上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




メガネ



何年ぶりだろう?新しく“めがね”を購入したなんて。
以前のめがねは確か渋谷の丸井で1万くらいで買った激安めがね。
安いだけあって、フレームはゆがみ、かけていても毎回ずれを気にしていなければならず、なんともイライラするめがねであった。

ただ私の場合普段はコンタクトレンズを使用しているので、めがねの登場は家の中だけ。
とはいってもだいぶ前に購入したその“丸井めがね”も徐々に度が合わなくなり、今ではかけていてもかけていなくても全然かわらないほどまでに、私の度も進んでしまっていた。


そして恥を忍んで、あることを公表しようと思う。
いつ頃からだろうか?それすら覚えていないのだが、私の使用しているソフトコンタクトレンズは2週間に1度交換するモノなのだが、2週間で捨てることなんて今の今まで一度もなく、大体1ヶ月以上使い続け、少し違和感が出てきたなぁと思うと交換する、といった具合。


しかもその間一度も目から取り出すこともなく。

2週間で交換しなくてはいけないレンズを1ヶ月以上、しかも目にず~~~っと付けたまま。


こんな生活をここ4・5年は続けていた。
そんなことを続けていて目にいいわけがない。
近年では“ものもらい”なんてのは『当たり前』のように毎日でき、その度爪で“プチッ”とつぶしたり。
『当たり前』のようにドライアイで、充血を消してくれる目薬なんかは『当たり前』のようになんの効果もなく、『当たり前』『当たり前』・・・・の連続で、いつ目が見えなくなってもおかしくないようなあり得ない生活を続けていたのだ。




もちろん就寝時にはコンタクトをはずして寝るのが一般的なのだが、私のめがねはもうボロボロ。
めがねもないのにコンタクトを外すことは私にとっては自殺行為。
どこに何があるかが全く分からず、そっちの方が疲れてしまうと自分にいいわけをし、コンタクトを外すことを拒否してきた。

それならば新しいめがねを買えばいいのだが、これまたいつ頃からだろうか?
子供達の為にお金を使うことはあっても、自分のためにお金を使うことができなくなってしまい、ギリギリになるまで購入を渋っていたのだ。



そしてついに数ヶ月前、ギリギリの出来事が起こった。
白目の部分が“プク~ッ”と腫れ上がり、痛みでコンタクトがつけられなくなってしまったのだ。

その時初めて『これはヤバい!』と気が付いたというわけ。


メイちゃんが産まれ、毎日の夜勤でまとまった睡眠時間が取れず、常に目を酷使してきたバチが当たったのであろう。
ソフトのくせにあまりのドライアイでバチッとはじくことも多々あった。


重い腰をあげ、いつもコンタクトを購入しているお店に行き、ついにめがねを購入したのだ。試しにと、店内でかけてみてあらビックリ


すっごい度が強いではないか



目の淵から裸眼で見える部分と、メガネから見えるそのギャップの違いにフラフラ~ッとなってしまうほどだ。


思わず「強いですね・・・・」と店員さんに言うと、
「これでも2段階弱くしているんですよ~」と。
私の目はこんなに弱くなってしまったのか!
コンタクトでは分からなかったが、相当度数が進んでいたらしい。
しかもよ~く鏡で見てみると、目も小さくなっている。

確か多少はレンズも薄くはしてくれたらしいのだが、それでは限界だったらしい。

家に帰り
「ジャッジャ~ン」
とパパに見せたら、「誰?」って顔。


ヤバい!!!

スッピンでメガネをかけてしまった。
自分でも誰だか分からないくらいブッサイク(笑)
あまりの変貌に大笑い。

せめて化粧をしている時にお披露目をすれば良かったのだが、スッピンメガネはWでヒドイ・・・。


まぁまぁまぁ。。。


メガネに慣れない子供たちはキョトンとしている。
メイちゃんもメガネが気になるのかおっぱいを飲む時も気が散ってしまってしょうがないらしい。


変わり果ててしまったが、これでも君たちのママなんだよ~と叫んでみたり(笑)


これを機に少しは目をいたわってあげようかと思ったりなんかして。。。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/258-fd455d20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。