上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ルナの右脳教育のほうがかなりご無沙汰。
メイが生まれてからは全然といっていいほど何もしてないなぁ・・・・・

今日のパズル編もだいぶ前から紹介したいとは思いつつ、なかなか頭の中で整理が出来ずにいたのだが、これじゃぁアカンということで、ちょこっとご紹介。


パズルが右脳にいいのかはイマイチ分からないが、集中力・記憶力が鍛えられるのは確かなことだ。


POOH


















ルナとパズルの初の出会いは約2年前に日本に帰った際に私が買ったプーさんの
“ひらがなパズル”(写真)。
その頃はルナは1歳になったばかり。
まだ早いだろ~と思い、帰国後もクローゼットに寝かせておいた。
数ヵ月後、部屋の掃除の際に運悪くルナにこのパズルが見つかり、しょうがなくやらせてみる。
もちろん出来るわけがない。
ただその頃ルナの中でのプーさんはなによりもイチバンの存在だったので、絵を眺めるだけでもルナは満足していた。
毎日出来もしないパズルを持ち出しては私やパパが揃えていくのを見て、そして喜ぶ日々が続いた。


なんだかんだで、ルナ1歳半の頃だ。いつものようにプーさんパズルを持ち出してきたと思ったら、一人で黙々とパズルを並べていた。しかも全部完璧にだ。

あらビックリ。
全くといっていいほど何も教えてはいなかったのに。
出来上がったそばからまたバラバラにして、もう一回始めから。
また完成。

その日から数ヶ月先まではルナはこのプーさんパズルを毎日最低一回の日課として黙々とやる日が続いた。
そこで私の疑問が。
『ルナは一体どこを見ながらこのパズルをしているのだろうか?』

通常のパズルであるならば、隣り合った“絵”を見ながら徐々に合わせていく、ということになるのだろうが、このプーさんパズルは通常のパズルとは異なり、一つ一つのピースが独立している為、書いてあるひらがなが読めないと合わせられないようになっている。

その頃のルナはもちろんだがひらがなは読めない。
じゃぁどうやって????

考えられるとしたらルナはピースに描かれている“絵”全て覚え、しかもその場所までも覚えてしまった、ということになる。
それは何気にスゴイことではなかろうか。

『子どもの記憶力をあなどるなかれ』と思った瞬間であった。

我が家にはプーさんのパズルの他に、アンパンマンのパズルが6種類、ミッフィのパズルが2種類、その他動物のパズルなどが数種類と、パズルに囲まれている。

ルナに「何して遊ぶ~?」と聞くと「パジュル~」か「えほん~」のどちらかの答えが返ってくるほどに、ルナはパズル好きだ。
アンパンマンのパズルは65ピースと2歳児にはまだ難しいレベルではあると思うのだが、大好きなアンパンマンの顔を作る為なら、とばかりにルナは懸命になってこのパズルに取り組み、今では手助けがなくてもほぼ一人で完成できるまでに至った。

これらのパズルも、ルナはそれぞれのピースの場所を覚えているようである。
だから、本来私たち大人ならばパズルをする際、まず最初にはじから始めていくと思うのだが、ルナはそれこそビックリするような場所から(例えばド真ん中とか)パズルを始める。
そのほぼ全てのピースの位置が頭の中に入っているのであろう。

短時間で集中し、記憶をしていく。パズルは脳を鍛えるにはいい遊具ではないだろうか。
ただ、時間が経てば忘れるのもあっという間なので、あしからず。


プーさんのパズルも、ある日急に飽きたらしく突然見向きもしなくなった。
それから数ヶ月が経ち、やってみよう声をかけ、トライしてみたものの・・・・・・

半分以上も忘れていた。そこからまた以前の記憶が復活するまでに数日かかり、今ではまた以前のようにスラスラとプーさんパズルをしている。

パズルは唯一、私も一緒になって遊んでいても飽きないおもちゃなので、これからもドンドン遊んでいって欲しいと思う。

初めて一人でパズルが完成した時のルナのあの喜び。
あれはいまだに覚えている私の最高の瞬間である。



 紹介 
前回の記事のコメントで、sakuramamaから ルナのサンダルについての質問があったので、いつかはこのサンダルのことは紹介しようと思っていたので、ちょうどイイやってことで、ここでご紹介~


CROCS


















ブランド名は[CROCS] 英語のサイト 詳しくはホームページで・・・。
アメリカ、コロラド州生まれのこのアウトドア用サンダル。
2003年に出来たというからまだ若いブランドである。
子供用、大人用はもちろん、色もウチではシンプルに白にしたが、それこそさまざまな色がある。
値段は1足25ドルくらい。日本円でも3000円以内で売られていると思う。

履き心地は・・
これがなかなか良いらしいって、私は持っていないのだが、ルナを見ているとそんな気がする。
ルナは基本的に気に入らない靴は絶対に履かないので。
多分特殊なゴムかなんかを使っていると思うのだが、滑りにくく、かといって履いていてもゴム特有のベタベタ感というか、そういうのはないように思う。汚れてもジャブジャブ洗えてすぐ乾くし。
アウトドア本場のアメリカで作られたサンダルだから、その点は二重丸を。
ここら辺でも結構履いている人を見かける。(大人から子どもまで) 
ただ“パチモン”(模造品)も多く出回っているのでご注意を。
かかとの部分にかならず 『CROCS』の文字が入っていて、側面にはワニのマークが入っている。

夏にはピッタリのこのサンダル。おすすめ~




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/286-0cb91d61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。