上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通テーマ:
カリフォルニア生活 テーマに参加中!

昨日パパのお母さんから荷物が届いた。

今回の荷物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ~~んなにたくさん。

 

 

ちなみに前回の荷物もホラ、こ~~~~んなに。

前回の荷物

 

 

 

 

 

 

こんなに送ってもらったのでは送料も高かったであろう。今回は本まで頼んでしまったので重量も相当なものであったから。

「申し訳ないなぁ」って思う気持ちもあるんだけど、でも「ありがとう」の気持ちの方が全然大きいかなぁ。
ワタシが住む地域はほとんどの日本の商品が
手に入る。だから、日本からどうしても送って欲しいという商品もそんなにない。
それを知っていてもなお私たちに「食べさせたいなぁ」という、それだけの気持ちでたくさんの食べ物
を送ってくれるお母さん。

 

本当にありがとうね。

 

しかもパパの実家の金沢にはびっくりするくらいの美味しい特産物に溢れている。
小さい時から魚しか食べたことがない!と豪語するパパ。
あながち嘘でもないくらいほどにパパの地元は海産物が豊富にある。(ちなみに回転寿司屋の数は日本一らしい)
お母さんは毎回真空パックになっている“佃煮”めずらしい“とびうおのだし”などを大量に送ってくれる。「お友達にもあげてね~」と言われるのだが、ほとん
どがパパの胃袋の中に。
お酒の“あて”としては抜群らしい。


その他にはメイちゃんのアレルギー関連の商品、オンラインで注文した本やCD(これらについては後日)に囲まれるようにして、可愛い袋が入っていた。
そういえばお母さんお洋服を買ってくれたって言ってたなぁ。。。と、丁寧に袋を開ける。

中には、ルナとメイちゃんのおそろいのお洋服上下セットが入っていた。


とっても春らしい色だ。

 

春らしい色・・・・・・

 

春らしい色といえば・・・・・・・

 

あの色が・・・・・・・・・・・

 

そう、ピンクのスカートが入っていたのだ。
思わず笑ってしまったワタシ。

そういえば11月に日本に帰った際、母とワタシで以下のような会話をしたことを思い出した。

母  「なんかルナとメイちゃんの洋服のセンスがどうしても理解できない」
ワタシ  「何が?」
母  「黒とか茶色とか、そんな色ばっかりの洋服を着せて暗すぎる!赤とかピンクを着せたらぁ?」
ワタシ 「フーーーーン(半ばシカト)」

それを何も言わず傍で聞いていたお母さん。

確かにワタシが買う二人の洋服はわざと避けて通っているかのように、ピンクが一枚もない。
あっっキャミが一枚にロンTが1枚だけあったか
な?まぁ、それくらい。
他は黒・茶色・モスグリーン・グレー・・・・・そんなんばっか。
確かに暗い!って言われたらそうかもしれない。
だけどこればっかはしょうがないよね。正直好きか嫌いかと言われたら、嫌いよりなんだから。
というか、『女の子はピンクとかそういうカテゴライズも正直「考え方古くない?」って思ってしまう。『女の子は女の子らしい色』『男の子は男
の子らしい色』って21世紀らしくなくないかぁ?って思ってしまうのだ。

そしてこれが結構大事なところ。はっきり言ってしまえば、ルナにしろメイちゃんにしろピンクという色が似合わない!のだ。
しかもここアメリカで売られているピンクは特に似合わない。あんなはっきりしたピンクはやはりはっきりした顔の持ち主であるアメリカ人が着
てなんぼだと思う。
ルナやメイちゃんのように、ぼやけた顔の子供にあのショッキングピンクは似合わない。どうしても洋服の方が勝ってしまうのだ。
もう少し淡
い色だったり、くすんだピンクならばもしかしたらワタシでも買ったかもしれない。だがそんなビミョウな色がここで売っているわけないのだ。

以下の理由からピンクを買うのを避けていたのだが、かといってワタシ好みの色(黒・茶色等々)を探すのはこれまた一苦労。なかなか見つからない、というのが本音であった。
そんなに子供に原色を着せたいか!と突っ込みたくなるほどこちらでは原色の洋服しか売られていないのも現実。驚くほど女の子はピンク
だし男の子は青なのだ。

去年の服が着れなくなり、春・夏用の服を買ってあげなくちゃぁいけないなぁ、めんどくさいなぁと思っていたところのお母さんからの贈り物であった。

そういえばワタシとママのあのやりとりの時お母さん一緒にいたもんなぁ・・・・・
やっぱりこういう色の服、着せたいのかなぁ・・・・・
なぁんて思いながら、早速ルナに着せてみることに。

 

あらららら?

 

全然お似合いじゃぁないの。

 

その日は一日その服で過ごし、あくる日の朝。
大忙しで朝の身支度をさせようと、いつもの洋服、黒のスカートにベージュのロンTを出してきたワタシ。
驚くことにルナがすごい勢いで拒否ったのだ!


「いや~~~~~!!!!!」


ピンク着る~~~~!!!!」

 


えっっ?今なんておっしゃいましたか?

 


もしやあなた“ピ・ン・ク”っておっしゃたのかしら?

 

昨日の服が着たいと叫ぶルナ。
うぉぉぉぉ、こんなの初めてかぁ?
今までワタシが出してくる洋服に文句一つ言わず着ていたルナが。。。。
ここでけんかも面倒なので、昨日の服を着せてしまった。
まっ、昨日は公園にも行っていないしそんなに汚くもないし、いいか!

お教室のあと友達にそっこうつっこまれた。
「ルナちゃん、ピンク着てるじゃ~~~ん」
一連の話をすると友達が言う。
「このくらい(3歳前後)になると、“ピンク~”とか“ヒラヒラ~”とか“プリンセス~”とかに惹かれてくるんだよ」だって。


そんなもんかねぇ。。。
周りがいくらそうだとしたも、ウチだけはそこを避けて通ろうと思っていたのに、ルナはピンクの可愛らしさ!?を覚えてしまった。
というか、「可愛い」と言われることに快感を覚え始めたルナ。
そして彼女の中で『ピンク=可愛い』という図式が頭の中にあるらしいのだ。
愛いと言われたいがためにピンクを着る!我が子ながらになんてけなげなことで。。。

もしかしたら明日も今日の洋服を着るーーと騒ぎそうだが、さすがに3日は着せられない。

ピンクに目覚めてしまったルナ。今度はプリンセスになりたいなんて言うんじゃぁないでしょうね・・・・・

 

 


あなたにはまだまだアンパンマンがお似合いよ!

 


最後にピンクを着たルナをどうぞ

 

ハイッ

 

ピンクなるな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然可愛いじゃぁないの!

 

そうそう、ピンクピンクと言っていても、ピンクなのはスカートだけ。お母さんも気を使ってくれたのかなぁ?ヒラヒラ加減もちょうど良い感じで、思った以上に似合っているのだ。それよりもこのロンTが何気に可愛くて、これからこの子がヘビロテしそうな予感が。
それにしても相変わらずピンショットがかわいくないルナ。もっと自然に撮りたいんですけどねぇ・・・・・

 

 

ほら、こんな風に

いろんなルナ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング。ポチリと応援ヨロシクね!

 

《お知らせ》

今月は次女メイちゃんのお誕生月です。

 

メイちゃん誕生を祝い、

勝手な企画ではありますが

メイちゃん1歳バースディカードを

このブログを読んでいる方に

送ろうと考えております。

 

ご希望の方は

左のメールフォームから

ご連絡先の入った

メールをいただければ

おってこちらから

ご連絡いたします。

 

奮って

ご参加ください。

 

注)頂いたご連絡先は当方が責任を持ってお預かりします。
第三者に開示・提供することは決してありませんので
ご安心ください。


Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/188-c6c0a3e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。