上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通テーマ:
カリフォルニア生活 テーマに参加中!

今日は3日かけて作ったおせちを披露。(我ながら見事な出来に、プチ自慢の気持ちも込めて)

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは一の重から・・・・・

一の重

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本来“一の重”には縁起のよい祝い肴や、甘い口取りを中心に詰めるらしい。
“祝い肴”とは、おとそを酌み交わす時にいただく「黒豆」「かずのこ」「田作り」をさすのだが、例えば黒豆・田作り、そして“甘い口取り”としての
きんとんとかは私もパパも「嫌い~」の一言で、この3品は却下となった。
というわけで、今回の一の重、左上から説明すると


「手綱かまぼこ」「昆布の煮しめ」「れんこんのきんぴら」
「かずのこ」「紅白なます」「たたき
ごぼう」


この中での私のヒットは
たたきごぼう「たたきごぼう」
ゆでたごぼうをすりこぎなどでたたき、ごま酢にぶち込む!といういたってシンプルな作り方なのだが、この“ごま酢”というのがなかなかおい
しかったのだ。


+++++ごま酢の作り方+++++
白いりごま・・・・大さじ6
砂糖・・・・大さじ1~2
しょうゆ・・・・大さじ2~3
酢・・・・大さじ2

ほうれん草や春菊のおひたしなどにもこの“ごま酢”は代用できそうである。


そして二の重。

二の重

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おせちの主役ともいえるのが、この“二の重”。魚や肉の焼きもの、煮物をメインに詰めた。
今回は(写真左上から)


「牛肉の市松焼き」「岩石たまご」「竜眼巻き」「えびのうま煮」
「ぶりの照り煮」「きゅうりの中華風漬け」「つくねの黄金
煮」


「伊達巻き」は最初から作る気のなかった私。
というのも以前おせち料理を作った際、頑張ってこの「伊達巻き」を作ったのだが、ものすごく、も
のすごく作るのが難しかったのを覚えていたからだ。
そのくせ、甘い食べ物が大嫌いな私はその味を試すこともなく、頑張った割には達成感
がない料理の一つに数えられるこの「伊達巻き」を私は二度と作るまいと決めたのだ。
なので「食べたいのなら買ってきなさい」とパパには言って
おいた。
ただ、スーパーで買うこういった出来合いのモノというものは、びっくりするくらい高かったりする。実際この伊達巻も1本、7,8ドルし
たらしく、それはあまりにももったいない、ということで「伊達巻き」もウチのおせちには加えられなかった。


岩石たまごその代わりに作ったのが「岩石たまご」である。
材料は卵と砂糖と塩のみである。
簡単な割には彩りも綺麗だし、甘く作っているので「伊達巻き」
の代わりにも通用するのだ。
作り方は・・・・・


+++++岩石たまご+++++
{材料} 1本分
ゆで卵の黄身・・・・・5個分
ゆで卵の白身・・・・・4個分
砂糖・・・・・大さじ5~6
塩・・・・・少々


1 黄身をつぶしながら砂糖と塩を加え、ねっとりとするまで混ぜる。
2 白身はざく切りにし、1と混ぜ合わせる。
3 巻きすの上に固くしぼったガーゼを広げ、2を4~5センチの棒状にのせ、手前からきっ
  ちりと巻く。両手でギュッと持ち、空気を両端から
抜くようにして巻く。
4 蒸し器で7~8分蒸す。蒸し終わったら完全に冷ます。

ポイントは蒸しすぎないこと。ガーゼなどの柔らかい布で巻くと巻きやすい。冷めたらそのままガーゼを取り、そのままラップでくるみ冷蔵庫へ。食べる直前に切る。

白身のごつごつした感じがとっても面白い。ゆで卵から作るので、とっても簡単であった。これは本当におすすめである。


竜眼巻き「竜眼巻き」これも簡単に作れる割には見た目が面白い。

 

 


+++++竜眼巻き+++++
{材料} 5本分
鶏ささ身・・・・・5本
焼き海苔・・・・・1枚
うずらの卵・・・・・10個
揚げ油
しょうゆ・・・・・適量
小麦粉・・・・・適量


1 鶏ささ身はラップにはさみ、すりこぎ・肉たたきなどで薄くのばし、小麦粉を薄くふり、
  焼き海苔をのせる。
2 うずらの卵2個を横に並べ、卵が中心に来るようにロール状にきっちりと巻く。両端をす
  ぼめるように閉じる。
3 小麦粉をふって揚げ油に入れ、こんがりと揚げる。
4 熱いうちにしょうゆを振って、味をなじませる。

揚げるのが面倒だった私は、多目の油で焼き揚げた。結果は同じだったと思う。これも食べる直前までそのまま放置し、4つに切り分けたら写真↑のように。

 

最後に三の重。野菜がメインの煮物を詰める。定番の「お煮しめ」だ。

三の重

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログを書き終わった後、最後の盛り付けの作業に取り掛かった。
1時間ほどかけあれやこれやと試行錯誤のすえ、盛り付け完了。
フムフム・・・・・

我ながらの出来栄え!

全部

 

 

 

 

 

 

午後から友達が来だし、お土産に丸ごと鯛とホタテのお刺身も頂く。

刺身盛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鯛なんか丸ごと一匹を全部刺身に。しかもたまごまで出てきて「たらこ」ならぬ「たいこ」まで。
右上の写真のしめさばを焼いた「焼きしめさば」なんて、たまらん!

お昼から始まった新年会も9時過ぎにはお開きに。
みんな今日から普通に仕事なので、昨日だけでお正月気分を味あわなければならず、この時期だけは本当に日本が懐かしくなってしまう。

そして、今朝。昨日食べ忘れたお雑煮を朝ごはんにいただいた。

お雑煮

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

おだしにおしょうゆ、といったシンプルな汁におもちを浮かべる。このシンプルなお雑煮はパパの故郷の味だ。去年初めて食べた私はそのシンプルさに“ドはまり”してしまった。

昨日お風呂に入らずに眠ってしまったこともあって、お雑煮の後は私・ルナ・メイちゃんは朝風呂。そのかいもあって、朝風呂疲れの二人は今はゆっくり夢の中なのだが。

 

2007年はなかなかいい幕開けとなった気がする。前厄が始まった私は今後の展開にドキドキなのだが、それよりも大殺界の最後の年となるパパの動向が気になってしまう私。

素敵な2007年になるだろうか・・・・・   楽しみである。

 

 

 

 

人気blogランキングへ
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/238-5aa3e717
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。