上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この年になると、そうそう嫌な出来事にも出会わなくなり、たとえそういう現場に遭遇したとしても、大人の対応、というか冷静に対処できるようになってきたと、我ながらに思う。。
それが最近自分自身トゲがなくなったというか、丸くなったというか、そういう部分なのではないかと。

だが先日、久々にカッキ~~~ンと金属バットで脳天を打ち抜かれるほどの出来事に遭遇した。


日本に帰る際のチケットの料金等を尋ねようと、HISに行った時のこと。
小さい店内には手前に電話対応をしていた女性と、店内中央にポツリと、何をしているか分からないがただそこにボ~ッと座っている男性が一人。

そうそう、今日の主役はこの男性。

入った瞬間、なんだか場違いの様相。
というのも、その男性と目が合うも、何のリアクションもとってはくれない。
まるで心の中で『何か用?』とでも聞いているかのよう。
普通『いらっしゃいませ、とか言うだろうがっ!』と、そこで1度目のカッキ~~~ン。

彼しか手の空いている人間はいないのだから、彼の前に仕方なく行く。
目の前にある椅子。『どうぞ、おかけ下さい』の一言もなく、こっちから『座っていいですか?』と尋ねる始末。 ハイ、2度目のカッキ~~~ン

早々と用件を述べる私。
チャチャッと目の前のメモに書き込み、PCに向かって値段検索等をしてくれるかと思いきや、即行返答が。
『この時期だとね~、#)%&*@&@($_)』
調べなくても頭の中に入っているのね。それはそれで正確な情報であるならば一向に構いませんけど。
それからそのおっさんは尋ねた。
『お子さんは?』
『この2人です。』私。
『乗る時の年齢は?』おっさん。
『3歳以下です』私。 
3歳以下は子ども料金なので、これを聞きたかったんだろう。
『ホント~~?嘘つかなくてもいいよ』おっさん。
しかもチョ~~疑いのまなざしで私とルナを見る。
『ホントです!』 3度目のカッキ~~~ン

「お前に嘘言ってどうするんだよ!どうせパスポート見せりゃぁ、分かるだろうが<」
心の中で叫ぶ私。
ルナの誕生日を教える。ついでにメイの誕生日も。

一通りの質問を終え、大体の値段も聞き、このおっさんからも早く離れたかったので
『分かりました。ありがとうございます』と。
帰ろうとした私の背中越しにおっさん
『で、どうする?チケット取っておく?』 最後にこの一言。
カッキ~~~ン、カッキ~~~ン、もう一回カッキ~~~ン!!!

そういえば このおっさん私と会ってからず~~っとタメ口なんですけど・・・・。
ってお前は私の何だ?
なんで、私が敬語でお前がタメ口なんだ~~?

もう私の頭の中は混乱の渦。なんなんだ???の嵐。
丁重にその提案をお断りをして、私は席を立った。
向こうからはもちろん
『ありがとうございます』の言葉もなく、私が『ありがとうございます』と。


席を立ったことで、ルナも帰ることを察知し、愛想良くそのおっさんに満面の笑みで『バイバ~~イ』。その時の私の顔はおそらつりながら、心の中で
「いいんだよ、そんなおやじにあいさつなんかしなくても」という気分。

久しぶりにビックリする対応をされてしまった。
相手はもちろん日本人。
日本でこんな接客していたらクレームガンガンで、厳重注意をくらうでしょ!

確かにアメリカ人の接客、というのもかなりヒドイ。レジで並んでいれば、どんなにその列が長かろうと急いで仕事をやるわけでもなく、隣のレジの人と話しながら・・・とか、客を客とも思わないこっちの人の対応。
カスタマーサービスなんて、どういう対応をしてもらうかなんかは対応してくれた人次第、運に頼る時もあるほどだ。
日本人のサービス精神というものを少しは学んで欲しい、と思う場面も多々ある。
だが、こっちにいる日本人が彼らの真似をする必要もないわけで。敬語は出来ない、上から目線・・・・挙げればキリがないほどの無礼ぶり。

まぁ、こういうものだというあきらめの気持ちもあるので、ため息を通り越して笑ってしまうこともあるのだが。

ただ、今回のことに関しては、彼はアルバイトでも、若者でもない。
いい年をした有名旅行会社の社員なのだ。おそらく現地採用なのだろうが、接客の仕方などを学んでいないのだろうか?と逆に心配してしまう。

以前の私ならば、2度目のカッキ~~ンくらいで本当にカッキ~~~ンしていただろう(笑) 
「オンドリャァァ!!!!」ッとね(苦笑)

もう少し大人な対応、というのであれば丁寧にそのおっさんの名刺をいただき、その場で皮肉な文句でも言い残し、後日クレーム。
今となっては、そんなのもどうでもよくなってしまったが。あまりにも適当なサービスに慣れきってしまったせいであろう。
たま~~に、日本にいる時並みの丁寧・親切なサービスに出会うと、その日一日
「ルルル~~ン♪」な気分になってしまう。


今日、実はこの旅行会社で抽選会がある。当選すれば期間内85ドルの激安日本行き往復チケットが当たるらしい。
その期間に私の今回の帰省の日程も含まれているので、はずれ覚悟で抽選には向かいたい。
だけど、あのおっさんいるだろうなぁ・・・・・。あの寝癖なんだか、天パなんだかわからないモジャモジャヘアーで、トロ~ンとしたまなざしのあのおっさんにはもう二度と会いたくないしなぁ・・・。

よし、パパに行ってもらおう!!!!
・・・・・・ってパパ、今日は仕事でいつ帰ってくるか分からないしなぁ・・・・・

う~~~~~ん、悩むところだ








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/288-4c792d3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。