上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.10 初プール!

昨日日曜日、私が住むエリア、サウスベイエリアでは「ブリッジ夏祭り」が開かれていた。
友達から入場料のただ券をもらっていたので、
「ただで入れるし~」
「飲み物なんかも内緒で持っていって~」
とか、悪いことばっかり考えていたのだが、急遽キャンセル。


友達のアパートのプールに行くことした。
だって~、
「ブリッジ夏祭り」
なんだかんだで毎年行ってるけど、行く度に後悔するんだもん!

なんせあの人の多さときたら、楽しむどころの話ではないのだ。


何をするにも順番待ち。焼きそば買うのに20分。
ジュース買うのに15分・・・・・

こんなことをやっていたら、食事をするまでに何分かかるというのだ!


しかも入場料まで取られるし・・・・(まっ、今年はただで入れる、という特典はあったのだが)


そりゃぁね、アメリカにいながら味わうことの出来る「お祭り」
いいにはいいのだが、今年はまだ3つくらい他の「お祭り」が残っているし、こんなブチブチ文句を言うくらいなら、ばっさり行かない選択肢を取った方が賢明。

miyaが日本から帰ってきたので、miyaのアパートのプールを借りよう!と家族でいそいそと出かけた。。。。

ルナ2年ぶりのプール。
メイ、もちろん生まれて初めてのプール。

ルナは2年前・1歳半の時、同じプールで大変なことになっていた。

ワタシにはプールに叩き落され、もがこうがわめこうがなかなか助けには来てくれず、さんざんな目に遭ったのだ。←いや、虐待とかではなくってですよ。アハハ

さすがにその当時のことは覚えてはおらず、プールに到着し、水着に着替え、浮き輪をするまでは好調であった。

ukiuki
変な顔してますけど・・・・( ̄□ ̄;


もうテンション上がりっぱなしで、逆に「大丈夫か~?」と思っていたくらい。

だが案の定そのハイテンションもあっけなくくじかれることとなる。





初プールにドッキドキ・・・・・・って、あんたのその横から溢れたお肉ってばパパがメイの浮き輪に空気を入れている間、ワタシはルナをプールに入れた。

 

 


・・・・・・・やはり、そうきたか。

 

ビックビクであるヽ(≧Д≦;)ノ。
生まれたての子馬みたいに全身でものすごく震えている (llllll゚Д゚)ヒィィィィ
「浮き輪があるから大丈夫だよ~」
「ママがいるじゃん!」

そんな言葉が彼女の耳に響くはずもなく、ルナは始終ビビリまくっていた。
いや、ビビルなんて言葉は当てはまらない。恐怖におののいていた、と言ったほうがいいかもしれない。

鬼母はそんなルナを助けることなく、娘を崖から突き落としまくっていた。

 

パパの空気入れが終了したので、パパとルナのカップルに。
二人はジャグジーに入っていった。ジャグジーならばプールよりも広くないし、段
差があるので、ルナでも座れる場所があり、怖さも半減するであろうというパパの配慮からだ。

 

そしてワタシとメイがプールに入る。
はじめは恐る恐るのメイ。
だが数分間ワタシがメイの浮き輪を持ちながら、一緒に泳いでいると・・・・・・
もうそこに恐怖の顔は見られなかった。

may


試しにワタシがプールから出て、メイを一人にさせてみても・・・・・・


いたって普通である。



さすがメイ!


may



隣のジャグジーではルナは、というと・・・・

叫び声をあげていた(笑)
lunapapa

「イヤだ~」
「パパ~~助けて~~~~」
恥ずかしいくらいの大絶叫である。


hutari
左:メイ
右:パパとルナ


同じAB型でもこんなに違うとは。サンプリングとしてはとても面白い!

1時間近く入った後、メイの浮き輪をルナにたくし、メイとワタシは休憩。

メイの浮き輪をつけたルナ。いきなり安心感が増したらしい。
さっきまでつけていた浮き輪は腕につける物。これでは泳ごうと腕を動かすと、沈みそうになる感じがするのだ。これではルナでなくても怖が
っていたかもしれない。
きちんとした浮き輪、しかも背もたれまで付いているし(だが制限体重はオーバー気味・・・・・)。
ルナはこの浮き輪によって恐怖を克服したのだ!

 

それからはパパとボールを追いかけたり、一人でも動くことが出来たり。なかなかの進歩である。
実際最初のルナの様子を見、
「あ~ぁ、今年もルナはプールはダメかぁぁぁ」と肩を落としかけていたのだから。


luna


浮き輪で体が見えなくなっている・・・・

 

2時間弱の初プールはお天気も良く、楽しいものであった。

 

どんなにガッツのあるワタシでも、さすがにワタシ一人で子供二人をプールに入れることは不可能。
となると、唯一の日曜休みのパパにこうやって連れて行ってもらうしかないのだ。

そんなに頻繁には行けないかなぁ。。。。

 

パパよ、頑張ってプールに連れて行ってね♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/143-d0dec369
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。