上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日、生まれてはじめての梅酒作りにトライした。

数ヶ月前に我が家に梅酒のビン(2リットル)がやってきたことが発端である。
「梅酒のビンがあるのならば作ってみなよ!」
とのパパの提案にあっさりのってしまった。

青梅の販売時期が5月中旬であることを友達に聞いていたので、首を長くして販売時期を待っていた。


そして先週。
待望の青梅が売られていた。
隣には氷砂糖と梅酒のビンも。

迷ったが、どうせ作るならば多めに作ってしまおう、と5リットルのビンもさらに購入。


合わせて7リットルの梅酒作りの始まりである。


準備するもの(5リットルのビンに対しての割合)
梅酒を保存するビン
青梅:1.25キロ
ホワイトリカー:2300ミリリットル
氷砂糖:600グラム




ここでホワイトリカーの説明を。


焼酎

今回使用したモノ

ホワイトリカー(35度)とは、果実酒用の焼酎で、何度も蒸留して作るため、無味無臭に近いのが特徴。


それ自体にコクや風味はないのだが、そのぶん果実の風味が生かされ、美味しく仕上がるらしい。
ホワイトリカー以外のお酒で作りたいのであれば、長期保存にはアルコール35度以上の焼酎・ブランディ・ウイスキー・ウォッカ・ジンなどが望ましい。

要はこの『アルコール度数35度以上』というのがポイント。


25度以下のアルコール度数の低いお酒だとアルコール度数が低くすぎて、梅のエキスが抽出されにくくなり、長期保存や保管方法も難しくなってしまうらしい。


青梅は触ってみて果肉が『堅く』『しっかりとした梅』が良いらしい。



水分取った後

そのような梅は酸味が豊富で、コクがあり、香り豊かな梅酒ができるとある。

一方完熟梅(黄色くなった梅)は、若い青梅より酸味が少ないため、仕上がりも酸味が少なく、甘みがあって口当たりがよい。
酸味が足りない分何か物足りないという感想をもちやすい、とある完熟梅であるが、今回入手した梅はかなりこの完熟梅に近かった。

というか、傷みも激しく、かなりの質の悪さ・・・・・しょうがないといえばしょうがないのだろうか。。。。




氷砂糖

氷砂糖に関しては、特筆すべきこともないね。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


というわけで、作ってみよ~~



まずはビンの殺菌から。

熱湯消毒は絶対にしないようにとの注意書きが。ビンにいきなり熱湯をかけると割れる恐れがあるので。

ぬるま湯でよく洗い、その後使用するホワイトリカーを少量入れ、思いっきり振る
(アルコール消毒ってやつね)

これだけで大丈夫。拭く必要もなし。(どうせあとから注ぐからね)




アルコール消毒

ホワイトリカーを入れ、振り終わった後の様子。


1:青梅を丁寧に洗う。

2:アクを抜くため12時間ほど放置。

アク抜き中
アク抜き中





3:12時間後、水気を丁寧にガーゼで拭く。

拭き拭き中
拭き拭き中




4:拭き取り後、風通しの良い場所に2時間ほど置く。
(ちなみにこの時間は適当。水分がなくなったと思ったらもっと早くてもいいと思う。)


5:爪楊枝でへたを取る。

へた取り
優しくね




6:梅と氷砂糖を交互に敷き詰める。

氷砂糖梅



7:敷き詰め終わったら、ホワイトリカーをそっと注ぐ。

浸かってますよ~


ハイ、出来上がり!




通常3ヶ月程度で飲めるようになるらしい。
1年以上置けば、それこそコクが出て、深みのある梅酒が堪能できるであろう。

フフフ・・・・・楽しみだ。



ここで新たな目標が。

『梅酒の出来る頃にはメイちゃんのおっぱいも卒業!?』


思ったより全然簡単であった梅酒製作。


12時間アク抜きとか、水気を完全に切るために2時間放置とか、時間は思いっきりかかるのだが、実際に手を下すことといえば、あっという間に終わる作業ばかり。


作業中にホンワカにおってくる梅のニオイもいい感じ。。。。


でもね
でもね
すんごく 
かかったの。




お ・ か ・ ね








ビン代15ドル。
青梅30ドル弱
ホワイトリカー65ドル



7リットルの梅酒を作るのに、100ドル以上かかってしまった・・・・




普通に梅酒を買ったとして・・・

750mlの梅酒が13ドルくらいだからぁ・・・・



まぁね、計算すれば多少お安いのかしらね?



だけど実際問題7リットルの梅酒を誰が飲むんだぁ????



って、もちろんワタシ・・・・・・・・か(笑)



すんごく予定外の出費。
しかも前述したが青梅の質なんて全然良くない。
それなのに1パウンド(約450グラム)あたり5ドルもしやがってぇぇぇぇ。。。。



実際作っている間も、この出費のことが頭から離れなくて、心から梅酒つくりを楽しむことが出来なかった、懐の狭いワタシ。



どうしよ~~~、これで失敗してしまったらぁ!!!!!


とりあえず、3ヵ月後の出来上がりにこうご期待☆




完成






もうそろそろ青梅も店頭からなくなってしまうかと。
(ちなみにわたしが買ったマルカイはいい感じでなくなってきてたよ)

日本の事情は良く分からないが、もしも作ってみようかしら?
という人がいれば、頑張ってみて。


けっこうね、おもろいから~




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/169-8e8721ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。