上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通テーマ:
カリフォルニア生活 テーマに参加中!

昨日に引き続きメイちゃんネタで・・・・・

これで今までは行くことが出来なかったキッチンやバスルーム、ベッドルーム、はたまたパパの仕事部屋まで参上しだしたメイちゃん。結局全部の部を自分の思うまま行けるようになったのだ。

特に私が始終いることの多いキッチン、そしてルナのおしっこになぜだか付いていきたがるバスルー要注意場所となった。
キッチンは言わずと知れた、“”のある場所。
さすがに炒め物をする時はリビングに連れて行くが、それ以外包丁を使っている時なども真下にデ~~~ンと腰を下ろし、目の前の棚を開け閉め開け閉め楽し
んでいる。
ないとは思うが今包丁を落としてしまったら・・・・なぁんて怖いことを考えてしまうとフュ~~~~ッと背筋が凍る。

そして、一番気をつけなくてはいけない場所であるバスルーム
この前友達から恐ろしい話を聞いた。
「8ヶ月のBABYがトイレで溺れ、亡くなった」というのだ。
トイレに薄く張ってある水。まさか、あれだけの水で!と思うかもしれないが、あの水位でBABYならば簡単に溺れてしまうだろう。
そしてもう一つ。洗面所の下には洗濯洗剤やシャンプー類、カビキラーまでもが所狭しと置いてある。
乳幼児の死亡事故の上位にも上げられる「誤飲」
扉の開け閉めを普通にしているメイちゃんのことだから、いつか私がここから洗剤等を取
り出しているのを目撃すれば、興味心身で近寄ることは容易に想像できる。

ルナの時はそれこそパパも私も至る所に眼を光らせ、危険な場所がないかを調べ上げ、もちろんトイレも毎回ふたを閉めるようにしたり、きちんとドアを閉めたり、扉にもロックをしたりと、
当たり前のことを確実に実践していた。

だが、今はルナがトイレを日常に使う。少し前までは私が最後まで一緒に居て、お尻を拭いてあげ、流すということまでやっていたので、最後にトイレのふたを閉めていたのだが、今は全部の行程を彼女一人で行っている。
となると、トイレのふたも開けたまま、ドアも閉まっているとルナが怖がって入れないので、開けたまま。
となると、メイちゃんが自由にバスルームに入れてしまうことになる。 

ムムム・・・これは何か対策を講じないと。何かが起きてでは全く遅いのだから。
とりあえずはルナには、トイレに行ったらドアを閉める、ということを徹底的に教え込まないとな・・・・

 

そう思うとルナの時とは状況がまるっきり違うのだ。今ではどこもかしこもルナの物で溢れかえっている我が家は、見えない箇所に危険がたくさん潜んでいる気がする。
私自身の危険認識度もルナの時に比べ幾分、いやかなり減少している気もするし。
パパなんかこの前、真横に座っていたメイちゃんをソファとベッドの両方から立て続けに落としてたし。真横にいる子供を落とすくらいだから、
どれだけ慎重ではないかが分かるだろう。


そして明らかに違うと思われることがある。

 

 

それはルナとメイちゃんの性格の違い

 

ルナは一度「危ない」等の理由で注意をすると、何度も同じ事をするような子ではない。
元来が“ビビリ性”な彼女には、言葉は汚いが「脅す」
という方法が一番適切な処置である。
初めてな事にも慎重なので、無理は決してしない。この“臆病”という性質が結果、身近な危険からは自己の身
を守ってくれる、というプラスな役目をになってもくれたのだ。

だが、メイちゃんの今現在の性格をみるに、ルナとは違うような気がしてならないのだ。
初めてな事にも動じず、ズンズンと突進してしまうイメージが私にはある。
そして「狙った獲物は逃さない」とばかりに、どんな手段を講じてもそれを掴もうとする。
ルナに「ダメ」と怒られようが、パパからそれを取り上
げられようが、私が代わりの物をあげようが、狙ったものを手にするまではそれを虎視眈々と狙っているのだ。そしてみんなが忘れた頃に・・・・

 

 

 

 

 


猛ダ~~~~~ッシュ
(実際は亀のごとくノロノロなのだが(笑)彼女なりには超最速で)

 


は~~~~~ぁ、結構頑固といいますか、気が強いといいますか・・・・って感じだ。

 

 

容姿からいっても“大物”ぶりを発揮しているメイちゃん。
彼女のようなタイプは「痛い目を見ないと分からない」タイプ。
だが、それでは遅い時がある。分かった時には取り返しのつかないことに発展する可能性だってあるのだ。


まだ彼女には「ダメ」は通じない。
ルナに毎日イヤッと言うほど言われている言葉なので、なんとなくネガティブな言葉なんだろうということくら
いは分かるとは思うのだが、私がこの言葉を使ってもとびっきりの笑顔が返ってきてしまう。

 


 
先日98セントショップで買った、乳幼児用のセーフティ関連の商品。
テーブルの角に張るシリコン製のテープなどだ。これをとりあえずメイちゃ
んの目線でありとあらゆる箇所に付け始めねば。。。。

そしてキッチンなどに入らないようにするには・・・・・?
私は正直あのゲートというやつがあまり好きではない。
実際ゲートをキッチンに立てかけておくのが、子供が入ってこないようにするには一番
なのだろうが、キッチンから見ているこっちとしては、なんだか子供が檻に閉じ込められている気がしてならない。
そしてあのゲートをガンガンしなが
ら叫びまくるメイちゃんの様子が想像できてしまう。「いれ~て~~~~~」と泣きながら。
その姿を想像すると、そこまでしなくてもという気分になってしまい、だったら他の対策を講じようと思い、ルナの時にもこのゲートは購入しなかった。ルナの場合、たいして問題もなかったが、メイちゃんはど~だろうな~?

 

 

なんだか、すごいことをしでかしそうなメイちゃんに私はいまからハラハラしてしまう。

 

 

 

 

そんな困ったチャンのベストショットをど~~~ぞ。

 

 

 

 

THE 尻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お・け・つ

 

 

ブログランキング。ポチリと押してください。

Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/221-90cfe709
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。