上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.31 ビバ!和食

まずは、我が家の昨日のご飯から。


3
 肉じゃが
 コンニャクのいり煮
 ぶりの照り焼き
 豆腐の味噌汁 
       以上。


完璧な和食、だね。1週間のうち4日は和食になってしまう我が家の食卓。

1年前から大事にしている“ぬか床”と、今年から行っている、“きちんとおだしを作る”ということ。

本当は今年の目標に、『イタリアンを極める!』というのがあったのだが、やはりどうしても私の食の原点である和食、というものに帰ってきてしまう。


2







ぬか床はその前からもやってはダメにし、やってはダメにし・・・・の繰り返しだった。
とても繊細なぬか床は、基本毎日混ぜてあげないとすぐ死んでしまう。
でもそれは常温で保存している場合に限り、というもので、冷蔵庫に保存をしていれば2・3日に1度混ぜてあげれば大丈夫、という情報を入手してからはこの1年、少ないながらの愛情でなんとか生き続けている。


ぬか漬けはこっちでも買えないわけではない。
キュウリ、ナス、大根・・・と一通りのぬか漬けはこっちの日系スーパーにも置いてあるのだが、
きっかけはなんだったのだろう?
今となっては思い出せないが、なんとなく「お母さん」みたいなことをやりたかったのかもしれない。
昔、ウチの実家でも婆ちゃんが漬物を漬けていた。それと、梅干も。
子供の頃から婆ちゃんの漬けるナスの漬物が大好きで、夏の暑~~い季節に、ナスの漬物1本丸ごと食べたり、真ん中の身?だけをくり抜き、その中に水をいれて、「コップだ~」と今思うと理解不能な遊びをしていた記憶がかすかに残っている。

こういう子供の“食の記憶”というのは、かすかにではあるが残っているものだ。
脳みそは忘れていても、舌が確実に覚えていたりする。
その味には届かないにしろ、そういう小さい頃に覚えた味をもう一度食べてみたかったのであろう。

ただ、大問題が一つだけある。
こっちで手に入るキュウリ、ナス、大根。この漬物の王様に上げられるであろう、この3種の野菜。
とても美味しくないのだ・・・・。

他の野菜は日本で買うのと大差はない。だが、この3種類だけは例外で、キュウリがまぁまぁ食べられる程度のもので(しかし高い)
ナスは皮が異様に硬く、何日も漬けていても皮だけはやわらかくはなってくれない。      
大根も煮物や、炒め物くらいなら問題もないのだが、ぬか漬けは野菜本来の味から出る旨さ、が結構重要だったりするのに、もともとの味がスカスカしていたり、変に辛かったり、甘かったりと1本の大根にしても味の均一性が全くない。イコールぬか漬けをするには適していない、ということになる。                                                        

まだカブのほうが上手に漬けられるので、カブが安いときはまとめて買うことにしている。
それと、何気に美味しいのが山芋。
ぬか漬けのほのかな酸っぱさと、シャキシャキ加減がたまらなく美味しい。千切りにして食卓に出すと、それだけでご飯お代わり~となる。

最近はそのブームも去ってしまったが、ルナは一時期このぬか漬けが大好きで大好きで、食卓に出るぬか漬けはほぼ一人で完食していたことがある。
塩分が気になったので、その時期はスゴク浅漬けにし、ルナが食べても大丈夫であろう味にしていたこともある。
パパも漬物は大好きな人なので、私がつわりでキッチンに立てないときなどは、一人でせっせとこのぬか床だけは大事に混ぜ混ぜしてくれていた。




1←おまけの漬物。







最近パパが無性にはまっている 『小茄子の辛し漬け』 あのピリ~ッがたまらないらしい。
どこの物でもいい、というわけではなく、“新高屋”さんからでているこの辛し漬けがおいしいのだ。



和食というのは、とにかく手間がかかる。簡単に仕上げることも可能なのだが、一品一品、時間をかけてあげると、完成した時の味は確実に違うものだ。
“おだしをきちんと作る”というのもその一つで、たかがお味噌汁にしても昆布とかつお節でとったお味噌汁は、それだけで体がホッとする。
1回試しで作ったこの「きちんとお味噌汁」が今ではどんなに時間がない時でも、おだしから作るようになってしまったほどだ。


さぁって、今日のご飯は何にしよう?






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/328-4e3d177c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。