上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.04 悪夢が襲う
今日は2月3日、そう“節分”だ。
朝、『今日はおに頼むね。』とパパに言われたのだが、最初は???だった。
あ~そうかと、パパに言われて気付いたのだった。


毎週金曜日はパパの帰りが遅いので、私が鬼の役目を請け負った。
お教室の後にスーパーで豆を買い、夜豆まきをしようと、昼間買った鬼のお面付き豆を袋から取り出した瞬間・・・・・。


節分

ルナ号泣





号泣







伏せ!








これはちょこっと面白い←本物の鬼。それは母!?と思い、そのお面を顔に付けたところ、ひきつけを起こすんじゃあないかと思うくらい、もの凄い勢いで泣き出してしまった。
さすがにヤバイと、鬼のお面をすぐさま隠したのだが、ルナが泣き止むことはなかった。

よっぽど恐かったのだろう。それから1時間は、『こわい~ダメよ~』を連発し、鬼はとっくに隠してしまっていないのにもかかわらず、ずっと泣いていた。


これから、何かルナが悪いことをしたら『鬼さんが来るよ~』と言えば効果があるのだろうか。
でも、あのビビリ方は尋常ではなかったし、ちょこっとかわいそうな気もする。

ルナをなんとかなだめて、それから『鬼は外~福は内~』をした。
そして、豆を食べた。その頃にはやっとルナの機嫌も直ってくれた。
ルナはこの豆が何気に大好き。何の味もないこの豆を私の分まで食べてくれた。

また一つルナの嫌いなものを発見。

それにしてもこのくらいの子供の“恐怖感”というのはいつ頃から生まれるのだろうか?
ルナの場合は、1歳半の頃から正確に“恐い”という感情を覚えたような気がする。
“喜怒哀楽”もその頃から身についてきたようだが、感情というのはとても漠然としたもので、形があるわけではない。
目に見えないものをルナの心が感じ、それを言葉に表すことが出来るようになってきたのだ。
また一つルナの成長を垣間見た。

それにしても今日ルナは悪夢にうなされるのだろうか?

事実、寝る直前まで『鬼、バイバイよ、ダメよ~』とメソメソしていたから。





風邪引きさん~・~・~・今日の1枚~・~・~・
2日ほど前に撮った写真。この頃がルナの風邪もピークだった。
熱も39度まで上がり、『あれ?やばいかしら????』と少し心配してしまった。
今は熱も下がり、鼻水と咳だけ。でも体力が落ちているのか、少し動いただけで、ぐったりとしてしまっている。
そして、私、パパまでもがまた風邪の兆候。も~~~、今年の風邪嫌い!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/351-bd17b979
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。