上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通テーマ:
カリフォルニア生活 テーマに参加中!

ROSE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはバレンタインデーの後日談を。


パパが買って来た大量のバラの花束。恥ずかしそうに手渡してくれたことは、先日書いたのだが、私にはどうしても気になることがあった。
一応一家の「お財布係り」としては、気になるところは、そう“お値段”。
そんな不粋なことは聞くまい、とは思っていたのだが、私に渡す時にパ
パがボソッと言った
「ちょこっとフンパツしちゃった」
この言葉が異様にに頭に引っかかり、聞かないわけにはいかなくなってしまったのだ。


夕飯の支度をしている時に帰ってきたパパ。帰ってくると必ず冷蔵庫チェックからはいるうちのパパは、その日も案の定キッチンに足を運ん
だ。


何気に聞いてみる。
「ねぇねぇ、あのバラ高かったんでしょぉ?」と。
結局最後まで口を割ることはなかったのだが
「我が家で外食をした時に軽いディナーが食べられるくらいのお値段」
というところまでは吐かせ
た。


軽いディナーということは・・・・
ランチではないんでしょ?
ということは・・・・・最近夕食を外で食べることすらないのでピンとは来なかったのだ
が、
100ドル前後はした、ということかあ~~~!!!

 

 


100ドル~~~~~


100ドル~~~~~

100ドル~~~~~


何度でも書いてやろ~

100ドル~~~~
100ドル~~~~
100ドル~~~~
100ドル~~~~

 


そりゃぁね、ニュースで言ってたよ。バレンタインデーでは花屋は一年の3分の1の売り上げは見込まれる、って。
確かにどこもかしこも殿方は花束を抱えてたし、どんな花屋でさえ行列だった。
だ・け・どさぁ。。。。100ドル近くするバラの花束ってどうなのよ~。
もらう前までは「欲しい欲しい」と願ってやまなかった私がこんなことを言うのもおかしいってことはよ~く分かっている。
もちろん頂いたことも
ものすごくありがたいので、「花を頂いた」ということに関してなんの異論を唱える気もサラサラない。


でもねぇ、、、、、


はぁ。。。。。

 

同じ100ドルかけるのならば違うものが欲しかった・・・・って正直思ってしまった私。
いやいや、そんなことはもちろんパパには言わず。そっと私の胸の中だけにしまっておいたのだが、一つだけ提案したことがあった。
どこで買ったのかを尋ねたところ、普通の街の花屋とのこと。
だったら、今後“も・し・も”私にお花を買ってくれるのならば、American Harvestというお花屋さんで買ってくれるように頼んだのだ。
そしてもっと欲
を言うならば、今度は「切り花」ではなくて「鉢植え」で、とお願いを。
このAmerican Harvest というお花屋さん。日系のお花屋さんなのだが、オーナー
のセンスがばっちしで、ショップ内もすんごくすんごく可愛らしくお花や植物達が並べられている。(写真がないのが残念) 日系、ということもあるのでお花の知識ゼロのパパであっても、多少の注文は言えるであろうし、ここのお店は「鉢植え」がものすごくいいのだ。
ここで100ドル相
当の何かを買ってくれるならば・・・・・考えただけで“フフフ・・・”である。

ということで、パパには今度無理やりここに連れて行って、場所を覚えてもらって、次回の何かの時は・・・・と密かに頭の中で考えた次第。


いやね、ここアメリカに住んでいるのであるならば、『ファミリードクター(かかりつけの医者・病院)』ってものがあるのならば、『ファミリー花屋』
ってのがいたっていいと思うわけ。男の人として当然に、って断言してもいいくらい。
こっちってお花を女性に贈るってことが、いたって普通のことであるし、モノを頂くのももちろん嬉しいことには変わらないけれども、お花ってま
た違った嬉しさがあるじゃない?
お花をもらった瞬間って、「女性に生まれてきて良かった~」って毎回思っちゃったりするもん。

って、バレンタインデー当日まで「もらえるか」「もらえないか」でドキドキしていたこの私が、もらった瞬間からここまで高飛車にパパに意見まで申してしまうとは・・・・


オンナって怖い・・・(笑)

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

 

さてさて、『後日談』第二弾はメイちゃんのこと。
4日間続いた熱がおさまって、フ~~~っと思っていた矢先、今度は原因不明のブチブチが体全部を覆うことに。
いや~、これも焦った。4日間下がらなかった熱もそれなりに焦ったけど、それほど機嫌が悪いわけでもなく、まぁまぁいつか良くなるでしょ、く
らいに考えていたのだが、今回はさすがに。


だって、またまたブチブチだも~ん。


今度はなんのアレルギーが出たのかと思ったよ!しかも全身だし、今度はめちゃくちゃ機嫌が悪いとき
たし。
「ルナよ~、私の見ていないところでまた何かぶちまけて、メイちゃんの皮膚に付いたかぁ」と少しだけルナを疑ってしまった薄情な母。もちろ
んそんなことはなく、しかしなんなんだぁ???
もしかして、ずっと飲ませていた薬でアレルギーが出たとかじゃぁないだろうねぇ。。。。
考えれば考えるほど悪いことしか浮かばない。
月曜日に熱が下がったと思いきや、ブチブチ君が突如現れ、そして今日の朝もさほど治らず。

 

というわけで、
プルルルルル~~~
ドクターにアポをとった。

お昼にドクターを訪ねる。
原因は・・・・


『突発性発疹』


そっかぁ。。。。それがあったかぁ。。。。。

 

思いっきりこの病気のことを見逃していた。だって、ルナは一度もこの『突発・・・』したことなかったし、メイちゃんはいっつもブチブチしてるから、だけどいつもは顔だけで、それだってつい先日食物アレルギーが大体確定したばっかりだったのに、今度は予想もしていなかった体全体にでしょ。
『突発・・・・』はさすがに頭にのぼらなかったよぉ・・・・。
気が抜けたというのはまさにこのことを言うのであろう、というくらいホォ~~~っと全身の力が抜ける感じがした。


ドクターは「熱が数日続き、下がったと思いきや、突然の発疹。まさに『突発性発疹』の症状です。なんの問題もありませんよ。ただ伝染する
ので(メイちゃんもどこかでもらってきてしまったらしい)、あまり人ごみには行かないように」とだけ。
アレルギー用の飲み薬を飲ませていたが、今回のはアレルギーが原因でもないので、意味はなし。特にかゆがるようならば、得意のTylenol
を飲ませてください、とだけ言われて帰ってきた。

一安心である。結局ドクターのお話を聞きに行っただけで40ドル払って帰ってくる、ということにいまいち納得は出来ないが、「安心」を買ったと思うしかないであろう。


もう少し機嫌も悪いのが続くので“抱っこ抱っこ”の毎日が続くであろうが、生まれてきてから本当に抱っこ知らずのメイちゃん。なのでイマイ
チ抱っこをされるのにも慣れていなく、下手っぴな感じで私にしがみついている。(余計疲れるんだよね、ガチっとしがみついてくれないと)
週おとなしくしていれば来週からまた元気なメイちゃんが拝めることであろう。


最近メイちゃんの声が聞こえなく、なんとなく寂しい我が家。
もう少しだ、頑張ってブチブチがなくなるのをただただ耐え忍ぶのだぁ!!!

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★


最後に、「ゆずとん」読者投票、終わったよ~。そして栄えある各大賞者は明日発表とのこと。
ドキドキするね~。
読者投票の結果云々はO.C.Kitchenまでどうぞ。


なんだか、こんなに楽しんじゃうんであればもっと気合いれてレシピを考えるんだったと少し後悔。
それと我が家の「ゆずとん」がとうとう“ラス1”に。販売元のつなば本舗さんの粋なはからいで3月いっぱいまでは世界どこからでも送料1000円均
一、というおいしい企画をうってくれているので、この機会に購入するとしますか。

って誰か一緒に頼む~?

 

ブログランキング。ポチリと押してください

Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/211-85420c08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。