上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日はルナをお教室にドロップ後、用事があったため、Del Amo Fashion Centerに出向いた。




del amo

目的その1。
ルナの友達の誕生日のプレゼントを探しに。
目的その2。
TAEKOさん の情報で、「FOREVER 21」がオープンしたというので早速どんなんだかをチェキってみようと。


まずは誕生日プレゼントを買いに、Science Toyを扱っているお店に。

xump

Science Toyというとどんなのかというと・・・・・


たとえば今回買った「ありんこを飼いましょう系」から、
「昆虫・かえるを育ててみましょう系」
「地球儀」から
「実験」
「自分で飛行機を作ってみましょう」

みたいなものまで、要は【理科】よ【理科】



ant farm gel colony

今回のお誕生日は3歳になる男の子。
男の子のお誕生日には是非これ↑をプレゼントをしてみたかったのだ。
商品名「Ant Farm Gel Colony
この緑色のジェルのなかでありんこを飼うのだ。ちなみに食べ物も水も必要ないらしい。このジェルの中にそれらの成分が全て含まれているそうだ。

別に女の子でもいいじゃないかって?
ハハハ・・・・そうなんだけど、プレゼントにはあげたいのだが、ウチにはちょこっとねぇ。。。。。。

っていうか「ありんこ」あんまり好きじゃぁないし。。。。
メイちゃんも食べちゃうかもだしぃ。。。。。
人にはあげたいが、自分にはいらない!っていう、い<かにもワタシらしい(笑)無責任なプレゼント。


頑張ってありんこ育ててね。
お店を出て初めてなのだが、メイちゃんをストローラーから出してみることに。


ほとんどハイハイをしなくなったメイちゃんなので、ここは少し余分なお肉を燃焼しましょう!というわけで、ウォーキング開始!

はじめはずっと手をつないでいたのだが、慣れてきたら・・・・・・
MAY





こんなんしてストローラーを押してくれちゃったりして。
stroller w MAY




h------i

そんで上なんか見ちゃったりして200メートルくらい歩いて終了。


彼女の200メートルってば、結構な距離なんでは?

抱っこ→ストローラーにもすんなりと乗ってくれた。

相当疲れたんだな、こりゃ。


いろいろなお店を覗き、最後にお目当ての「Forever 21」に。「Forever 21」←その名の通り、「永遠に21歳を。。。。。。」という意味のこのお洋服屋さん。

チェーン店で、どこのモールにも確実に入っているお店だ。
若いのぉ、という印象ももちろんあるが、ここの売りは若さではない。「安さ」である。

とにかく「安い」のだ。



forever XXI


ここのお店は、所狭しと商品が並んでいる、というイメージがある。
あっちゃこっちゃに商品が並んでいるので、一通り見るのにもすんごい気合と集中力が必要。

子供と一緒では、ゼッタイに無理な場所だ。
だが、ここの「Forever 21」は違う。
なんと2階建て。
広~~~~い店内に洋服たちがお上品に陳列されている。

でっかいストローラーでも他のお客に気を使うこともなく、楽チンに見て回れる。


ス・バ・ラ・シ・イではないの。。。。


カラフルなアメリカならではの色が目立つ中、しっかりとモノトーンでまとめられたブースや、ナチュラルカラーでまとめられたブースまで、見ごたえばっちり。
ほんの少しだが、男物まであったのには軽くびっくり!



もう少しきちんと見たかったのだが、メイちゃんのランチの時間もあったので、ササッと買い物を済ませ、退散。

フフフ。。。一度行ったから大体の感じはつかめたし、今度はゆっくりお洋服を探しに行こうっと!




゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜



ランチはWHOLE FOODSで済ませ、ルナピックアップの時間がやってきた。
いつもどおり元気な顔で出てきたルナ。

その後これまたいつもどおり子供がそこら辺を駆け回っている間に私たち親は談笑していると・・・・・

先生がやってきた。
「OOさん」私の名前を呼ぶ先生。
「ハイ?」
「ご主人様とけんかなされましたか?」

ゲゲッッッ ( ̄□ ̄;)ガーン

ハイ」←もうね、この頃は顔から火が出るほど恥ずかしさでいっぱい ヽ(≧Д≦;)ノ

「ルナちゃんがね、言ってたんですよ。」
ルナが先生に言ったことを先生はそのまんま私に言ってくれた。
寸分たがわず合っている。。。。。
けんかの内容は分からないまでも、『どこで』『どのような感じで』というのは全部合っている。

先生が聞いたそうだ
「どっちが悪いの?」
ルナ「どっちも」だって。



「早く仲良くなって下さいね~」と先生に言われ
「ハイ」とワタシ。
このうえなく恥ずかしい o(゚д゚;o≡o;゚д゚)o



でもね、エクスキューズではないのだが、けんかといっても別に言い争いをしたわけではないのだ。
お互い声を荒げてけんかをしたのでは全然なく、ワタシなんかは
「勘弁してよぉ・・・・・・・」そんな感じ。
買い物に向かう車中での出来事だったので、こんな状況で買い物に行っても楽しくないしというので、
「お願いだから一旦家に戻り、あなたは家に居て。ワタシがルナとメイちゃんの3人で買い物に行くからぁ。」
「イヤ!」
みたいな押し問答を車中でしていたのだ。
ワタシなんかは始終「お願いだからぁぁぁぁ・・・・・」みたいなトーンで話していた。


確かにあの時のルナは一生懸命私たちの間に割り込み、
「ママ、パパに帰ってとか言っちゃダメ!ルナがいるから大丈夫でしょ!」みたいなことを延々言っていた。


結局このシコリが消えないまま今日を向かえ、今朝もまだシカト中のワタシは、パパがみんなに
「おはよう」というのも余裕のシカト。
ルナには大声で
「ママ~~~、パパがおはようって言ってるんだから、おはようって言わなきゃダメでしょぉ(*`皿´*)/」
と怒られた。
違う日には「ママ、きちんとパパの目を見てお話しなさい!」と注意されたこともある。



やばいねぇ。。。。3歳児。。。。。
もうルナにはなんでも分かってしまうらしい。
女の子は特にこういうことには敏感らしく、他のお母ちゃんも似た様なことを言っていた。
その代わり男の子は全然分からないらしいけど(笑)


でもワタシは「だからといって子供に隠れてけんかをするってのもどうかなぁ」と思うタイプである。

『いいじゃん、けんかくらい。一緒に長く住んでたら、そりゃぁ誰だって気にくわないことの一つや二つはあるでしょ。言い争いだって、シカトだってしたくなるっつうの!
そんなパパやママの姿もあんたたち、よーーーーく見ておきなさい!』
くらいに思っている。


最近のルナは特に多感なお年頃なので、こういうハッピーではない雰囲気には特に敏感で、私たちには特に昨日も何も言ってはこなかったのだが、おそらく心の中は寂しい気持ちで一杯であったに違いない。
先生に言うことで、すこしは和らいだであろうか?

多少恥ずかしい気分を味わったものの、ルナの表現能力の上達にはびっくりした。あの時の車中の状況を何一つ間違えることなく、先生に伝えられたのだから、これはスゴイことだ。メイちゃんがその間グースカ寝ていたことまで言っていたらしい。
変なことに妙に感動してしまったワタシ。というか、それだけルナにとっては衝撃的な事件だったのか?


まぁ、これからも何回、何十回となく私たちのけんかは行われるであろう。もう少しすれば今度はこのけんかの仲裁にメイちゃんも加わるかも、だし。
頑張ってけんかの仲裁をしておくれ。でもママは気に入らないことがあったらガン!ガン!文句をパパには言っていきますからね!
もうね、言いたいことも言わないで、そんなことを溜めておいて、気づいたらストレスになっていくってのが一番嫌いなパターンですから!



娘の驚くべき成長と反比例して親としてのワタシの未熟さが浮き彫りになった1日であった。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/166-aba6d38e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。