上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通テーマ:
カリフォルニア生活 テーマに参加中!

ルナのバレエのクラスが始まった。毎週火曜日11:10amから11:40amの30分間。


前回のクラスはCity of Lomitaが主催するバレエクラス。詳しくはこちらの記事を

10月半ばから日本に一時帰国をしたために結局3回ほどしかこのクラスには参加をすることはなかったのだが、結論から言ってこのクラスは
全然ダメ~であった。


まず何がダメって先生の体型(笑)。。。。
一応まかりなりにもバレエを教えようとしている先生があの体型じゃぁねぇ・・・・・。
お尻でゆうに4人の子供が隠れてしまうのではないか、とい
うくらい大きいお尻。
「パッセ~~」 と言って頭の上で手を円にしようとも、あまりのデブさで両手が合わない・・・。
2歳児3歳児相手のバレエですから、別にそんなにプロフェッショナルである必要は毛頭なく、そんなことはこっちも期待はしていない。だが、『
形』ってのはある程度重要かと思うんだよね。


そして、こっちの方が全然注目する点なのだが、この先生普通にスキップしてしまうのだ。
順番にジャ~ンプとかする為にみんな一列になっていたとする。
だがルナやもう1人の子なんかは違うことで遊んでいて、なかなか列に並ぼう
としない。というか、先生が言っていることが分からなかった、とも言えるのだが。私たちも手伝いようやく列に並んだかと思いきや
「ハイそ
の後ろの子~」みたいな。
「え゛~~~~~っ」である。
クレームを付けるべきであったと今更ながら思うのだが、その時点で私の中では
「うわ~~~~、こいつ却下」となった。

結局そんなこともあり、実際3回程度の出席。次回からは違う所のバレエクラスを取ろうと堅く決めていた。
たまたまルナのお教室の友達がCity of Torranceの方で同じようなバレエクラスをとっていたので話を聞いたところ、いいじゃぁないですか~
~~~。
短い時間だけど、きちんと指導してくれるらしい。もちろんスキップをしてしまうこともないらしいし。

と、いうわけで先月の半ば頃、ちょうどルナの誕生会でバタバタしているさなかだったのだが、きちんとレジストをしておき、今日に至ったのである。

前回のいや~な記憶が頭をよぎるものの、ルナはすっかりあの時のことは忘れているらしく
「キアナちゃん(同じお教室の子。今回同じバレ
エのクラスを取ったのだ)とダンス~」
と朝からウキウキだった。

少し遅れてしまったのだが、ルナはスタジオに入るやいなや、キアナちゃんのもとへダ~~ッシュ。それからは二人仲良く先生の言うこともよく聞き、30分のクラスはあっという間に終わってしまったのだ。
このクラスは3歳から4歳までのクラスなので、ルナが月齢からいって一番下くらいなのであろう。
でも、みんなの真似をし、先生の真似っこも
上手にし、なかなかさまになっていた。
今回の先生は、きちんとバレエをしています、という体型の!?とってもチャーミングな先生。
ヨシヨシ。。。。

始めます

 

 

 

 

 

 

 

 

始めます2

 

 

 

 

 

 

 

 

お気づきかと思うが、結構アジア人が多い。黒髪の子が半数いる。

いろいろと

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のクラスは体育館のような場所だったのと違い、こちらはきちんとしたダンススタジオ。
バーもあるし、前面鏡張りだし。。。。

ガラス越しに

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス越しのルナとニイナちゃん(キアナちゃんの妹)

先生の真似

 

 

 

 

 

 

手を腰に当て、横ジャンプを1人で。ルナはこのとき一番目だったが、先生の真似を上手にし、無事成功。

飛んだり回ったり

 

 

 

 

終わりだよ!

 

 

 

 

 

たかだか30分とあなどるなかれ、だ。
私も最初は「えったったの30分!?」って気持ちだったのだが、相手は恐るべし3歳児である。
手を変え品を変えやっていないと、このくらいの
子達はすぐに飽きてしまう。
次から次へとさまざまなことをしていく。息つく暇もないほどだ。そんな子供を10人一度に扱うのだから、先生もた
いしたもの。
だが、恐るべし3歳児、とはいってもこのくらいになると“聞き分け”というのもついてくる。
みんな先生の言うことを素直に聞き、指
示通りにジャンプや回ってみたりと、なかなかなものだ。愚図る子もいなかった。

ちなみに親である我々はガラス越しに子供達のレッスンを見るかたちである。この点が少し気になってはいたのだが、(実際ルナはどうなのだろう?泣いたりしはしないだろうか?と)その心配もすぐに消えることに。やはり、知っている子がその場にいるというのは全然違う。先生の言うことが分からなくてもキアナちゃんの真似っこをすればいいからルナとしても安心だったのだろう。不安な顔は結局一度も見せることはなかった。

今回のこのクラスは大成功であった。楽しそうにスタンプを手に付けてもらい「ただいま~」と言って私の元に帰って来た時、確信。
これで3ヶ月頑張って続けていけるであろう。よかったよかった・・・・・

ピース!?

 

 

 

 

 

 

 

 

「二人ともよく出来たね~」
「ハイ、ピース」
・・・・・・・なぜか“4”と“3”の二人・・・・・・・・・

 

ランキングに参加をしています。ポチリと押してくださいな。


Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/234-25dd6a06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。