上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMG_2923[1]



「ハンドパワー」なんて書いちゃうと、あのマジシャンを思い出しちゃうと思うけど…


あるんだよ、「手」にはある特殊な「力」が。
確かにね。



「手当て」という言葉があるでしょ?
子供が「お腹痛い~~~」なんて時、世のおっかさんは子供のお腹に“手を当てる”でしょ。
けっしてそれだけでお腹の痛みが治るわけでもないのだけれど、おっかさんの手のぬくもりがお腹に伝わってくるあのなんともいえぬ安堵感。
お腹だけではなく頭が痛い時も、けがをした時の「イタイイタイの~~、飛んで行け――――」だって。
手を当てるでしょ。


本来の語源はまったく違うところにあるらしいのだが、わたしはそれがまさに「手」の持つ特殊な「力」なんだと思うんだよね。


月に一度訪れる敬老シニアセンターでのハンドマッサージのボランティア。
おじいちゃん、おばあちゃんに手のマッサージをしてあげている。

わたしより半世紀以上生きていらっしゃるおじいちゃん、おばあちゃんの手。
とってもしわくちゃで、冷たくて、小っちゃい。

わたしより半世紀以上生きてきているおじいちゃん、おばあちゃんの歴史がその手にギュッと濃縮されている気がする。



IMG_2890[1]



あんなに冷たかった手が10分ちょっとのマッサージで、確かに温かくなっていることを実感してくれる。

嬉しそうに
「It's getting warm!!!!」
と言ってくれる時、おじいちゃん、おばあちゃん以上に嬉しい自分がいる。


わたしはこの月イチマッサージボランティアで、おじいちゃん、おばあちゃんに「力」「パワー」を与えてあげたいと思っている。

でもね、与えてあげるだけでは決してなくて、
わたしはその何十倍もおじいちゃん、おばあちゃんから「力」をもらっている。

生き抜くという名の「力」をもらっている。
優しさという名の「力」をもらっている。
忍耐という名の「力」をもらっている。
愛するという名の「力」をもらっている。

ありがとうと言いたいのは毎度のことこちらなんです。

「力」をくれて、ありがとうなんです。



「来月もまたよろしくお願いしますね~~」
と、元気いっぱいに言うと、おじいちゃん、おばあちゃんも満面の笑みをわたしに向けてくれる。



「ハンドパワー」って書いちゃうと、ちょっとだけ嘘くさくなっちゃうけれど。


わたしは確かにあると思います。
「手」の持つ特殊な「力」を。




IMG_2919[1]





**本当は一番ハンドマッサージをしてあげたい人は、遠く日本にいる茨城のじいちゃん。
じいちゃん、癌を患い、余命宣告もされております。

本当は今すぐにでも飛んで行ってあげたいけれど…

じいちゃんの手をずっと、ずーーーーっと触っていてあげたいです。

痩せ細ってしまったらしいじいちゃんの手に「力」を与えたいです。
それこそ、生きる「力」を与えてあげたいです。


その願いはすぐに叶えられそうにもないので、今わたしは、目の前にいる人たちに自分が出来得る「力」を与えていってあげたいと思います。


シニアセンターのおじいちゃん、おばあちゃんしかり。
ムスメ3人しかり。
パパもしかり。
友達しかり。



「力」を与え過ぎた時は、きちんと休息することもお忘れなく・・・・・・





ブログランキング。ポチリとね★
br_decobanner_20110616131434.gif



子育てスタイルに参加中♪




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/1050-282266ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。