上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.19 Seaside Lagoon
金曜日、お教室が終わったあと、3組の友達親子でRedondo Beachにある
Seaside Lagoonに行った。
何気にここに行くのも初めてのこと。
なんせ、今週はうだるほどの暑さで、毎日毎日ジェージェー言う始末。
「今年は言うほど暑くないよね~」なんてついこの前パパと話をしたばかりだったのに・・・・・・
本当ならばお教室あとといえば、時間にして2時以降になる。この時間になると、ビーチは風が吹き荒れ、気持ちよいというよりは寒くていられないほどになってしまう。
だが、今週だけは違うようだ。夕方になってもムンムンするほどなので、2時以降といえどもおそらく風もそんなに吹かず、楽しいのではないか、というわけでこの時間から行くことになった。

さて、Seaside Lagoon の説明をすこしだけ。
Redondo Beach市が運営している“人工海水浴場”であるSeaside Lagoon
一般のビーチと違い、入場料を払って利用するビーチなのだ。

5連発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 















目の前にあった滑り台
おぉぉぉぉっと、
でっかい背中のご婦人が・・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人人人・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 















































近くにある火力発電所からの熱を利用し、ここの海水を温めているため、肌寒い日での海水浴も可能。
しかもこの海水も塩素消毒されているので、バクテリア等の心配もないとある。




姉妹


































海で泳ぐのもいいだろう。(ちなみに人口海水浴場なので波はもちろんナシ!)
そのほかには子供用ジャングルジムも設置されており、ファーストフード店のRuby'sも併設しているので、お腹もこのSeaside Lagoonの中で満たすことが出来る。用意をする必要もないというわけだ。
バレーボールコートもあるし、砂浜を取り囲むように芝生が生えているので、ここでゆっくりすることも出来る。


ブランコ

 

 

 

 

 

 

ブランコもあるのよ~~~ん

 

 

 

 

 

 








この日は予想以上に混雑していた。2時以降でも人人人・・・・・・・
だが運良く芝生、しかもかるーく日陰になっている場所を見つけることが出来たので、ここを私たちの陣地にすることにした。



左と右




















我々が陣地にした場所の左と右の写真。
ちょうど日陰でそれがなにより!





さて、初め「海に行くよ」と言った際のルナ。案の定無言の抵抗をみせた。
顔に「ビビってます」の言葉がくっきり書いてある。
だが、今回は友達も一緒ということで、しかも砂場でだけ遊びなさい、というワタシの言葉にも同調し、途中からウキウキになってくれた。
到着後さっそく水着に着替えさせ、日焼け止めを塗り
「ハイ、行って来な~~~~~」

数分後、何気にルナの姿を目で追ってみると、なんとルナが海に入っているのだ。
そう、ここの海は波が来ない。だから、なんの恐怖を味わうこともないのである。
自ら海に入り、海水をバケツに入れ、砂にまく。
この一連の行動。これが彼女の一番ビーチでしたいことなのだ。



巨大噴水



















自ら海の中に入っていったルナ



公園に行ってもお砂場で水遊びが出来ない。
砂場遊びの醍醐味である水で砂を固めてお城作り~とかが公園では体験が出来ないのだ。
だが、ビーチではそれが可能。
がしかし!普通のビーチでは波があるためルナは一人では海水を汲みにいけない。
ワタシ、もしくはパパがその都度汲みに行かなくてはいけない現状。これは結構しんどい。その面倒なことをしなくても良い、というだけでここのビーチは最高である。



砂場あそび

















水があろうがなかろうが、そんなことを気にするメイではない。
95番(誰!?)と仲良くお砂場遊び・・・・




だが最後にはこの水汲みよりも楽しいこと。
海に入りみんなでバシャバシャと騒ぐ姿を目にすることとなる。

そうだよね・・・・・水汲みもそれなりに楽しいけどさッ。海に入っちゃうのだって楽しいに決まってる。
小さな噴水なんかもあって、ここでルナは遊んでいたようだ。


チビ噴水で



















小さい噴水の前で遊ぶルナ(水が出てないんだけどね)






子供たちもひとまず目に入る場所で遊び始めたのを確認し、Ruby'sで軽食を買う。(おきまりのフレンチフライにバーガー)
閉園までの3時間子供たちは思いっきり遊んだ。
3時間、あっという間であった。



・・・・って、やばっ!メイを海に入れるのをすっかり忘れてしまっていた!!!





メイ



















でも日陰で遊んでいてくれていたので、それもいいかなっと・・・・
今度は海に一緒に行こうね!
、、、、、、、、ってなんじゃぁ、そのポーズは(笑)





パームツリー































閉園直前の浜辺
さきほどまでの喧騒がウソのよう・・・・・・





予約さえすればここでBBQ Partyなども出来るらしい。
実際となりのベンチではお誕生会を催していたらしいし、他のベンチでもなにかのパーティをやっていたようだ。

料金等はウェブサイトを参照あれ。
なんだかいろんなプランがあったから。


ヨットが・・・・































柵で仕切られている様子が分かるだろうか?
(手前が人工海水浴場で、向こうは湾になっている)
その先にはヨットがユラユラと漂っていた









とてもとても楽しい時間を過ごすことが出来たのだが、何気に大事件も勃発していた。
ここの海には真ん中にロープ・ブイが張られており、私たちがいた手前の場所はルナほどの子供でも全く問題のない海水の高さである。
だが、ロープの向こう側には海に向かった小さなウォータースライダーがあり、ここの海面の高さが半端ないほどに深いらしい。
だから間違っても子供が向こう側にいかないように監視を続ける必要があるのだ。
まあ、ルナはまずそういうところには足を踏み入れないだろうと思っていたので、心配はしていなかったが、友達の子供(男の子)が知らない子と遊ぶうちに、その向こう側に足を向けて行ってしまったらしい。
そして気づけばその深い海にザッブ~~~~~ンと。
ブクブク・・・・と沈む姿を遠目で見ていたワタシの友達(その子の親)は猛ダッシュ。
勢いよく飛び込んだものの、彼女の身長でも足が届かなかったらしい。(・・・・・ってどんだけ深いんだよ)
なんとか息子は掴み、海の外にもっていったものの、[ヤバイ。これでは自分が沈む。。。。。]という時になってようやくライフガードが助けてくれたというのだ。
(全て伝聞形式で書いているのは、このときワタシともう一人の友達はRuby'sで買い物中だったため、まったくその現場には遭遇していなっかたのだ)
買い物戻ってみると、そこにはずぶ濡れになって震えている友達がいた。
そして事情を聞いたというわけである。
こわ~~~~~~~。

もちろん結果的に何事もなかったから良かったものの、何かがあれば、一大事どころのハナシではなかった。
ギリギリ間に合ったから良かったものの、もう少しライフガードもしっかりしてくれよ・・・・・・・。
救助が遅すぎるだろうがぁと彼女は嘆いていた。
ロープ・ブイの手前だけで遊ぶぶんには目も届く範囲であるが、その向こうまでとなると難しい。というか、ムリ。
子供にはきちんと行かないように教えておく必要があるだろう。
もしくはライフジャケットをきちんと着用するのも大事かもしれない。
ルナだって、もしものことがないとは決して言い切れないのだから、今回の友達の一件でライフジャケットの購入を真剣に考えた。



噴水



































最近なにげに初めて行く場所、することが異常に多いのだが、ルナの年齢である3歳8ヶ月というのは何事も普通に出来る年齢である、ということの証明になるのだとふと思った。
どこに連れて行っても、それなりに楽しむことが出来る。

遊園地にしたって、去年まで乗れなかった乗り物が今年になってからは乗れるようになったり、海水浴だって去年ではまだまだ一人で海に走っていく、ということは出来なかったであろう。

トイレの心配もまったくないし、自分のその時の気持ち・感情・行動などもきちんと説明できるようになったので、こっちとしても分かりやすく行動が出来るようになった。





浜辺のかもめ
































3歳すぎると、というよりは3歳半すぎると一気に何事も“楽”になるということだ。
“楽”というのはイコール“楽しい”ということでもあるので、どこかに出かけるのもワタシも一緒に楽しめる。

パパが休みの日曜日はやはりどこに行っても混雑するというのがあるため、なかなかアミューズメント系の場所に出かけることはない。
少し前だと、そういう場所に行ったとしても、
「ワタシ一人にルナとメイを見てなくちゃいけないんでしょ~?」という不安がないわけではなかったのだが、最近ではルナがある程度ならばお手伝いもしてくれるし、だいぶメイの面倒も見てくれるようになった。

そこまでワタシ自身が負担に感じずにいられるようになったので、これからはジャンジャカ外に出てみようかと思っている。

9月に入れば新学期が始まり、平日ならば比較的どこでもすいている。
行きたいところは何気にたくさんあるので、このモチベーションのまま夏を終わらせたいのだが・・・・・・・・・

お帰りでーす












































帰るよ~~~~





と思っていた矢先に、ちょこっと問題!?がおきたんだよねぇぇぇ





最後にSeaside Lagoon情報を


Redondo Beach, CA 90277
310) 318-0681
今年は9月7日までは毎日営業。
8日、9日(土日)は営業。
営業時間   10:00am~5:45pm
料金    Adults (over 17) $4.50
       Children (2-17) $3.25
       Under 2 Free
駐車場代 Per car $4.25 (With validation from Seaside Lagoon)
      (チケット売り場で駐車チケットを見せればValidationのスタンプを押してもらえる)
そのほか、グループ代・シーズンパス等についてはウェブサイトにて。






かもめ































天気がよかったら来週も行こうかな?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/117-6c6a961b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。