上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.26 Gingerbread Train


クリスマス当日。

枕元にあったプレゼントを見て興奮中のルナと「まさかオレにも???」とびっくりのパパ。


ママサンタはフフフ・・・・と一人ほくそえむ。(そういうママにプレゼントは・・・・・・!?)

11:30amからNBAが始まってしまうというパパに合わせ、9:00amから買い物に向かった。
本当はTARGETやWAL-MARTにも行きたかったんだけど、やはりというか当然というかお休み。

この日は日本で言えば昔の1月1日みたいなもの。
(最近では正月に働く人も増えた気がするので、敢えて“昔”という言葉を使ったのだが)
道も、街もガラ~~~~ン・シ~~~ンとしている。

こっちではほとんどの人たちが実家に帰省し、ファミリーでこのクリスマスを祝うのだ。

だから、ほとんどのお店もお休み。
もしもTARGETなどの大型店などがこのクリスマスの日にオープンをするなどということになれば、まず間違いなく暴動・ストライキが起こってしまうであろう、そんな日。

ただ日系スーパーまでもそうかといえばそれは違うのだ。私たちのようなクリスマス=家族という図式が当てはまらない人もたくさんいるわけで、そういう店は通常通りオープンしている。
(閉まる時間が早い、とかそういった配慮はあるが)
11:00amに帰宅。それからはパパはNBA(LA・LAKERS VS MIAMI・HEAT)に釘付け。

私とルナはかねてから約束をしていた、Gingerbread Train(ジンジャーブレッド・トレイン)を作ることとなった。
本当はGingerbread Houseの方が正しい。
もっと分かりやすく言うと『お菓子の家』である。

Gingerbread House←この言葉、実は今年初めて聞いた言葉。
たまたま友達がまさにこのGingerbread Houseを作るという話をしていて、
たまたまTARGETに行ったらこれを作るキットが売っていたので
たまたま購入したのだ。

こっちではこのGingerbread Houseをクリスマスツリーと一緒に飾ったりする、らしい。
糖分の多いクッキーを使って組み立てるため、2ヶ月くらいはもつ、らしい。
Gingerというくらいだから、もちろん主成分はしょうが。
しょうがのクッキーなんかもともと甘いもの嫌いの私には、その味たるや想像もできない。


もちろんクッキーを作るところから始める人もいるだろうが、もちろん私は全~~~部入ったキットを即買い。
しかも『THE・あまのじゃく』の私は初めて買うのだから、『家』を買えばいいのに、『電車』の方に目が向いてしまい、そちらを購入。

ずっとツリーの前に飾っていて、ルナには「いつ作るのか」と毎日しつこく聞かれていた。
そしてとうとうその日がやってきたのだ。


4



材料はこれだけ。
5




せっせと作る私とルナ。じっと見つめるメイちゃん↓
1


途中経過↓アイシングをクッキーにほどこし、クッキー同士をくっつける。
そして出来たのがこの電車の土台。
6




それからキャンディや砂糖で出来たお菓子(なんて名前かが分からない)を好きなようにくっつける。


そして・・・・・・・



完成~~~~



2


3



私は主にアイシング(デコペン?ってやつ!?)担当。
その上からルナがやりたい放題、砂糖で出来たマーブルチョコレートもどきをドンドンつけまくる。

本当はこんな感じに出来上がる予定だったのだ↓

7




まぁまぁ、、、、、個性があっていいではないか!

というか、結構やっているうちに面白くなってきてしまい、ルナにだけやらせるのがもったいなくなってしまった私は、途中でルナとけんかをするまでに至ってしまった。

そこにパパまでも乱入し・・・・

大人気なく3歳児と対立してしまった両親。


よし!来年は一人一つで誰が一番可愛く出来たかを競おうではないか!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/240-85b9c34c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。