上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通テーマ:
カリフォルニア生活 テーマに参加中!

昨日の続き・・・・・ 昨日の記事

そして木曜日、3時。初めてのアレルギー科の扉を開けた。
初めての診察の際は必ずといっていいほどのサインの嵐。何回となくサインをし、
途中ルナの「うんち~」が入り、ようやくドクターとの問診に。


火曜日の出来事を話し、詰まるところアレルギーのテストをしてもらいたい、との旨を伝えた。
本当ならばメイちゃんの一番ひどい時のあの両頬の具合を診てもらえればよかったのだろうが、こういう時にかぎってメイちゃんの顔はピッカ
ピカ。多少赤みはあるものの、私からしたらベ~ロベロ、ずっとなめていたいくらいのツルッツルさ。
それほどまでに(生まれてから初めて、っ
て言ってもいいくらいの)メイちゃんの今日の顔はきれいだったのだ。

一通りの問診を終え、隣の診察室へ通される。上着を脱ぎ、背中でテストを行うことを伝えられる。
このテストは友達から大体のことは聞いていた。彼女の子供もこのドクターにかかり、同じアレルギーテストを行ったらしい。


まず最初にドクターから1枚の紙をもらう。
ここにはALMONDのAからYEASTのYまでの食物、58種類が書かれている。この58種類の食物から
8種類の疑惑があるであろう食物にチェックをするのだ。
ドクターは私がチェックした食物から抽出したエキスを皮膚につけ、その反応を見る
、というもの。(このテストをプリックテストという。)
15分後には結果が分かる、と言うので嫌がるメイちゃんをずっと抱っこし続けていた。(15分も抱っこをしたことがない私なのだ!)

エキスを背中につけて5分後、2箇所にあきらかに何かの反応があると思われ、みるみるうちに白くはれてきて、その周りが真っ赤になってきた。(蚊に刺されたときのひどい感じに近い)

15分後ドクターがやって来て、結果を診る。

 

結果は・・・・

 

 

その前にまず私がチェックした食物、というのが


卵・牛乳・大豆・ピーナッツ・小麦←ここまでは私が何を言わなくてもドクターが勝手に○を付けた。
主要『食物アレルギー』にあげられるこれらの5種
ピーナッツに○を付けるあたりアメリカならでは。(ここアメリカではピーナッツアレルギー
者は150万人と言われているほど多い。だが侮るなかれ。このピーナッツアレルギーによる症状はとても激しく、鼻炎喘息・嘔吐・ひどい時にはアナフィラキシーショックから呼吸困難・死に至るケースもあるといわれる、とても怖いアレルギーなのだ)


最後にダニ(←食物ではないが、これによるアレルギーというのも一般的なものなので。)も調べましょう、ということで、結局私が選んだのは
残り2種類のみ。


この前オレンジを食べた直後に顔が赤くなったのを思い出し、オレンジに○。
もう一つは、たぶんないとは思うが私が毎日飲むコーヒーに○。←一応Decafeにしてはいるものの全くのカフェインゼロではないし、実際知り
合いにコーヒーアレルギーの子がいるし・・・・。
だが、この二つはドクターにより却下。どちらもこの月齢では有り得ない、とのこと。


結局オートと、チキンに○を付けたのだ。

 

 

卵・牛乳・大豆・ピーナッツ・小麦・オート・チキン・ダニ

 

これらの8種類から何に反応したかというと、、、、、、、、

 

 


まず卵・牛乳・小麦・ダニ、そしてチキン。この5つに反応を示した。


結果は4段階で表示される。
皮膚につけた箇所がどのくらい大きく腫れ上がったかで結果をみるのだ。(ツベルクリン反応みたいなもの)
だと全くの問題なし。だと確実にその食物に対してアレルギーをもっている、ということになる。
メイちゃんの場合、
小麦・ダニ
牛乳が意外にも
そして卵・チキンであった。
エキスをつけて5分後にあらわれた2箇所の反応は、こ
の2つ卵・チキンに反応したのだ。

それにしてもチキンアレルギーであったなんて・・・・・。
あまりのショックでそれからドクターの話もろくに聞けず、質問もすっかり忘れて帰ってきてしまった。
というのも、ここ2週間くらいチキンをほぼ毎日のように食べさせていたのだった。とはいってもBF(Baby Food)で。


「メイちゃんも9ヶ月すぎたし、そろそろお肉もいいよね~。だけど、ウチではそんなに肉が食卓に出ないし、よしそれならばBFで済ませてしま
え~」てな感じで、大量に買って来たBF。
メイちゃんも好感触らしく、これに豆腐を混ぜたりで、夕食にはかなりの勢いでこれをあげていた。

それなのに、それなのに・・・・

だけどね、このチキンがはいったBFをあげたからといって異常に真っ赤っ赤になることもなかったんだよなぁ。。。しかも最近良くはなってきていたが相変わらずチキンはあげてたし。。。

 

いったい全体、なんなんだ!!!

 

でもあの背中の反応は紛れもない事実。メイちゃんもかゆかゆになってしまったらしく、テスト後はずっと体をかきむしっていた。帰りの車では疲れたのか、異常なほどに眠っていたし・・・。

ドクターには今後火曜日のようなことになったら、市販の指定された薬を飲むように指示をされ、あとは今まで通りの塗り薬を塗るように、反応が出た食べ物は私も含め食べないように、とのこと。

本当ならばもっと聞いておくべきこともあったように思われる。
だが、その時の私の頭の中では「チキンチキンチキン・・・・」とチキンが10000羽
程踊り狂っていたくらいチキンのことでいっぱい。  

なんか、またしてもメイちゃんに申し訳ないことをしていたのかなぁと、反省。
分からなかったとはいえ、アレルゲン物質を毎日のように食べさ
せ、大事には至らなかったとはいえ・・・・・・

 

もう少しメイちゃんの食事について親身にならなければならないと、気持ちを新たに取り組むことを決意した次第なのだ。

 

今日はもう長くもなってしまったので、この辺で終わりにするが、アレルギーというのは調べれば調べるほど奥が深く、悩めばきりがない。
そして今回行ったテストも、やはり聞いていた通り、このご時世でこんなに古臭いテストか、というくらい原始的な調べ方。そしてアメリカでの医
療。そのどれもがやはり100%納得いくものではないのだ。

 

アレルギーをもっていようとも、顔がぶちぶちで真っ赤チンでもいっつも元気でご機嫌なメイちゃん。

 

まるでメイちゃんは我が家の

 

アンパンマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンパンマンのような存在なのだ!

 

 

ブログランキング。ポチリと押してください。


Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/216-b0ce5bb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。