上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれやこれやとメイが産まれて5ヶ月が経ってしまった。

今回のドクターは「5ヶ月健診」がないので、身長・体重の詳細は分からないが、着々と成長しているのは確か。
最近のメイを写真と共にご紹介~


得意のニコ~


おっぱいを飲むスピードが一段と速くなり、5分弱でおっぱいが空っぽになってしまうようになった。
今回も残念ながらかたっぽのおっぱいしか吸い付いてくれなかった為、ひとつのおっぱいだけでなんとか頑張っているのだが、最近それでは足りないのかしら?と思うことがしばしば。

たまに「足りないわよ~~~」と言わんばかりに、吸いながら号泣することがあるので、需要と供給のバランスがいまいちキチンと取れていない気が。
ドクターには前回の健診の時に5ヶ月から離乳食を始めるように指導されたのだが、面倒な私はまだまだ、とのんびり考えていたのだが、これはいよいよ離乳食のことも考えていかなければいけないのか・・・・・・


w/マラカス

夜中の“睡眠バランス”がいまいちきちんとしていない。
以前までは7時間、たまに8時間くらい一気に寝てくれることもあり、嬉しい反面おっぱいがガチガチになって痛くて起きてしまうなんてこともあったのに、今では2時間に一度は起きてしまう日々が続いている。

起きてギャーギャー泣くわけではなく、寝ぼけた様子でゴロゴログチャグチャしているだけなのだが、メイの発する声がうるさくてどうしても起きてしまうのだ。
ドクターには泣いていないのであれば、放っておいた方が良いということも言われたのだが、なかなか放っておくことも出来ずに。。。。
毎日そんな感じで私はもちろんのように寝不足気味。にっくき“くま”もとうとう目の下に常駐するようになってしまった。

ルナの時のように添い寝をすればもっと楽になるのも分かっているのだが、楽とは引き換えに体の痛みというのがもれなく付いてきてしまうのだ。
隣に生後5ヶ月のBABYが寝ているともなると、こっちとしては寝返りどころか物音ひとつせずに寝るようになってしまう。
ひとたび泣いてそのままおっぱいもとても簡単なことなのだが、これがまた体勢がとても窮屈で、そのまま眠られた日には私も身動きが取れず、おっぱいをあげたままの不自然な姿勢で眠ってしまい、朝起きたときには全身の痛みと共にベッドから這い上がらなければならない。

今私がせまられている究極の選択。どっちがよいものやら・・・・・



寝返り直後

先週とうとう寝返りに成功した。
私・ミヤコ・ルナの3人でリビングでくつろいでいたところ、メイちゃんが一人でフガフガともがきだし、クッションの高さも手伝って、クルリンと。

こうやって初の寝返りをみんなに見てもらえるのも珍しいことで(大抵“初の寝返り”は気付くと終わっていることが多く、ルナもそうだった)私・ミヤコから盛大な拍手をもらった。
それからはフガフガしだすとルナも私も
「頑張れ~」
の声援。
初の寝返りから1週間経とうとしているが、その後はあまり乗り気でもない様子。
(写真・・・初寝返り直後 ミヤコ撮影)



相変わらずどこにいってもご機嫌さん。
誰に会ってもニコニコし、愛嬌の良さはピカイチだ。


2人で

ルナとの仲が前にも増して深まったような気がする。
ルナも遊ぶ時はわざとメイちゃんの近くにより、だけど危なくないように気をつけながらもメイに語り掛けながら遊んでいたりすることが多くなった。
メイもルナにだいぶ興味を示しだし、顔を触ってきたり袖を引っ張ったり。
ルナはそれが嫌らしく、やられる度に
「やめて~」とプリプリ怒っている。


歌が大好きで、特に好きなのは「おもちゃのチャチャチャ」 
これを歌うとどんなに号泣していてもピタッと泣き止みニコ~ッ。
ルナの歌うへんてこな歌も大好き。


LOVELY LIP


よだれの量も相変わらず大量生産。

右唇のダラリ~ンも手伝ってか、いつも唇からは泡が吹き出ており、メイちゃんの乾燥した唇を見たことがないくらい。
お洋服に付いているミッキーはいっつも風邪引いていて・・・・・。
(写真・・・・とってもキュートなく・ち・び・る


気になっていた“アトピー疑惑”。
薦められた薬を買って塗り塗りしたところすぐに治ってしまい、今ではツルッツルのお肌、とまではいかなくてもかなり良くなってきた。
ホ~~~ッ、これでメイちゃんがアトピーではないことが判明、ただかなりのドライ肌だと思うので、お風呂上りのクリームと薬は今でも欠かせない。





と、そんな感じの5ヶ月である。
生後間もない時よりは多少手がかかるようになってきた(当たり前)といっても、ルナのときに比べたらだいぶ楽チンなメイ。
彼女があまり手がかからないおかげで、私もこうやってブログを書いたり、お弁当つくりにも熱心に取り組めるというわけ。

メイには感謝でいっぱいだ。
5ヶ月という時間は、私達にとっては本当にあっという間の時間だった。
だけどメイにしてみたらどうなのだろう?

何の苦労もなくお腹の中にいたあの頃のことを思ったら、今のこの世の中はたいして楽なわけでもないだろう。
しかも多少のことなら放って置かれてしまう少し損な2番目。
泣く回数も最近では増えてきたし。
この5ヶ月間は、我が家に2番目として産まれ、徐々にこの世の中と我が家と、アジャストしていくには彼女なりに結構長い月日だったのではないだろうか。
私たちにはあっという間に過ぎていく24時間でさえ、メイちゃんにとってはそれこそ1分1秒精一杯生きているわけで、それは彼女にとって今を生きているという点ではかけがえのない大切な時間ではないだろうか。

大人になってしまえば覚えていないであろうこの時間を私だけはキチンと覚えていてあげよう。




最後にママとメイちゃんの2ショットを。撮影者はパパ・・・・ではなく、ルナ


チュ~~~ママと


2歳9ヶ月にしてはなかなかキチンと撮れてるでしょ?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/273-69fb44c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。