上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金曜日から始まったドキドキのお預け。
9:30am~2:00pmまでの4時間半。
これから月・水・金の週3回 ルナは私の元を離れ、お教室に行くことになる。
他の子達は大体このくらいの年齢(2歳半前後)から日系の幼稚園、もしくは現地のPreschoolに通わせる。

私はあえてそのどちらも選択はせず、10ヶ月から通わせているこのお教室に行かせることに決めた。


こっちに住んでいると、私たち親は遅かれ早かれ「日本語の維持」という問題にぶつかる。
どれだけ我が子に日本語の教育をさせるか、ということだ。
この“どれだけ”という言葉にも意味があり、“話す”だけでいいのか、“読み”“書き”まで教えていくのか(この“書く”にしたって、ひらがなだけを教えるのか、漢字であるならば、どの程度まで教えるか等々)


これらをどのレベルまで教えるか、というのは全部私たち親の考えによって違ってくる。
私たち永住組みにとってこの問題は教育という点に絞っていえば、かなりの比重となるのだ。



私の考えは、とにかく「出来るだけ日本語を勉強してもらいたい」ということだ。
彼女達にとって“英語”は母国語であり、第一言語になるのだ。
いやおうなく、ペラペラしゃべれるようになる。
だが、日本語はそうはいかないのだ。今はまだルナにしろメイにしろ、小さい世界の中だけで生きているので、しかもその世界は日本語を話す環境しかないので、それでいいだろう。

それがひとたび現地の学校に行きだしたら、“英語”という言葉の洪水がドッと流れ出し、たちまち彼女達の環境は英語の環境へと取り囲まれることとなる。

いろいろな説が言われるのだが、今の時期はとにかく日本語を徹底的に教え込んでください、というのがルナが行っているお教室の先生達の意見だ。
それこそ英語の環境になってしまう前までは徹底して。

現地の学校に行きだしても、それと並行で行われるであろう日本語の勉強も何の抵抗もなくしてくれるように、今のうちに出来るだけ日本語を教え込むことが大事なのだと言う。

そして、今ルナが通っているお教室は「右脳開発」「漢字教育」に力を入れているお教室なのだ。


日本に本社がある「石井式国語教育研究会」のLA支社にあたるこのお教室に通わせているのだが、ここでは子ども達にダイレクトに漢字で教えているのが特徴である。

というのも日本の従来の教え方である、まず最初にひらがなから教え、次にカタカナ、漢字は小学校に入ってから、というのは子どもにとっては実はとても面倒なことであるらしい。
子どもは絵を見るように漢字を理解するらしいのだ。

それらの考えと、私の我が子への日本語教育という考えがとても合致していたので、今月から始まるお預けクラスにもルナを通わせようと決めたのである。





さてさて前置きが長くなってしまったが、初日はどうだったかというと。。。。。
まだ正確なカリキュラムが配られていない為授業の詳細がイマイチ分からないのだが、最初の授業が終わり、ルナはそれで帰れると思ってしまったらしい。
次に始まったアートの授業、1時間ず~っと泣きっぱなしで、玄関先で
「帰る~、ママ~~~」
と言って泣いていたらしい。

だが、それからのランチタイム、そして最後の授業は普通に受けていたとか。







とここまでが、実は土曜日にはすでに書いていた内容。
それからあれよあれよという間に気付けば木曜日になってしまった。

その間 Labor Day Weekendの3連休があり、みぃ~のBaby Registryに出かけたり、お好み焼きPartyを急遽したり、そして昨日2回目のクラスがあったり。。。。。であっという間の木曜日、というわけ。

しかもこの間パパが、今使っているこのPCでアニメワンピースのDVDをバーンしていたため、全く使うことを許されなかったのだ。

水曜日はやはりアートの授業で少しメソメソしてしまったらしいルナ。
それ以外はとっても楽しく授業を受けていた模様で、フムフム、調子良いぞ~。
お弁当もご飯は完食。
おかずも8割は食べてくれ、しかも残りの2割は車の中でぺロ~ッと。

おぉぉっと、なかなか調子が良いではないか。
ここ最近では夕飯も私が食べさせている、とはいうものの、お野菜なんかもちゃんと口を開けるようになってきて、少しずつではあるが食に対してもやる気が出てきたらしい。
なんだかいろんなことがうま~くいっている感じで、私としてもとっても気分がいい。



というわけで、ここ何日間で作ったお弁当をご紹介。

ピカチュー

8月31日(木) 
いよいよ明日から!というわけで気合いを入れて作ったピカチュウ弁当。お昼ごはんに出してみた。
ピカチュウの顔はゆで卵の黄身を細かくすりつぶし、白飯(プラス塩味)に混ぜた。黒目、鼻、口、耳の黒い部分は全部海苔で。白目の部分はゆで卵の白身を使った。←この白目のカットはチョ~大変な作業。
おかずはご飯に気合いを入れすぎたため、簡単に。
はんぺん・ウィンナー・ブロッコリー&ニンジン。

問題の味は・・・・・
このピカチュウの顔。ゆで卵の黄身にご飯という組み合わせは全くの水分がなく、はっきりいって食べられたものではなかった。
フォークでブスッと刺すと、ちぎれることなく全部が取れてしまい、味もぼそぼそ・・・・ 初の失敗作。
見た目と味は比例しない、という典型的な例。


キテ~

9月1日(金) 
初日の弁当。
キティの型を前もって作っておき、周りを鮭フレークで散らす。
パーツは海苔と鼻は薄焼き玉子、リボンはハムで。
おかずはから揚げ、ほうれん草コーンのバターソテー・ポテトサラダ

大体半分くらい食べてきた。だが全てに手を付けた形跡があったので、私としてはそれで満足


水曜日のお弁当

9月6日(水) 
普通弁当
おかずは、ハムかつ・肉じゃが・焼きはんぺん・アスパラのバターソテー・コーン。

8割は食べてくれたので大大大満足。




これからも随時UPするよ~



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/274-07f349fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。