上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いってきま~~~~す (o・ω・o)ノ゛」
と言い残し、タタターーッと教室に走っていったルナ。


い・い・いってらっしゃ~~~い・・・・・

ワタシの声はきちんと届いたであろうか?



今日からルナ、初めての幼稚園(日本の)に通うことになっている。

・・・・・・とは言っても、この1ヶ月間だけなのだが。


この日をルナは本当に、本当に本当に待っていた。
「指折り数えて待つ」というのがこんなにも適切な表現であるかのごとく。
ルナの友達には幼稚園に通っている子がもちろんなのだがいて、ルナは「幼稚園に行っている」という響きがとてもうらやましかったのであろう。

そして毎日お教室までの道中に小学校があり、そこの前を通るたびにルナは「ルナ、学校は~?(いつになったら行けるの?)」と聞いてきた。
「もう少し大きくなったらね~」という返答をワタシはしていたので、「大きくなる」ということにも最近では妙に敏感になっていた。

先週の木曜日から10日間(7月26日から8月6日)までお教室が夏休みに。
「お教室が夏休みに入ったら、幼稚園に行けるんだよ」とルナには伝えていたので、ルナは先週から「あと、何個(←何日の間違い)?」と何十回も聞いてきた。

初めての集団生活、初めての外でのお昼寝・・・・・ルナにとっての初めてづくし。

現在通っているお教室は生徒数5人。
今回の幼稚園は何人なのだろう?おそらく20人くらいはいるのではないだろうか?

5人では味わえない経験をたくさんしてくるであろう。<

昨晩ルナの持ち物全てに名前を書く作業をした。こ
んなに彼女の名前を書いたのも初めてではないだろうか。

ひとつひとつ、いつも以上に丁寧に名前を書きながら、ウルウルしそうになるワタシ。
そして今日の朝、起こす前に自ら起きてきたルナ。

「今日から幼稚園だね」と言った瞬間から、ルナの大興奮はとまらず。
本当なら1時間早く起きているにもかかわらず、本当ならば眠いはずなのに、そんな素振りは微塵も見せず朝っぱらから踊り狂っていた。

行きの車中、約25分間もウキウキ・ワクワクオーラが漂ってきて、イヤ“漂って”なんていう表現では甘い。
もうルナの体の穴という穴から「ワタシ興奮してます!」オーラがビンビン・ビンビンと。

そして冒頭の文に戻るのだ。

ワタシにとってももちろん初めての場所(レジストをしに行った時しかこの場所には立ち寄ったことがなかった)なので、きちんと先生にも挨拶しなきゃな~なんて考えている横を、ルナはスーーーーッと通り抜けていく。

立ち止まらせるヒマもなく勝手に靴を脱ぎ、上履きに履き替え、教室に入っていってしまった。
本当ならば
「今日からお世話になります、OO琉凪です。よろしくおねがいします」
くらいはルナと一緒に言わねば、なのに。

当人がいなくなってしまったので結局先生にもきちんと挨拶が出来ず。

「いってらっしゃい」を言ってからワタシは数分間その場に居た。

時折ルナの声が聞こえる。

「ルナの水着は~~~?」
「パンツも脱ぐの~~~~?」

初めての場所とは思えないほど先生にも場所にも慣れてしまった様子。


数分後、水着に着替えたルナがウッヒョヒョ~~~~イとばかりに飛び回る姿がチラホラ見えた。
その傍らには「ママ~~~」とべそをかき、ママから離れない子供がいたり。

まぁ、大丈夫だとは思っていたのだが、ここまで人見知りも、場所見知りもなく、ワタシから離れてしまうとは・・・・・・。

正直少し驚いた。

もうね、あなたがあまりにもたのもしくてしょうがないよ。
なんだかとてもまぶしく私の目に映ったルナ。

さすがに幼稚園にいる間は頑張っていたが、車に乗り発進させた瞬間ウルウルとなってしまった。

娘の成長をまた垣間見てしまったそれは嬉しくもあると同時にまたワタシから離れてしまったのかなぁと、ほんの少しもの悲しさも生まれる、そんな瞬間なのだ


というわけで、今日の様子を写真に撮る暇などはもちろんなかった。
写真は後日ゆっくり撮ることにしよう。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/133-126c98e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。