは生まれてからそれこそ先日の12月24日まで、 「一人で寝た」ことがない。
「一人で寝たことがない」ということがどういうことかというと、一人で自発的に目をつぶり、睡眠に入る、という意味。

寝る前の絵本をルナが深い睡眠に入るまで読んでいたら、それこそ毎晩10冊は読まなくてはならないであろう。
というのも、最近では本の内容がかなり分かってきたので、話の中に入り込んでしまい、気づけば眠気もどこかに行ってしまうらしい。

というわけで、寝る前の絵本読みは我が家ではもっぱらメイちゃんだけの特権である。
ルナはその日の気分で、聞きたいときは寝ないながらもワタシの隣で聞いている、というわけ。そしてメイが眠りにつけば私と共にリビングへ戻る、という感じ。


もちろん努力をさせたことは数知れず。
「眠れなくても目をつぶっていなさい。じゃぁね、おやすみ」とワタシだけリビングに戻る。

数分後、申し訳なさそうにベッドルームのドア影から、半身だけこちらに見せる小さな影あり。

(ため息をつきながら)いいよ、じゃぁこっちに来て、眠くなったらソファで寝なさい」となる。

ちなみにリビングのソファなら、それこそ自ら進んで眠りに入るのだ。
隣でトントンなんてことはこの数年ルナに対してはやったことすらない。


ここアメリカでは日本と違い、生後間もなく両親とベッドは別にする家庭がほとんどだ。もしくは部屋すら違う事だってある。
同じベッドで添い寝を、なんてのはほぼ聞かない話。部屋すら違ったりするわけだから、それこそ「一人で眠る」という習慣は、物心つく前から備わっている私から言わせれば特技!?なのだ。

まぁ、ウチの住宅事情から考えて、はなからルナ・メイに部屋を分け与えるということが出来ない状況で、アメリカ人家庭と比べても仕方のないことだし、添い寝の何が悪い!という半ば逆切れチックな意見を私自身もっているので、別にいいっちゃぁいいハナシ。

      TEPPAN
                 何が楽しかったって、準備をしている時が一番楽しかった。
              ルナと一緒に作った「しいたけの肉詰め」ひき肉コネコネはもちろんルナの仕事
                          「うずらの肉巻き」                       
                          「えのきの肉巻き」                          
              その他にもルナには大根をおろしてもらったり、とルナも大忙しで作業を。 
 



                
<ここら辺りからようやく本題に・・・・>
だがそれも4歳児相手、ともなると少々話も変わってくる。確かにそろそろ一人で眠れる術を身に付けて欲しい、と願うものだ。


少し前ならば、一人で寝れない理由というのは、ただ単に「寂しい」という感情だけだったのかもしれない。
そして誰もいない部屋(メイは隣でスヤスヤ中)で寝るという習慣が全くない彼女にとって、術すら知らない、というのも理由であったのかもしれない。
それが最近では、そこに「恐怖」という感情が備わりだしたから、これは厄介になってきた。
メイが隣にいるとはいえ、ベッドの上に目を開けているのはワタシだけ。
スピーカーからはクラッシックが流れてきているとはいえ、静かな部屋にワタシだけ・・・・・・


この環境を怖い、と思いだしてしまったらもうダメであろう。

もう二度とルナは一人では寝ないな、とさじを投げていたところであった。

そして、ルナの睡眠環境についてもう一つ提言しなければならないことがある。

それは「昼寝」

ルナはいまだに昼寝をする。
お教室のある月水金は帰りの車の中から、もしくは家についてからの5時過ぎという時間から約1時間半程度。

この昼寝の始まる時間によって夜の就寝時間が大幅に遅くなる、というのもルナが一人で就寝出来ない理由の一つにあげられる。
5時過ぎから寝てしまうと、到底メイが眠りにつく9時という時間はルナにとってはまだ元気いっぱい。そんな時は結局ワタシと一緒の就寝時間(11時以降)となるのだ。


9時ごろに寝て欲しいとなると、やはり昼寝は邪魔なものになる。
「昼寝」というものに反対どころか賛成派のワタシにとって、「昼寝をするな!」とルナに言うのはなかなか辛いところでもある。

だが、その代わり夜早く寝てくれるのであれば、その選択肢というのも有りなのではないか、と最近では思いはじめていた。




とはいったものの、なかなか長い道のりであったのだ。

そうあの日が来るまでは・・・・・・


       TEPPAN2
                     このはまぐりくらいの大きさの貝。
                         うまかった~~~~~!!!!
         かきは、“あたる”のが怖かったワタシとパパは恐る恐るたべていたせいもあり、おいしさ半減。
                ビクビクしながら食べるかきはまずい!という結論に達する。






12月24日、夜。その日のルナは昼寝をしていなかった。

9時。メイの就寝と共に少しだけ眠そうなルナを連れてベッドに向かう。
5分もしないでメイ落ちる zzzzzz

今までならばワタシと共にリビングに向かうのだが、7割がたは眠いルナ。
そんな彼女にワタシは言う。

「早く寝た子だけにサンタさんは来るんだよ~」 (半ば脅しともとれる発言)

信じて疑わないルナは、ギュッと眼をつぶる。

「一人で寝れる?」
「・・・・・・ウン」
「じゃぁね、おやすみ」


・・・・・パタン。
ドアを閉める。

2分後、様子を見に。
しっくりとこないルナ。フゴフゴしながらも努力をしている様子。ばれないように、静かにその場を立ち去る。

10分後、再度様子を見に。

「奇跡!!!!」


布団はぐちゃぐちゃ。よほどすんなりとは寝付けなかったらしく、ベッドの上を縦横無尽に動いていたであろう様子が伺える。
だが、そのぐっちゃぐちゃの布団の上で、小さくうずくまった型で眠りについたルナの姿が。


初めてのことだった。

4歳13日目にして成し遂げた偉業である。

急いでママサンタはプレゼントをルナの枕元にやったのだ。。。。。。。




翌朝、サンタさんからのプレゼントを手にしながらルナは思ったであろう。
「一人で寝れたからサンタさんがプレゼントを持ってきてくれたのだ」と。(一人で寝れたことを褒めた時にワタシもそのセリフは口にしたのだが。)

       X'MAS PRESENT
               こういう系のプレゼントは、中身がなんであれ興奮してしまう。
                      <実際の中身はイタリアン食材セット>




あれから数日が経つ。
相変わらず昼寝をする日もあるので、毎日ではないにもかかわらず、昼寝をしない日などはメイと一緒の時間には眠りにつくようになったルナ。

夢だったのだ。
「お休み~」と母親と子供お互いが声を掛け合い、子供が一人で眠りにつく、という姿が。

一人でベッドにいることに怖がる様子も見せず、簡単に読める絵本を毎回1冊持たせておけば、いつの間にか眠りについているルナ。
自分自身も今まで散々ワタシに言われて出来なかったこの「一人で寝る」ということが、結構簡単に出来てしまった、ということが自信にも繋がったらしい。



こういった経過から、今年はワタシまでもがサンタ様様であった。
何かの力を借りて、というのがなんとなく好きではないワタシではあるが、今回に限っては結果オーライである。

サンタパワーのおかげで、9時すぎから12時ごろまでの時間、本当に本当に唯一の自分の時間が持てるようになり、毎日この時間がくるのが楽しみでしょうがなくなった。
とはいいつつ、その頃にはワタシもヘロヘロだったりして、普通に10時にベッド・・・・なんてこともあるのだが(笑)





4歳になったばかりだというのに、気持ちは5歳に向いているルナ(笑)聞けば、早く学校に行きたくてしょうがないらしい。
そして今日は登場がまったくなかったメイ。彼女の最近の成長ップリというのもいつかは書かねばいけないのだが、それはそれはすごいスピードで成長している。


2007年も残すところあと2日。
我が家は相も変わらず、子供に振り回されっぱなし(イヤ、ルナ・メイにしてみたらママに振り回されっぱなし、と答えるだろうか!?)ではあったが、笑いあり、涙あり、雷頻繁にあり、のそれはそれは楽しい1年であった。




今日・明日で2007年を振り返り、来年の目標でも掲げたいところなのだが・・・・・・
そんなヒマな~~~~い!
今日は朝から餅つきなんだよね~~~<楽しみ!>



ブログランキング。ポチリと押しておくれ★


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/40-403c67e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。