上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.18 気になること

今のところ、次女のメイについてはなんのトラブルもなく、おっぱいもよく飲むし、よく寝てくれるし、お風呂も大好きだし・・・・
と普段の生活において「いやぁ~今日はメイちゃん、愚図って大変だったよ。」ということは全くない。


姉妹でこんなにも違うものなのか?ルナの時とは180度違う。
それともやっぱり私の心の持ちようが違うからなのか、私の心の余裕みたいなのがメイにも伝わり、だからこんなにメイは安らかでいてくれるのか?

真相のほどは分からないが、それでも一つだけ気にかかることがある。

それは出産当初から私とパパは気づいていたことで、ドクターにはすぐ確認を取った。

メイの右の口元がなんかおかしいのである。

泣くと、そこの部分だけが“ダラ~ン”と垂れ下がってしまうのだ。

それ以外の寝ているときなどには全く垂れ下がらないのだが、泣く時だけその症状が表れる。
ドクターいわく、そこの部分の筋肉が「ない」とのこと。
もともと口の周りにはその唇を囲むように筋肉があるのだが、メイの場合その右横の部分だけが欠損している、と言うのだ。
もちろん、筋肉だから今後生えてくる、ということもない。

となると、メイは一生右の口元がダラ~ンと垂れ下がったままなのである。

ただ今のところ、泣く時にだけその症状は表れるわけで、これから成長していく過程で今のように泣くことも次第になくなってくる。
大きい口で笑い、ペラペラと喋りだしてきたときに、どの状況下でこの“ダラ~ン”が出てくるのかは今のところ分からない。

様子見、というわけだ。

珍しいケースなのか、とドクターに聞いたら、
「そんなこともない」と。
自分の患者にも数人いると言っていた。

実際、生死に関わることでもないので、ドクターからしてみればたいしたことではないのかもしれない。

ただやはりメイは女の子だし、親からしてみれば多少(というかかなり)気になることである。
かといって今すぐどうする、ということでもないのも承知しているので、今は本当に様子見しか出来ない。
病名(これが病気かどうかも分からないのだが)も分からないのが現実なのだが、もしもどなたかこういう症状の人が周りにいる、とか聞いたことがある、と言う人がいるのならどうか情報をいただければ。
些細なことでも構わないので、お願いしたい。原因すら分からないから、なおのこと情報が欲しいわけで・・・。

パパとはこんな会話をした。ルナは寝ない、グズグズ、ず~っと抱っこと本当に大変なBABYだった。
そのかわり、病気・怪我知らずで、いまだに検診以外病院に行ったことがないくらい、健康優良児である。
一方メイの場合、よく寝る、機嫌も比較的いつもよく、と『子育て』、という点においてだけ言えばなんて楽な子どもなんだろう、というところ。

だが、生後すぐに鎖骨が折れていたり、便秘も1週間続き私たちをハラハラさせたり、そして極めつけは口元のこと、といい体の部分で心配をするところが多い。
もしかしたら病気なんかもたくさんするのではないか、と。

メイが泣くたびに、少しだけ申し訳ない気持ちになってしまう(もちろんこれが誰のせいでもないことも承知しているのだが)私なのである。




~・~・~・今日のMAY~・~・~
1


こういう色のお洋服ばかり着せるもんだから、どうしても「男の子~?」って聞かれてしまう。



~・~・~・きょうのLUNA~・~・~・
2





ドラちゃんエプロンと一緒に。
最近ピンでの写真が減ってきてしまったので(ルナからすれば少し不満げ)たまにはピンショットを。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/322-462cde44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。