上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.04 彼女は優等生

ルナはタイプ的にいうと学級委員・風紀委員タイプの子。

お世話を焼くのが大好きで、『ありがとう』と言われるのが3度の飯よりも好きなタイプ(笑)

この前、お教室の子どもたちと行ったKID CONCEPT(室内ジム)でも、私の元に帰って来る度に
「あきちゃんはどこ~?」
「ひょうくんは~?」はたまた
「りんくんママはどこ行ったかなぁ~?」と言いだす始末。←ママはいいだろ(笑) 

みんなが何をしているのかを確認してから、また遊びに行く。
そしてまた確認・・・・。

これを延々と繰り返していた。

私たちも途中から「学級委員長さん、00ちゃんがいませんねぇ」と半ばからかいながら
ルナにしゃべりかけるも、当のルナは真剣そのもの。
全員点呼をしてからまた遊びに行く。

家の中でも最近ではメイのお世話がしたくてしたくてしょうがない様子。
基本的には私のサポート役に徹してもらっているが、たまに私の見ていないときに何かをやっているらしく、メイの叫び声が聞こえる場面も。

車中でも、メイが泣いてしまうと
『メイ、泣かないよ~、みんないるから。ママも~パパも~、ルナもいるから。今から00に行くから、泣かないよ~』
と必死になってなだめていたりする。

お教室でも勉強が終わった後先生に聞くと、「ルナちゃんは良く出来てましたよ~」の二重丸。
周りの子が騒いでいたりすると、「ダメよね~」と先生に相槌を求めているらしい。


そんな様子だから先生には“9月からのお預けが楽しみだ”と言われている。
いろいろと“面倒もみてくれるでしょう”とのこと。




パパと私の子供にしてはもの凄く「出来が良い>」我が子。
それに加えてルナはとても「優しい」女の子でもある。

おそらくまだ完璧には理解できていない頃から私はルナに『貸して、ど~ぞ』を徹底して教え込んだ。
その頃からMAMMY&MEなどにも参加をするようになり、たくさんのBABYと一緒に遊ぶ機会が増えてきたルナ。
おもちゃの取り合い、は日常茶飯事のことだが、ルナが他の子が遊んでいるおもちゃを取ってしまう、という行動を私は絶対に許さなかった。
持っていた「しまじろう」のビデオにもそういったシチュエーションが入っており、何度もルナに見せてはこの『貸して、ど~ぞ』を覚えさせた。


今ではほぼ完璧にこの言葉を使いこなすルナ。ただ『貸して』と言ったところで相手の子は8割方は貸してはくれないところが少しルナがかわいそうなところではあるが・・・・・

そして、私たちが「貸して」と言うと、どんなにいやでも「ど~ぞ」をしてくれる。
たとえばお菓子なども、本当は全部食べたいのにパパが「ちょうだい」と言うと、絶対に
「NO!」とは言わないできちんとくれる。

おもちゃも、貸すのがイヤなのは見ていてすごく分かるのだが、私の睨みがきいているので、絶対に相手に貸してあげたりする。



今のところ、ルナの中に“頑固”とか“気が強い”とかそういうアグレッシブなイメージは皆無に等しい。
そして、そんなルナを見ていてふと思った事がある。
お世話好きで優しい、そしてビビリ~ズのルナ。

学校にでも行きだしたら、真っ先にいじめられるタイプなのではないかと。
私だったら多少なりともそういう子がクラスにいたら、パシリにでも使っていた可能性が・・・・。

どこの学年にもいる いじめられっ子で、無理矢理学級委員にされちゃいました的な子ども。
それがルナに当てはまってしまったら・・・・・


それは大変なことだ~~~~~



ここはルナにもう少し気が強くなって欲しい気もするが、良く考えたら彼女はまだ2歳。
彼女の性格が確立するのはもう少しあとになってからだろう。

というか、メイがもう少し大きくなったらルナの性格も変わっていくように思う。
今はまだ自分の思い通りに事が進むので心の余裕もあり、優しくもなれるのかもしれない。
ただ今見ていて思うのは、気が強いのは確実にメイの方に思う。
妹にいじめられる姉の姿というものが私には簡単に想像できてしまう。
そのあたりでルナもこのままでは『イカン』と思うようになって、もう少し気も強くなるのではないだろうか。
学級委員も人気者の子だってなれるもの。そういう意味での学級委員タイプの子どもになって欲しいのだが、いやはやどうなるものか・・・・





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/289-0c524dba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。