上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.28 数字の特訓




早速こちらから見ていただきたい。


宿題

月曜日の宿題である。


1から6までの数字を書く、というもの。


かなり上手に数字が書けるとは思わない?正直パパより字が上手かも(笑)

枠をはみ出ることもなく、イライラもすることなく(紙がグチャグチャしていないことから、イライラして消しゴムを使った形跡がないことが分かる)、丁寧に数字を書いた跡がうかがえる。


今回のルナの宿題を見て、ワタシもパパも感嘆の声をあげた。

「すごいじゃ~~~ん、ルナ。」

見た瞬間、素直にこのセリフが出たのだ。


思えばルナが数字を取り組むようになって、半年が過ぎようとしている。

もう、何が大変だったかって言えば、とにかく




この「」をうまく書けるまで、かれこれ3ヶ月の月日を要したのだ。



取り組み始めた頃の「3」
3-1
↑ひどすぎる・・・・・( ̄□ ̄;)


こんなんのとか、・・・・・・・
3-2



こんなんのとか・・・・・・
3-3
ギリギリ「」に見える感じ。






もうね、ルナはこの「」で何度泣いたことか。

「書けない~~~~、ママ一緒に書いて~~~~ 。+゚(゚´Д`゚)゚+。」

5回に1回くらいの泣きで、ワタシはルナに手を貸してきたのだが、なかなかうまく書くことが出来なかったのだ。


それが、今ではこんなに上手に書けるようになるとは・・・・・

」がクリアしてからは、スイスイと数字は進んでいった。


4
5
6
7」・・・・


あれっ?「8



はぁ・・・・・・?
8



まだ少し変な感じ。バランスよく書くコツがまだつかめていない様子。
横に流れてしまってたりする。
ただ、「9」「10」はあっという間に書けるようになっていた。


先生に聞いたところ、現在「数字」に関しては100までを勉強していくらしい。

ひらがななどは、来年あたり、4歳を過ぎた頃に始めると言っていた。正直、そんなに数字をやる必要はあるのか?と思わないわけではなかった。
(実に半年以上の歳月をかけ、10までを書く、という勉強をしていたから)


・・・・・・・・・だが、だが、そうではないのだ。

勉強において何が大事かって、「反復」それに尽きると思う。

何回も何回も書く。書いて覚える。

何回も何回も・・・・・・・


これが「物事を習得をする」ということに関しての一番の最短学習方法ではないだろうか。

1から10までの数字を習ったおかげで、数字系のドリルがこなせるようになったルナ。

そして、家中のものを数えるようになってきたルナである。

それとは同時進行で「時計」にも夢中。

3時・12時・6時などの時間は分かるようになり、「O時に出かけるよ~」などと言うと、その名の通り、指折り数えながら、その時間を待っている。


時計は「分」の概念を教えるのが難しいような気がするので、それは先生にお任せするとして、ワタシは簡単な「時」だけを教えるとこでとめておこう。
余計なことを教えてルナが混乱するのはかわいそうなので。


さてと、今日はどんな宿題を持って帰ってくるだろうか?







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/151-b1c085a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。